ゴールドカードの特典

【ビューゴールドプラスカードの特典と口コミ】ビューカードのゴールドカードを持つメリットを解説

ビューゴールドプラスカードの特典が知りたい!

ビューゴールドプラスカードの口コミは良好?

ビューゴールドプラスカードに関心がある方なら、ビューゴールドプラスカードの特典や口コミなどが気になりますよね。

ここでは、ビューゴールドプラスカードの特典や口コミを中心に、ビューゴールドプラスカードのスペックを様々な視点からお伝えしていきたいと思います。

あらかじめ当記事の内容をご覧いただければ、ビューゴールドプラスカードを入手した際に、ビューゴールドプラスカードの魅力を最大限に引き出すことができますよ。

気になる箇所をタップ
  1. ビューゴールドプラスカードの特徴・基本情報
    1. ビューゴールドプラスカードの利用限度額
    2. ビューゴールドプラスカードの申込対象者
    3. ビューゴールドプラスカードのポイント仕様
  2. ビューゴールドプラスカードに付帯している特典
    1. Suicaチャージ利用で1.5%還元
    2. JREポイント加盟店で1.5%還元
    3. えきねっとJR券予約(予約時決済)で最大10%還元
    4. 入会特典および利用特典で毎年5,000ポイントがもらえる
    5. 年間利用額に応じてビューゴールドボーナスが付与される
    6. 東京駅構内のビューゴールドラウンジを利用できる
    7. 国内の主要空港ラウンジを利用できる
    8. 最大5,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯
    9. 最大300万円のショッピングプロテクションが付帯
  3. ビューゴールドプラスカードの口コミ
    1. 良い口コミ|ビューゴールドプラスカードで利用可能なビューゴールドラウンジは快適
    2. 良い口コミ2|ビューゴールドプラスカードは年会費以上の価値がある
  4. ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの違いを比較
    1. ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの還元率
    2. ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの年会費
    3. ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの国際ブランド
    4. ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの特典
    5. ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの補償内容
    6. ビューゴールドプラスカードがおすすめな人
    7. 「ビュー・スイカ」カードがおすすめな人
  5. ビューゴールドプラスカードの気になるデメリット
    1. 年会費が高額
    2. 海外旅行傷害保険の補償額がやや心許ない
  6. ビューゴールドプラスカードの審査難易度や審査時間
    1. ビューゴールドプラスカードの発行/審査会社はビューカード
    2. ビュー・スイカカードは最短1週間で入手できる
  7. ビューゴールドプラスカードの充実した特典や還元率を満喫しよう!

ビューゴールドプラスカードの特徴・基本情報

ビューゴールドプラスカード
基本還元率 一般加盟店:0.5%
Suicaチャージ:1.5%
えきねっとJR券予約(予約時決済):最大10%
年会費 11,000円(税込)
国際ブランド JCB
ETCカード 無料
家族カード 1枚目:無料
2枚目以降:3,300円(税込)

ビューゴールドプラスカードはJR東日本が提供するビューカード初のゴールドランクの一枚です。

年会費は11,000円(税込)とビューカードの中では高めですが、Suicaチャージに対しての1.5%還元に加え、えきねっとJR券予約(予約時決済)で最大10%還元などゴールドカードならではの特典が目立ちます。

事前にビューゴールドプラスカードの特徴と活用法を理解しておけば、年会費以上の価値を生み出すことができるでしょう。

ビューゴールドプラスカードの利用限度額

ビューゴールドプラスカードの利用限度額は次の通りです。

  • 80万円〜200万円

さすがはゴールドカードといったところでしょうか。最大200万円の利用限度額があれば、ありとあらゆるショッピングがカード一枚で完結しそうですね。

もちろん、入会時点で満足のいく利用限度額が与えられるとは限りません。

クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて決定されますから、より潤沢な利用限度額を求めるのであれば、様々なシーンでビューゴールドプラスカードを積極的に愛用しましょう。

カード会社からの全幅の信頼を獲得できる頃には、ビューゴールドプラスカードの利用限度額が上方修正されますよ。

参考» クレジットカードの限度額を引き上げる場合は審査が必要!発行後何ヶ月後に増枠申請が可能?

