【ソラチカゴールドカードの特典と口コミ】よりポイント・マイルが貯まるようになったゴールドカード!

ソラチカゴールドカード

国際ブランド

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • DINERS
  • AMEX
  • 銀嶺
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚
カードの基本情報
年会費 初年度 翌年以降
15,400円 15,400円
還元率 一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
メトロポイントPlus加盟店:1.5%〜2.5%
東京メトロ乗車:20ポイント〜40ポイント
貯まるポイント Oki Dokiポイント
1ポイントの価値 5円
ゴールドカードの特典

ソラチカゴールドカードってどんなカード?

ソラチカゴールドカードの特典や口コミが知りたい!

そんなあなたにご覧いただきたいのが当記事の内容です。

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD、いわゆるソラチカゴールドカード(以下ソラチカゴールドカード)はANAマイルをじゃんじゃん貯めることができる一枚で、ゴールドカードならではの特典として、空港ラウンジサービスや充実の旅行傷害保険なども付帯します。

様々なシーンでANAマイルをがっぽり貯めたい方や、ワンランク上のゴールドカードを持ちたい方にとって、ソラチカゴールドカードは実に相性の良いカードと言えるでしょう。

ここでは、ソラチカゴールドカードについて、基本情報や特典、口コミ、デメリット、審査難易度など様々な角度から解説を進めていきたいと思います。

少しでもソラチカゴールドカードが気になっている方はぜひ、以下の内容を参考にしてみてください。

ソラチカゴールドカード

\入会特典で大量マイルが…!/
» 公式サイトで詳しく見る

気になる箇所をタップ
  1. ソラチカゴールドカードの基本情報
    1. ソラチカゴールドカードの利用限度額
    2. ソラチカゴールドカードの申込対象者
    3. ソラチカゴールドカードのポイント仕様
  2. ソラチカゴールドカードの口コミ総評
  3. ソラチカゴールドカードのネット上の口コミ
    1. 良い口コミ1|ソラチカゴールドカードならポイントやマイルが面白いほど貯まる
  4. ソラチカゴールドカードの特典
    1. 入会/継続/搭乗でボーナスマイルが貯まる
    2. PASMOへのオートチャージでポイント還元を享受できる
    3. 東京メトロへの乗車や電子マネー利用でメトロポイントが貯まる
    4. 空港ラウンジサービスが付帯
    5. ANAカード特約店の利用でマイルが上乗せされる
    6. 年間利用額に応じて還元率がアップ
    7. ANAカード系列で割引を享受できる
    8. To Me CARDの割引を享受できる
    9. 各種オンラインモールの経由でネット通販がお得
    10. 最大1億円の旅行傷害保険が付帯
    11. 最大500万円のショッピング補償が付帯
  5. 【違いを比較】ソラチカゴールドカードとソラチカカードではどっちがおすすめ?
    1. ソラチカゴールドカードとソラチカカードの基本還元率
    2. ソラチカゴールドカードとソラチカカードの年会費
    3. ソラチカゴールドカードとソラチカカードの特典
    4. ソラチカゴールドカードとソラチカカードの補償
    5. ソラチカゴールドカードがおすすめな人
    6. ソラチカカードがおすすめな人
  6. ソラチカゴールドカードの気になるデメリット
    1. Oki Dokiポイントの還元率が高くない
    2. 年会費がやや高額
  7. ソラチカゴールドカードの審査難易度や審査時間
    1. ソラチカゴールドカードの審査はやや厳格
    2. ソラチカゴールドカードの発行/審査会社
    3. ソラチカゴールドカードは1週間程度で発行に至る
  8. ソラチカゴールドカードでより充実したマイルライフを送りましょう!

ソラチカゴールドカードの基本情報

ソラチカゴールドカード
基本還元率 一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
メトロポイントPlus加盟店:1.5%〜2.5%
東京メトロ乗車:20ポイント〜40ポイント
年会費 15,400円(税込)
国際ブランド JCB
ETCカード 無料
家族カード 2,200円(税込)

ソラチカゴールドカードは年会費が15,400円(税込)とゴールドカードの中でも高額ですが、ザクザクANAマイルが貯まる点や、空港ラウンジサービスや盤石な旅行傷害保険などが付帯することを踏まえると、妥当なランニングコストと言えます。