ビューゴールドプラスカードの申込対象者

本会員 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満20歳以上の安定した収入のある方。
家族会員 本人会員と生計をともにしている同姓の配偶者・ご両親・お子さま(高校生を除く18歳以上の方)

ご覧の通り、ビューゴールドプラスカードは安定した収入を得ている成人の方が申込対象です。

求められる年収の額面については公式情報がありません。

したがってここではあくまでも目安の額をお伝えしますが、ビューゴールドプラスカードがゴールドランクの一枚であることを踏まえると、300万円程度の年収は得ておきたいですね。

ビューゴールドプラスカードのポイント仕様

ビューゴールドプラスカードの利用で獲得できるポイントの仕様は次の通りです。

  • 一般加盟店:1,000円の利用に対して5ポイントのJRE POINT
  • Suicaチャージ:1,000円の利用に対して15ポイントのJRE POINT
  • えきねっとJR券予約(予約時決済):1,000円の利用に対して100ポイントの JRE POINT
    ※JRE POINTの価値は1ポイント1円相当

また、ビューゴールドプラスカードの利用で貯まったJRE POINTには、以下のような交換先があります。

交換先 交換に必要なJRE POINT 交換後
ベルメゾンお買い物券 4,200ポイント 5,000円分
JRE POINTチャージ 1ポイント 1円分
Suicaグリーン券 400ポイント 1枚
ハーゲンダッツギフト券(2個分) 850ポイント 2個分
リラクゼ利用券 1,950ポイント 2,000円分
ジェクサー1日利用券 3,000ポイント 1日分
ビューカードラウンジ利用券 2,500ポイント 1枚
ホテルニューグランド利用券 2,550ポイント 3,000円分
駅レンタカー3,000円利用券 2,550ポイント 3,000円分
東京ステーションホテル利用券 4,700ポイント 5,000円分
お取り寄せグルメカード 5,000ポイント 5,250円分
吉野家ギフトカード 5,500ポイント 5,000円分

上記の他、ペンギングッズや鉄道グッズなど、実に様々な商品が用意されています。
より詳しく知りたい方は、『ビューカードの公式ホームページ』を覗いてみてください。

ビューゴールドプラスカードに付帯している特典

ビューゴールドプラスカードに付帯している特典ビューゴールドプラスカードには独自特典が豊富!

さて、いよいよここでは、ビューゴールドプラスカードに付帯している特典について見ていきたいと思います。

  • Suicaチャージの利用で1.5%還元
  • JREポイント加盟店で1.5%還元
  • えきねっとJR券予約(予約時決済)で最大10%還元
  • 入会特典および利用特典で毎年5,000ポイントがもらえる
  • 年間利用額に応じてビューゴールドボーナスが付与される
  • 東京駅構内のビューゴールドラウンジを利用できる
  • 国内の主要空港ラウンジを利用できる
  • 最大5,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯
  • 最大300万円のショッピングプロテクションが付帯

一般カードのビューカードと比較し、ビューゴールドプラスカードは獲得できるボーナスポイントが非常に充実しています。

ぜひビューゴールドプラスカードの特典内容をしっかりと把握していただき、じゃんじゃんポイントを稼いでくださいね。

Suicaチャージ利用で1.5%還元

モバイルSuicaビューゴールドプラスカードの基本還元率は0.5%ですが、Suicaチャージ/定期券購入に対しては1.5%のポイント還元を享受できます。

  • 基本還元率:0.5%
  • Suicaチャージ:1.5%

通学や通勤で定期券を利用している方にとって、1.5%のポイント還元は無視できません。

毎回の定期券購入時にビューゴールドプラスカードで決済すれば、ザクザクとポイントが貯まっていくでしょう。

JREポイント加盟店で1.5%還元

ビューゴールドプラスカードにはポイントカードの機能が付帯しています。

つまり、JREポイント加盟店でビューゴールドプラスカードを利用すれば、カード決済分のポイント(0.5%)に加え、ポイントカード提示分のポイント(1%)も加算されるのです。

JREポイント加盟店還元率
  • カード決済分のポイントとして0.5%
  • カード提示分のポイントとして1%
    合計:1.5%還元

ちなみに主なJREポイント加盟店は次の通りです。

  • アトレ
  • アトレヴィ
  • プレイアトレ
  • グランデュオ
  • テルミナ
  • シャポー
  • シャポーロコ
  • ビーンズ
  • ラスカ
  • ペリエ

上記の店舗を利用する際には、ビューゴールドプラスカードで決済しないと確実に損ですよ。

えきねっとJR券予約(予約時決済)で最大10%還元

ビューゴールドプラスカードの基本還元率は0.5%ですが、切符の購入に対しては以下の通り、最大10%のポイント還元を享受できます。

  • 基本還元率:0.5%
  • えきねっとJR券予約(予約時決済):10%
  • モバイルSuicaでグリーン券購入:10%
  • モバイルSuicaで定期券購入:6%

え?10%も還元されるの?

と前のめりになった方もいるのではないでしょうか。

JRを日常的に利用している方にとって、ビューゴールドプラスカードは必須の一枚と言っても過言ではありませんね。

入会特典および利用特典で毎年5,000ポイントがもらえる

ビューゴールドプラスカードの会員は、カード入会時に加え、毎年の更新時に5,000ポイントのボーナスポイントを獲得できます。

  • ビューゴールドプラスカード入会時:無条件で5,000ポイント
  • ビューゴールドプラスカード更新時:年間100万円以上のカード利用達成で5,000ポイント

ビューゴールドプラスカードの基本還元率(0.5%)で5,000ポイントを貯めようと思うと、100万円のカード決済が求められる計算です。

初年度については、入会するだけで潤沢なボーナスポイントがもらえるのは実にお得感がありますね。

年間利用額に応じてビューゴールドボーナスが付与される

ビューゴールドプラスカードの会員は、年間利用額に応じて以下のビューゴールドボーナスが付与されます。

年間利用額 ビューゴールドボーナス
70万円 1,500ポイント
100万円 3,500ポイント
150万円 6,500ポイント
200万円 10,500ポイント

こうしたボーナスが用意されていると、積極的にビューゴールドプラスカードを利用したくなりますよね。

ぜひビューゴールドプラスカードを入手した後は、上記の年間利用額のボーダーラインを念頭に置きつつ、カード利用を進めてください。

東京駅構内のビューゴールドラウンジを利用できる

ビューゴルドラウンジ東京駅のラウンジが使えるのは魅力的!

ビューゴールドプラスカードの会員は、当日東京駅発の新幹線グリーン車・特急列車グリーン車(プレミアムグリーン車を含む)を利用する場合、東京駅構内のビューゴールドラウンジを利用できます。

ビューゴールドラウンジは、数あるビューカードの中でも、当記事で紹介しているビューゴールドプラスカードとJALカードSuica CLUB-Aゴールドカードにのみ付随する特典です。

以下、ビューゴールドラウンジで享受可能なサービスも合わせてご覧ください。

  • ソフトドリンク
  • お菓子
  • 新聞/雑誌
  • 無線LAN
  • クローク

乗車前の待ち時間の価値を最大化したい方はぜひ、本サービスを活用してみてくださいね。

国内の主要空港ラウンジを利用できる

空港ラウンジ比叡日本の空港ラウンジが全国利用可能!

ビューゴールドプラスカードの会員は、国内の主要空港ラウンジを自由に利用できます。

対象の空港ラウンジを見てみましょう。

  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 富士山静岡空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 大阪国際空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山桃太郎空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 出雲空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 徳島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 佐賀空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 宮崎ブーゲンビリア空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港

現在の社会情勢下では、なかなか気軽に旅に出る機会も少ないかもしれませんが、状況が落ち着いたら、本特典をフル活用したいですね。

最大5,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯

ビューゴールドプラスカードには、以下の内容の旅行傷害保険が付帯します。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
保険の内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円
国内旅行傷害保険(自動付帯)
保険の内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
入院費用 5,000円/日
手術費用 50,000円
通院費用 3,000円/日

国内外ともに、自動で保険が付帯するのは嬉しいですね。

注意点としては、海外旅行傷害保険で最も利用頻度の高い傷害治療費用や疾病治療費用の額面がそこまで充実していないことです。

より安心感を備えておきたい方は、エポスカードや横浜インビテーションカードなどの年会費無料のクレジットカードを備えておくのがおすすめですよ。

最大300万円のショッピングプロテクションが付帯

ビューゴールドプラスカードには、以下の内容のショッピングプロテクションが付帯します。

補償額 300万円
対象期間 購入日より90日間
対象の支払い方法 オンラインショッピングを除く全ての支払い
自己負担額 5,000円/件

上記の通り、ビューゴールドプラスカードのショッピングプロテクションは非常に充実していますが、オンラインショッピングは対象外であることに注意が必要です。

リアル店舗で大切にしておきたい商品を購入する際には、ビューゴールドプラスカードで決済しておくと安心ですね。

ビューゴールドプラスカードの口コミ

ビューゴールドプラスカードの口コミ良い口コミは多い!