マイルにはレバレッジがかかりますから、場合によっては1マイルの価値が10円以上に跳ね上がるケースもあるでしょう。

ぜひあなたも、ワクワクしながらソラチカゴールドカードを活用してみてください。

ソラチカゴールドカードの利用限度額

ソラチカゴールドカードの利用限度額は50万円〜250万円です。

ソラチカゴールドカードに限った話ではありませんが、クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて柔軟に設定されます。

最初から潤沢な利用枠を獲得できる場合もあれば、納得のいかない利用枠からスタートを切る可能性もあるというわけですね。

もしもあなたがソラチカゴールドカードの利用限度額を拡大したいなら、様々なシーンでソラチカゴールドカードを愛用し、カード会社からの信頼を積み上げましょう。

カード会社からの全幅の信頼を得られる頃には、ソラチカゴールドカードの利用限度額が見直しされるはずです。

  • ソラチカゴールドカードの利用限度額は50万円〜250万円
  • クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて柔軟に設定される
  • カード会社の信頼を勝ち取れば、ソラチカゴールドカードの利用限度額は上方修正される

念のために記載しておきますが、くれぐれも支払いの遅延だけは起こさないように注意してください。

どれだけソラチカゴールドカードの利用額や利用頻度を高めていても、支払いが疎かになっていると、いつまで経ってもカード会社からの信頼は得られませんよ。

ソラチカゴールドカードの申込対象者

ソラチカゴールドカードは次の2つの条件を満たしている方が発行できます。

  • 20歳以上
  • 安定した収入を得ている

クレジットカードの中には、未成年でもエントリーできるカードがありますが、残念ながらソラチカゴールドカードについては、未成年は作成できません。

また、「安定した収入を得ている」ことが条件ですから、フリーターや無職の方がソラチカゴールドカードの審査に臨むのは無理があります。

逆に大企業の正社員や公務員、医師などの安定した職業に就いている方なら、ソラチカゴールドカードの審査は問題なく突破できるはずです。

なお、ソラチカゴールドカードを作成する上で必要な書類は本人確認書類のコピー2点と口座情報です。本人確認書類は運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどが有効ですよ。

ソラチカゴールドカードのポイント仕様

ソラチカゴールドカードのポイント仕様は次の通りです。

Oki Dokiポイント
  • 1,000円のカード利用で1 Oki Dokiポイント
  • Oki Dokiポイントの価値は1ポイント5円相当
メトロポイント
  • 東京メトロへの乗車で20メトロポイント(土日は40ポイント)
  • メトロポイントPlus加盟店におけるPASMO利用で200円あたり2メトロポイント(自販機は100円あたり2ポイント)
  • メトロポイントの価値は1ポイント1円相当

ソラチカゴールドカードの素晴らしさはなんと言っても、ANAマイルの貯めやすさにあります。

まずはOki Dokiポイントについて。

一般的なJCBカードの場合、500ポイント→1,500ANAマイルのレートで交換することになりますが、ソラチカゴールドカードの場合、1ポイント→10ANAマイルのレートで交換できます。

みお
みお
これは嬉しい交換レードですよね!

次に東京メトロへの乗車や、メトロポイントPlus加盟店を利用した際に獲得できるメトロポイントについてですが、100ポイント→90ANAマイルの高レートで交換できます。メトロポイントをANAマイルに交換できるのは月に1回までです。

なお、Oki DokiポイントやメトロポイントをANAマイルに交換する際に手数料は一切かかりません。

ソラチカゴールドカードがいかにANAマイルを貯める上で抜群の一枚であるかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ちなみに、Oki Dokiポイントにはマイル以外にも様々な交換先がありますが、当然ながら交換レートはANAマイルが群を抜いています。

交換先 交換に必要なOki Dokiポイント 交換後
ANAマイル 1ポイント 10マイル
JALマイル 500ポイント 1,500マイル
nanacoポイント 200ポイント 1,000ポイント
楽天ポイント 200ポイント 800ポイント
Pontaポイント 200ポイント 800ポイント
WAONポイント 200ポイント 800ポイント
dポイント 200ポイント 800ポイント
Amazonで買い物 1ポイント 3.5円分
スターバックスカードへのチャージ 200ポイント 800円分
キャッシュバック 1ポイント 3円分

ソラチカゴールドカードで還元率を最大化するなら、Oki Dokiポイントの交換先はANAマイルで決まりですね。

みお
みお
ゴールドカード全体でおすすめの豪華入会キャンペーン特集は下記記事を参考にしてみてください♪

ソラチカゴールドカードの口コミ総評

総評
0











  • おすすめ度









  • 還元率









  • 優待









  • 補償









  • ポイントの利便性









口コミ投稿

ユーザーレビュー

  • おすすめ度
    Sending







  • 還元率
    Sending







  • 優待
    Sending







  • 補償
    Sending







  • ポイントの利便性
    Sending








ソラチカゴールドカードのネット上の口コミ

ソラチカゴールドカードのネット上の口コミネットの口コミもチェックしてみよう!

口コミ文化が浸透した現代においては、口コミなしで商品やサービスの購入を決められない方も多いはず。

当然、この考え方はクレジットカードにも当てはまります。あなたもきっと、ソラチカゴールドカードを作成する前に、ユーザーの口コミはきちんとチェックしておきたいですよね。

そこでここでは、ソラチカゴールドカードのネット上の口コミについてみていきたいと思います。

以下の内容をご覧いただければきっと、ソラチカゴールドカードの年会費に対するイメージがガラリと変わりますよ。

\入会特典で大量マイルが…!/
» 公式サイトで詳しく見る

良い口コミ1|ソラチカゴールドカードならポイントやマイルが面白いほど貯まる

ソラチカゴールドカードの年会費は15,400円(税込)と確かに高額ですが、圧倒的な還元率を踏まえると、十分に元が取れる一枚です。

以下、ソラチカゴールドカードの還元率に対する口コミをご覧ください。

ご覧の通り、ソラチカゴールドカードのスペックに大満足されている方は多いですね。

ソラチカゴールドカードはOki Dokiポイントのみならず、メトロポイントもANAマイルに交換できるのが強みです。

東京メトロを普段使いされている方は、ソラチカゴールドカードを作成しておいて間違いないでしょう。

ソラチカゴールドカードの特典

ソラチカゴールドカードの特典よりANAマイルがためやすくなったカードに!

お待たせしました。ここではいよいよ、ソラチカゴールドカードの特典について紹介していきたいと思います。

  • 入会/継続/搭乗でボーナスマイルが貯まる
  • PASMOへのオートチャージでポイント還元を享受できる
  • 東京メトロへの乗車や電子マネー利用でメトロポイントが貯まる
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • ANAカード特約店の利用でマイルが上乗せされる
  • 年間利用額に応じて還元率がアップ
  • ANAカード系列で割引を享受できる
  • To Me CARDの割引を享受できる
  • 各種オンラインモールの経由でネット通販がお得
  • 最大1億円の旅行傷害保険が付帯
  • 最大500万円のショッピング補償が付帯

項目を見ているだけでワクワクしてきますね。早速、それぞれの特典について深掘りしていきましょう。

\入会特典で大量マイルが…!/
» 公式サイトで詳しく見る

入会/継続/搭乗でボーナスマイルが貯まる

ソラチカゴールドカードの会員は以下の通り、入会/継続/搭乗のタイミングでそれぞれ、ボーナスマイルを獲得することができます。

  • 入会:2,000マイル
  • 継続:2,000マイル
  • 搭乗:区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

マイルにはレバレッジがかかることを踏まえると、入会や継続時に獲得できる2,000マイルだけでも、相当な価値があります。

加えて、飛行機を利用する機会には、搭乗分のボーナスマイルがドカンと追加されるイメージです。

あなたもソラチカゴールドカードを入手すれば、スイスイとANAマイルを貯めることができるでしょう。

PASMOへのオートチャージでポイント還元を享受できる

ソラチカゴールドカードはPASMO一体型のゴールドカードです。電子マネーPASMOとクレジットカードを別々に持つ必要はありません。

また、ソラチカゴールドカードはPASMOへのオートチャージが可能となっており、オートチャージでもポイント還元を得ることができます。

  • ソラチカゴールドカードはPASMO一体型
  • ソラチカゴールドカードはPASMOへのオートチャージでもポイントが得られる

電子マネーPASMOを普段使いされている方や、オートチャージ機能を利用したい方にとって、ソラチカゴールドカードは相性抜群の一枚と言えるでしょう。

東京メトロへの乗車や電子マネー利用でメトロポイントが貯まる

ソラチカゴールドカードを発行したらまず、To Me CARDの会員サイトか多機能券売機で『メトロポイントPlus』という制度に申し込みしておきましょう。

メトロポイントを獲得するための必須条件です。

メトロポイントPlusへの申込手続き完了後は、以下の仕様でメトロポイントを貯めることができます。

参考までに、下位カードのソラチカカードの還元率も合わせて記載しておきましょう。

ソラチカゴールドカード ソラチカカード
東京メトロへの乗車(平日) 20ポイント 5ポイント
東京メトロへの乗車(休日) 40ポイント 15ポイント
メトロポイントPlus加盟店におけるPASMO利用 200円あたり2ポイント 200円あたり1ポイント
自販機におけるPASMO利用 100円あたり2ポイント 100円あたり1ポイント