飲食店を決める際に食べログに目がいくように、クレジットカードの選定においても、事前にユーザーの口コミはチェックしておきたいですよね。

そこでここでは、ビューゴールドプラスカードの口コミを考察していきたいと思います。

公式ホームページでは語られることのないユーザーの生の声をご覧いただき、さらにビューゴールドプラスカードへの理解を深めてください。

良い口コミ|ビューゴールドプラスカードで利用可能なビューゴールドラウンジは快適

まずはビューゴールドプラスカードで利用可能なビューゴールドラウンジに関する口コミです。

空港ラウンジよりもレアなビューゴールドラウンジを利用できるとなると、少し自慢したくなりそうですね。

ひとたびワンランク上の空間でドリンクとお菓子を堪能すれば、ビューゴールドラウンジの魅力にハマってしまうかもしれませんよ。

良い口コミ2|ビューゴールドプラスカードは年会費以上の価値がある

ビューゴールドプラスカードの年会費は11,000円(税込)となかなかの額です。

ただし以下の通り、年会費の元は十分に取れるとの声が目立ちますよ。

定期券の利用や新幹線出張があるなら、ビューゴールドプラスカードのうまみは存分に享受できそうですね。

年間どれくらいのカード利用を見込めるかを算出すれば、ビューゴールドプラスカードを持つべきかどうかの判断もしやすくなるでしょう。

ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの違いを比較

ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの違いを比較年会費以上の価値を感じるかどうかが基準に!

当記事ではビューゴールドプラスカードにスポットを当てて解説を進めていますが、ここでは以下の項目に沿って、下位カードの「ビュー・スイカ」カードとの違いを見ていきたいと思います。

  • ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの還元率
  • ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの年会費
  • ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの国際ブランド
  • ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの特典
  • ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの補償内容

本項の内容をご覧になって、ますますビューゴールドプラスカードが欲しくなるか、はたまた「ビュー・スイカ」カードに価値を見出すことになるか。

いずれにせよ、あなたのニーズにマッチした一枚を選定しやすくなることは間違いありません。

それでは早速、それぞれのクレジットカードの比較検討を進めていきましょう。

ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの還元率

ビューゴールドプラスカード ビュー・スイカ」カード
還元率 一般加盟店:0.5%
Suicaチャージ:1.5%
えきねっとJR券予約(予約時決済):最大10%
一般加盟店:0.5%
Suicaチャージ:1.5%
えきねっとJR券予約(予約時決済):最大5%

ご覧の通り、えきねっとJR券予約(予約時決済)における還元率に倍の開きがあります。

頻繁にJRを利用する方なら、一般カードの「ビュー・スイカ」カードより、ワンランク上のビューゴールドプラスカードを選ぶことによるメリットは大きいと言えるでしょう。

ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの年会費

ビューゴールドプラスカード ビュー・スイカ」カード
年会費 11,000円(税込) 524円(税込)
ETCカード 無料 524円(税込)
家族カード 1枚目:無料
2枚目以降:3,300円(税込)
524円(税込)

こうして比較するとやはり、ビューゴールドプラスカードの年会費は高額です。

ただし、ビューゴールドプラスカードには一般カードでは決して得られない特典や補償が付帯するため、活用法さえ把握しておけば、ビューゴールドプラスカードを選んで損をすることはないでしょう。

また、ETCカードや家族カードの年会費が無料になるのも、ビューゴールドプラスカードのアドバンテージと言えますね。

ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの国際ブランド

ビューゴールドプラスカード ビュー・スイカ」カード
国際ブランド JCB VISA/MasterCard/JCB

ビューゴールドプラスカードは国際ブランドの選択肢がJCB以外にありませんが、「ビュー・スイカ」カードならVISAやMasterCardも選択可能です。

国内ならJCBでほぼ決済に困ることはありませんが、一部のオンラインショップや海外の加盟店においては、JCBが使えないケースもあります。

まだVISAやMasterCardを一枚も持っていない方は、「ビュー・スイカ」カードも検討してみると良いでしょう。

ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの特典

ビューゴールドプラスカード ビュー・スイカ」カード
特典 ・Suicaチャージの利用で1.5%還元
・JREポイント加盟店で1.5%還元
・えきねっとJR券予約(予約時決済)で最大10%還元
・入会特典および利用特典で毎年5,000ポイントがもらえる
・年間利用額に応じてビューゴールドボーナスが付与される
・東京駅構内のビューゴールドラウンジを利用できる
・国内の主要空港ラウンジを利用できる
・Suicaチャージの利用で1.5%還元
・JREポイント加盟店で1.5%還元
・えきねっとJR券予約(予約時決済)で最大5%還元