ご覧の通り、ソラチカゴールドカードとソラチカカードでは、メトロポイントの貯まりやすさに大きな開きがあります。

毎日のように東京メトロやメトロポイントPlus加盟店を利用される方なら、圧倒的なスピード感でメトロポイントを貯めることができるでしょう。

空港ラウンジサービスが付帯

空港ラウンジ比叡日本の空港ラウンジが全国利用可能!

ソラチカゴールドカードの会員は、以下の空港に設置されている空港ラウンジを自由に利用できます。

  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 富士山静岡空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山桃太郎空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 出雲空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 徳島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 佐賀空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 宮崎ブーゲンビリア空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港

昨今の社会情勢下では、気軽に空の旅を満喫する機会も少なくなりましたが、いざという時には空港ラウンジサービスが必ず役立ちます。

ちなみに本来、空港ラウンジを利用する上ではおよそ1,000円前後の利用料金がかかります。

もちろん、ソラチカゴールドカードの会員なら何度空港ラウンジを利用しても、一切費用は発生しません。

ぜひあなたも、フライトを伴う旅に出かける際には、ソラチカゴールドカードの空港ラウンジサービスを活用してみてください。

ANAカード特約店の利用でマイルが上乗せされる

ソラチカゴールドカードの会員は、1,000円のカード利用に対し、1ポイントのOki Dokiポイントを獲得できますが、以下のようなANAカード特約店では、Oki Dokiポイントに加え、0.5%〜1%のANAマイルを上乗せで享受できます。

  • ANA航空券/機内販売
  • ENEOS
  • apollostation/出光
  • セブン-イレブン
  • マツモトキヨシ
  • スターバックス
  • 紳士服のコナカ
  • 大丸松坂屋
  • 高島屋
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • アート引越センター

ANA航空券や機内販売の他、セブン-イレブンやマツモトキヨシ、スターバックスなど普段使いしやすい店舗でもANAマイルを獲得できるのは嬉しいですね。

ぜひあなたも上記のANAカード特約店を積極的に活用していただき、じゃんじゃんANAマイルを稼ぎまくってください。

年間利用額に応じて還元率がアップ

ソラチカゴールドカードの会員は、カードの年間利用額に応じて以下の通り、基本還元率を高めることができます。JCBスターメンバーズと呼ばれる特典です。

年間利用額 メンバーランク名称 還元率
300万円以上 ロイヤルα 0.5%→0.65%
100万円以上 スターα 0.5%→0.6%
50万円以上 スターβ 0.5%→0.55%

100万円や300万円といったボーダーラインを目指せる方なら、ぜひ年間利用額を意識しながら、ソラチカゴールドカードを活用していただきたいものです。

注意点として、JCBスターメンバーズの特典で獲得したボーナスポイントをANAマイルに交換する場合、レートが変わることを覚えておきましょう。

ANAマイルに交換する場合に必要なポイント 交換レート
通常ポイント 1ポイント 10マイル
ボーナスポイント 500ポイント 1,500マイル

ちなみにボーナスポイントは、ここで紹介しているJCBスターメンバーズの他、Oki Dokiランドの経由や各種キャンペーンで付与されるポイントも含みます。

少しややこしいですが、ANAマイルを貯めたい方は、通常ポイントとボーナスポイントの区別を理解しておいてください。

ANAカード系列で割引を享受できる

ソラチカゴールドカードの会員は、ANAカード共通の優待として、空港内や機内における買い物で最大10%割引を享受できます。

割引率 対象店舗
5% ・空港免税店
・ANA FESTA
・A-style
10% ・機内販売

空港免税店は絶対に覗いてしまう!

機内販売にはつい、手を出してしまう!

そんな方にとって、本特典は実に価値の高いサービスと言えるでしょう。

To Me CARDの割引を享受できる

ソラチカゴールドカードの会員は、以下のTo Me CARDの割引を享受できます。

対象店舗・サービス 特典内容
タイムズカーレンタル ミニバン/ワゴン/マイクロバス:30%オフ
上記以外の車種:25%オフ
タイムズカープラス 入会時のカード発行手数料(1,650円)が無料
月額基本料金(880円)が3ヶ月無料
三越(銀座・日本橋) 1,000円の利用につき5メトロポイントプレゼント
日本通運 1,000円の利用につき5メトロポイントプレゼント
六本木ヒルズ 東京シティビュー(屋内展望台)と森美術館の大人一般料金をそれぞれ200円割引
ホテル椿山荘東京 対象レストランの飲食代が10%割引
新橋演舞場 公演チケットを優待価格で購入できる

前述のANAカード特約店に加え、上記のTo Me CARDの特典をフル活用すれば、面白いほどに節約効果が上がっていきそうですね。

To Me CARDの特典は日々ブラッシュアップされています。

さらなる詳細が気になる方はぜひ『To Me CARDの公式ホームページ』をチェックしてみてください。

各種オンラインモールの経由でネット通販がお得

JCB会員専用のOki Dokiランドとは?仕組みを理解しよう!ネット通販前に経由するだけで還元率がアップ!

ソラチカゴールドカードの会員は、以下のオンラインモールを経由することで、Oki DokiポイントやANAマイルの上乗せを享受できます。

Oki Dokiランド
上乗せされる還元率 対象店舗
0.5% ・Amazon
・楽天市場
・LOHACO
・Yahoo!ショッピング
・セブンショッピング
・イトーヨーカドーネットスーパー
・マツモトキヨシ
・FANCL
・爽快ドラッグ
・Apple Store
・ひかりTVショッピング
・TSUTAYAオンライン
・エクスペディア
・グルーポン
・マルイウェブチャネル
・ジーユーオンラインストア
・JINS
・ABC-MART.net
1%以上 ・ベルメゾンネット(1%)
・JAL日本航空(2%)
・アップルワールド(4.5%)
ANAマイレージモール
優遇内容 対象店舗
300円の利用につき1マイルが上乗せ ・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!
・ユニクロオンラインストア
200円の利用につき1マイルが上乗せ ・楽天市場
・高島屋オンラインストア
100円の利用につき1マイルが上乗せ ・LOHACO
・セブンネットショッピング
・ベルメゾンネット
・H&M

Oki Dokiポイントを貯めたい時はポイントUPモールを、ANAマイルを直接貯めたい場合はANAマイレージモールを活用してみてください。

オンラインショッピングの際には、OKi DokiランドかANAマイレージモールを活用しないと損ですよ。

最大1億円の旅行傷害保険が付帯

ソラチカゴールドカードには、以下の内容の旅行傷害保険が付帯します。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
補償項目 補償金額
傷害死亡/後遺障害 1億円
※うち5,000万円は利用付帯
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 100万円
救援者費用 400万円
国内旅行傷害保険(自動付帯)
補償項目 補償金額
傷害死亡/後遺障害 5,000万円
入院費用 5,000円/日
通院費用 2,000円/日
手術費用 5万円/10万円/20万円
国内外の航空機遅延保険(自動付帯)
補償項目 補償金額
乗継遅延費用保険金 2万円
出航遅延費用等保険金 2万円
寄託手荷物遅延費用保険金 2万円
寄託手荷物紛失費用保険金 4万円

旅行傷害保険が付帯するクレジットカードは珍しくないですが、ゴールドランクでここまで充実した補償額が付帯するケースは実にレアです。

海外旅行傷害保険で最も利用頻度が高い傷害治療費用/疾病治療費用は300万円の補償が付帯しますし、国内外の航空機遅延保険も充実しています。

ビジネスやプライベートで旅行に出かける機会が多い方にとって、ソラチカゴールドカードは非常に安心感の高い一枚と言えるでしょう。

最大500万円のショッピング補償が付帯

ソラチカゴールドカードには、以下の内容のショッピング補償が付帯します。

年間補償額 500万円
補償期間 購入日から90日間
対象の事故 偶然の事故による破損や盗難
対象の支払い方法 国内外の全ての支払い
自己負担 3,000円/件

ゴールドカードのショッピング補償は良くても300万円までのカードが多いですが、ソラチカゴールドカードなら最大500万円までの補償を享受できます。

高価な商品を購入する機会が多い方にとって、盤石な補償額が付帯するのはありがたいですよね。

大切に守っておきたい商品を購入する際には、ソラチカゴールドカードで決済することを忘れないように心がけてください。

【違いを比較】ソラチカゴールドカードとソラチカカードではどっちがおすすめ?