このように特典を並べてみると、やはりビューゴールドプラスカードはゴージャスです。

特に年間利用額が多い方や、空港ラウンジの利用頻度が高い方にとって、ビューゴールドプラスカードは間違いのないチョイスと言えるでしょう。

ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの補償内容

ビューゴールドプラスカード ビュー・スイカ」カード
補償内容 ・最大5,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯
・最大300万円のショッピングプロテクションが付帯
・最大1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

上記の通り、ビューゴールドプラスカードと「ビュー・スイカ」カードの補償内容の差は歴然です。

ただし、海外旅行傷害保険で最も利用頻度の高い傷害治療費用や疾病治療費用の補償額はビューゴールドプラスカードを含め、充実しているとは言えません。

海外に足を伸ばす機会が多い方は、万が一の時のために、エポスカードや横浜インビテーションカードなどで安心感をプラスしておくと良いでしょう。

ビューゴールドプラスカードがおすすめな人

ビューゴールドプラスカードここまでの比較検討を踏まえ、ビューゴールドプラスカードがおすすめな人は次の通りです。

  • えきねっとJR券予約(予約時決済)で10%還元を享受したい人
  • クレジットカードの年間利用額が高い人
  • ビューゴールドラウンジや空港ラウンジを利用したい人

やはりえきねっとJR券予約(予約時決済)の10%還元は大きいですね。一般カードでは決して得られないビューゴールドプラスカードならではの特典です。

また、クレジットカードの年間利用額が高い人や、ビューゴールドラウンジや空港ラウンジが気になっている方にも、ビューゴールドプラスカードはおすすめの一枚ですよ。

「ビュー・スイカ」カードがおすすめな人

ビュー・スイカカードここまでの比較検討を踏まえ、「ビュー・スイカ」カードがおすすめな人は次の通りです。

  • 年会費を極力おさえたい方
  • クレジットカードの年間利用額がそこまで高くない方
  • ビューゴールドラウンジや空港ラウンジを利用する機会がない方

とにかくランニングコストをかけたくないなら「ビュー・スイカ」カードで決まりです。

また、クレジットカードの年間利用額がそこまで高くない方や、ビューゴールドラウンジや空港ラウンジを利用する機会がない方も、「ビュー・スイカ」カードを選ぶべきと言えるでしょう。

ビューゴールドプラスカードの気になるデメリット

ビューゴールドプラスカードの気になるデメリット人に長所と短所があるように、クレジットカードにもメリットとデメリットがあります。

ビューゴールドプラスカードを発行する前に、ビューゴールドプラスカードの弱点も理解しておきたいですね。

というわけでここでは、ビューゴールドプラスカードの気になるデメリットについて触れておきたいと思います。

  • 年会費が高額
  • 海外旅行傷害保険の補償額がやや心許ない

上記2点のデメリットが気にならないようなら、迷わずビューゴールドプラスカードにエントリーしましょう。

少しでも引っかかる場合は、以下の内容を精読していただき、弱点を補填しておいてください。

年会費が高額

当記事ですでに何度かお伝えしていますが、ビューゴールドプラスカードの年会費は11,000円(税込)と高額です。

下位カードの「ビュー・スイカ」カードの年会費と比較すれば、ビューゴールドプラスカードの年会費の額面によりインパクトを感じますね。

  • ビューゴールドプラスカードの年会費:11,000円(税込)
  • ビュー・スイカ」カードの年会費:524円(税込)

ただし、ビューゴールドプラスカードの特典や補償内容を踏まえると、年会費以上の価値があることが分かります。

ゴールドの特典/補償内容
  • Suicaチャージの利用で1.5%還元
  • JREポイント加盟店で1.5%還元
  • えきねっとJR券予約(予約時決済)で最大10%還元
  • 入会特典および利用特典で毎年5,000ポイントがもらえる
  • 年間利用額に応じてビューゴールドボーナスが付与される
  • 東京駅構内のビューゴールドラウンジを利用できる
  • 国内の主要空港ラウンジを利用できる
  • 最大5,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯
  • 最大300万円のショッピングプロテクションが付帯

高額な年会費のクレジットカードを保有した経験のない方は迷うかと思いますが、上記の特典や補償の価値をじっくり吟味してみてください。

海外旅行傷害保険の補償額がやや心許ない

ビューゴールドプラスカードには最大5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しますが、最も利用頻度の高い傷害治療費用や疾病治療費用は100万円までと少々心許ないです。