【違いを比較】ソラチカゴールドカードとソラチカカードではどっちがおすすめ?通常のソラチカカードと比較!

ソラチカゴールドカードの下位カードにソラチカカードがあります。

当記事をご覧の方の中には、ソラチカゴールドカードとソラチカカードで迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、ソラチカゴールドカードとソラチカカードの違いを比較検討していきたいと思います。

まずは以下の比較表をご覧ください。

ソラチカゴールドカード ソラチカカード
基本還元率 一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
メトロポイントPlus加盟店:1.5%〜2.5%
東京メトロ乗車:20ポイント〜40ポイント
一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
メトロポイントPlus加盟店:1%〜2%
東京メトロ乗車:5ポイント〜15ポイント
年間利用額に応じて還元率がアップ
最大0.65%

最大6%
Oki Dokiポイント→ANAマイルの交換レート 1ポイント→10マイル ・1ポイント→5マイル(無料)
・1ポイント→10マイル(5,500円/年の手数料が発生)
メトロポイント→ANAマイルの交換レート 100ポイント→90マイル 100ポイント→90マイル
年会費 15,400円(税込) 初年度無料
2年目以降:2,200円(税込)
国際ブランド JCB JCB
ETCカードの年会費 無料 無料
家族カードの年会費 2,200円(税込) 初年度無料
2年目以降:1,100円(税込)
ボーナスマイル 入会:2,000マイル
継続:2,000マイル
搭乗:25%
入会:1,000マイル
継続:1,000マイル
搭乗:10%
PASMOオートチャージでポイント還元
空港ラウンジサービス ×
ANAカード特約店の利用でANAマイル上乗せ
ANAカード割引
To Me CARD割引
オンラインモールの経由でOki DokiポイントやANAマイル上乗せ
旅行傷害保険 海外:最大1億円
国内:最大5,000万円
航空機遅延:最大4万円
海外:最大1,000万円
ショッピング補償 最大500万円(国内外) 最大100万円(海外のみ)

ソラチカカードの魅力はなんといっても年会費の安さです。

とにかくランニングコストをおさえたい方なら、ソラチカカードが候補に挙がってくるでしょう。

一方で、ソラチカゴールドカードのアドバンテージは次の通りです。

  • Oki Dokiポイント→ANAマイルの交換レートが高い
  • メトロポイントが貯まりやすい
  • ボーナスマイルが高い
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • 旅行傷害保険やショッピング補償が充実

ソラチカゴールドカードは年会費が15,400円(税込)となかなかの額ですが、上記の特典や補償に確かな価値を感じる方なら、ソラチカゴールドカードを選んで損はないでしょう。

以下、ソラチカゴールドカードとソラチカカードの違いに焦点を当てながら、それぞれのクレジットカードの比較を進めていきますね。

\入会特典で大量マイルが…!/
» 公式サイトで詳しく見る

ソラチカゴールドカードとソラチカカードの基本還元率

ソラチカゴールドカード ソラチカカード
基本還元率 一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
メトロポイントPlus加盟店:1.5%〜2.5%
東京メトロ乗車:20ポイント〜40ポイント
一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
メトロポイントPlus加盟店:1%〜2%
東京メトロ乗車:5ポイント〜15ポイント
年間利用額に応じて還元率がアップ
最大0.65%

最大6%
Oki Dokiポイント→ANAマイルの交換レート 1ポイント→10マイル ・1ポイント→5マイル(無料)
・1ポイント→10マイル(5,500円/年の手数料が発生)
メトロポイント→ANAマイルの交換レート 100ポイント→90マイル 100ポイント→90マイル

まず最初に、基本還元率の差をみていきましょう。

一般加盟店におけるOki Dokiポイントの還元率はどちらも0.5%ですが、Oki DokiポイントをANAマイルに交換する際、ソラチカゴールドカードとソラチカカードで大きな差が生じます。

ソラチカゴールドカードは手数料無料で1ポイント→10マイルのレートで交換できるのに対し、ソラチカカードで1ポイント→10マイルを実現するためには、5,500円(税込)/年の交換手数料が発生するのです。

また、メトロポイントPlus加盟店や東京メトロ乗車時に獲得できるメトロポイントについても、ソラチカゴールドカードに軍配が上がりますね。

とにかくザクザクとANAマイルを貯めたい方なら、ソラチカゴールドカードを選んでおいて間違いないでしょう。

ソラチカゴールドカードとソラチカカードの年会費

ソラチカゴールドカード ソラチカカード
年会費 15,400円(税込) 初年度無料
2年目以降:2,200円(税込)
ETCカードの年会費 無料 無料
家族カードの年会費 2,200円(税込) 初年度無料
2年目以降:1,100円(税込)

次に、年会費の差をみていきましょう。当然と言えば当然ですが、年会費のお手軽さならソラチカカードに軍配が上がります。

ただし、先ほど紹介したANAマイルへの交換レートやメトロポイントの貯まりやすさに加え、この後に記載する特典や補償の差を踏まえると、ソラチカゴールドカードの年会費に対するイメージがガラリと変わりますよ。

ソラチカゴールドカードとソラチカカードの特典

ソラチカゴールドカード ソラチカカード
ボーナスマイル 入会:2,000マイル
継続:2,000マイル
搭乗:25%
入会:1,000マイル
継続:1,000マイル
搭乗:10%
PASMOオートチャージでポイント還元
空港ラウンジサービス ×
ANAカード特約店の利用でANAマイル上乗せ
ANAカード割引
To Me CARD割引
オンラインモールの経由でOki DokiポイントやANAマイル上乗せ

さて、ソラチカゴールドカードとソラチカカードの特典の差はどうでしょうか。まずはボーナスマイルに目がいきますね。

ソラチカゴールドカードは毎年2,000マイルが加算される上、搭乗時に25%のボーナスマイルが付与されます。

一方、ソラチカカードの入会/継続特典は1,000マイルで、搭乗時のボーナスマイルも10%とやや寂しい印象。

そしてやはり、空の旅が好きな方にとっては、空港ラウンジサービスの有無が大きいのではないでしょうか。

フライトの機会が多い方なら、ソラチカゴールドカードで決まりですね。

ソラチカゴールドカードとソラチカカードの補償

ソラチカゴールドカード ソラチカカード
旅行傷害保険 海外:最大1億円
国内:最大5,000万円
航空機遅延:最大4万円
海外:最大1,000万円
ショッピング補償 最大500万円(国内外) 最大100万円(海外のみ)

最後に補償の差をみていきます。ご覧の通り、補償内容はどこからみてもソラチカゴールドカードの圧勝と言わざるを得ません。

旅行傷害保険やショッピング補償の充実度にこだわる方なら、迷うことなくソラチカゴールドカードを選びましょう。

ソラチカゴールドカードがおすすめな人

ソラチカゴールドカードここまでの比較検討を踏まえた上で、ソラチカゴールドカードがおすすめな人は次の通りです。

  • とにかくザクザクANAマイルを貯めたい人
  • 空港ラウンジサービスに魅力を感じる人
  • 旅行傷害保険やショッピング補償の充実度にこだわる人

ソラチカゴールドカードは年会費が15,400円(税込)とやや高額ですが、圧倒的なスピードでANAマイルが貯まることや、空港ラウンジサービスや盤石な旅行傷害保険などを考慮に入れると、十分に持つ価値はあります。

上記の項目に該当する方はぜひ、ソラチカゴールドカードでガンガンANAマイルを稼ぎまくってくださいね。

\入会特典で大量マイルが…!/
» 公式サイトで詳しく見る

ソラチカカードがおすすめな人

ソラチカカードここまでの比較検討を踏まえた上で、ソラチカカードがおすすめな人は次の通りです。

  • とにかく年会費をおさえたい人
  • 空港ラウンジサービスを利用する機会がない人
  • 旅行傷害保険やショッピング補償の充実度にこだわりがない人

上記のいずれかの項目にピンときた方は、無理してソラチカゴールドカードを持つ必要はありません。

まずはソラチカカードからスタートして、コツコツと利用実績を積み上げてください。

ソラチカカードの利用でカード会社からの信頼を獲得していれば、いつでも好きなタイミングで、すんなりとソラチカゴールドカードの審査を突破できるはずですよ。

\まずはお試しに!/
» 公式サイトで詳しく見る

ソラチカゴールドカードの気になるデメリット

ソラチカゴールドカードの気になるデメリットどんなに魅力的なクレジットカードにも、特典の裏にはデメリットがあります。もちろん、ソラチカゴールドカードも例外ではありません。