ビューゴールドプラスカードの海外旅行傷害保険(自動付帯)
保険の内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円

海外の医療費事情に詳しい方ならご存知の通り、たった1週間、海外の病院でお世話になっただけでも、サラリーマンの平均的な年収が一瞬にして消えてしまいます。

万が一の事故に見舞われた際、十分な補償額を享受できないと泣くに泣けないというわけですね。

以上を踏まえると、エポスカードや横浜インビテーションカードなどの年会費無料で発行可能なクレジットカードを合わせて発行しておくとより安心です。

海外旅行や海外出張の機会がある方はぜひ検討してみてください。

ビューゴールドプラスカードの審査難易度や審査時間

ビューゴールドプラスカードの審査難易度や審査時間交通系のクレジットカードは審査が若干厳し目かも!?

ビューゴールドプラスカードの審査難易度が知りたい!

ビューゴールドプラスカードはどれくらいで発行できる?

このような疑問をお持ちのあなたに向けて、ここではビューゴールドプラスカードの審査難易度や審査時間について解説したいと思います。

  • ビューゴールドプラスカードの発行/審査会社はビューカード
  • ビューゴールドプラスカードは最短1週間で入手できる

結論だけを先出ししておくと、ビューゴールドプラスカードの審査はそこまで厳しくない上、最短1週間で発行できます。スムーズにカード発行に至るのは嬉しいですね。

それでは早速、それぞれの項目について見ていきましょう。

ビューゴールドプラスカードの発行/審査会社はビューカード

クレジットカードの審査難易度を考える上で、カードの発行元や審査会社は大きなヒントとなります。

ビューゴールドプラスカードの発行/審査会社は国際ブランドにかかわらず、いずれもビューカードです。

さて、ここでクレジットカードの系統と審査難易度について補足させてください。クレジットカードには以下のような分類があり、系統ごとに審査難易度が異なります。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

上記のうち、外資系や銀行系は審査が厳格に実施されます。一方で、信販系や流通系、消費者金融系などはそこまで審査は厳しくないのが特徴です。

ちなみにビューカードが発行するビューゴールドプラスカードは流通系。つまり、クレジットカードの系統からみると、ビューゴールドプラスカードの審査は厳しくないというわけですね。

ビュー・スイカカードは最短1週間で入手できる

世の中には数多くのクレジットカードが存在し、中にはカード発行までに3〜4週間を要するものもあります。

そんな中、ビューゴールドプラスカードは引き落とし口座の設定までをオンラインで完結すれば、最短1週間で発行できます。

申込み時に準備する書類は次の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証/パスポート/健康保険証など)
  • 口座情報(キャッシュカード/通帳など)

もちろん、申請内容や必要書類に不備があると、審査がスムーズに進まない可能性が生じます。申込みの際は十分に注意してください。

参考» ビューゴールドプラスカードの審査の難易度や基準について解説|通過する為のチェックポイント

ビューゴールドプラスカードの充実した特典や還元率を満喫しよう!

ビューゴールドプラスカードここまでの内容をご覧いただいた方なら、ビューゴールドプラスカードのスペックに加え、下位カードの「ビュー・スイカ」カードへの理解も深まったのではないでしょうか。

最後に振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

  • ビューゴールドプラスカードは20歳以上の安定した収入のある方が発行できる
  • ビューゴールドプラスカードならえきねっとJR券予約(予約時決済)で最大10%還元
  • ビューゴールドプラスカードの利用でボーナスポイントがザクザク貯まる
  • ビューゴールドプラスカードの会員はビューゴールドラウンジや主要な空港ラウンジが利用可能
  • ビューゴールドプラスカードの口コミは良好
  • 下位カードの「ビュー・スイカ」カードは年会費をおさえたい方におすすめ
  • ビューゴールドプラスカードは年会費が11,000円(税込)と高額
  • ビューゴールドプラスカードの海外旅行傷害保険は補償額がやや心許ない
  • ビューゴールドプラスカードの発行/審査会社はビューカード
  • ビューゴールドプラスカードの審査はそこまで厳しいわけではない
  • ビューゴールドプラスカードは最短1週間で入手できる

ビューゴールドプラスカードの目玉は、えきねっとJR券予約(予約時決済)による10%還元や年間利用額に応じて付与されるボーナスポイントです。

ぜひこちらで記載した内容を参考にしていただき、ビューゴールドプラスカードをスマートに使いこなしてくださいね。

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレコミ】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