ここでは以下の通り、ソラチカゴールドカードのデメリットにも目を向けていきましょう。

  • Oki Dokiポイントの還元率が高くない
  • 年会費がやや高額

上記のデメリットが全く気にならない方は、今すぐにでもソラチカゴールドカードの申し込み手続きを進めてください。

一方で、ソラチカゴールドカードのデメリットに対して理解が十分ではない方は、以下の内容をしっかりと精読しておきましょう。

Oki Dokiポイントの還元率が高くない

ソラチカゴールドカードの一般加盟店における基本還元率は0.5%とお世辞にも高いとは言えません。

世の中には楽天カードやリクルートカード、JCBカードWのように、年会費無料で1%以上の還元率を誇るクレジットカードがあることを踏まえると、ソラチカゴールドカードの還元率に満足できない方もいることでしょう。

ただし、ソラチカゴールドカードの利用で獲得したOki Dokiポイントは、手数料なしで1ポイント→10マイルに交換できるのが強みです。

前述した通り、下位カードのソラチカカードの場合、1ポイント→10マイルのレートで交換するには、手数料として5,500円(税込)/年が発生します。

  • ソラチカゴールドカード:手数料無料で1ポイント→10マイルに交換できる
  • ソラチカカード:1ポイント→10マイルに交換するには5,500円(税込)/年の負担が必要

また、ソラチカゴールドカードはメトロポイントPlus加盟店の利用や東京メトロへの乗車でメトロポイントが貯まり、100ポイント→90マイルのレートで交換できます。

Oki Dokiポイントというミクロの視点でみると、ソラチカゴールドカードの基本還元率が気になりますが、ANAマイルへの交換というマクロの視点でみれば、ソラチカゴールドカードの印象がグンと良くなりますね。

年会費がやや高額

繰り返しになりますが、ソラチカゴールドカードの年会費は15,400円(税込)とやや高額です。

ゴールドカードの年会費の平均はおよそ11,000円(税込)程度ですから、他のゴールドカードと比較しても、ソラチカゴールドカードのランニングコストは頭一つ抜けています。

ただし、ソラチカゴールドカードはANAマイルを貯める上で最強の一枚と言っても過言ではありません。マイルにはレバレッジがかかるため、1マイルが10円以上に化ける可能性もあります。

また、ソラチカゴールドカードには以下のような充実した特典や補償が付帯することを考慮に入れれば、ソラチカゴールドカードの年会費が可愛く見えてくるのではないでしょうか。

  • 入会/継続/搭乗でボーナスマイルが貯まる
  • PASMOへのオートチャージでポイント還元を享受できる
  • 東京メトロへの乗車や電子マネー利用でメトロポイントが貯まる
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • ANAカード特約店の利用でマイルが上乗せされる
  • 年間利用額に応じて還元率がアップ
  • ANAカード系列で割引を享受できる
  • To Me CARDの割引を享受できる
  • 各種オンラインモールの経由でネット通販がお得
  • 最大1億円の旅行傷害保険が付帯
  • 最大500万円のショッピング補償が付帯

上記の特典を余すところなく活用できれば、必ずソラチカゴールドカードの年会費分を大きく上回る価値を生み出すことができます。

ぜひあなたも、当記事の内容を参考にしながら、ソラチカゴールドカードを使いこなしてくださいね。

ソラチカゴールドカードの審査難易度や審査時間

ソラチカゴールドカードの審査難易度や審査時間審査難易度は気にせずまずはチャレンジ!

ソラチカゴールドカードの審査は厳しい?

ソラチカゴールドカードはどれくらいの時間で発行できる?

そんな疑問をお持ちの方に向けて、ここでは以下の項目を挙げながら、ソラチカゴールドカードの審査について考察を進めていきたいと思います。

  • ソラチカゴールドカードの審査はやや厳格
  • ソラチカゴールドカードの発行/審査会社
  • ソラチカゴールドカードは1週間程度で発行に至る

ソラチカゴールドカードの審査はやや厳格ですが、クレジットヒストリー(信用情報)に大きな問題がなければ大丈夫。あなたもきっと、ソラチカゴールドカードを入手できます。

それでは早速、それぞれの項目についてみていきましょう。

みお
みお
ゴールドカードの審査って厳しいの?って気になる人は下記記事もチェックしてみてください♪

ソラチカゴールドカードの審査はやや厳格

クレジットカードの審査難易度は、カードの年会費とカードランクに概ね比例します。

さて、ここでソラチカゴールドカードの年会費とカードランクのおさらいです。

  • ソラチカゴールドカードの年会費:15,400円(税込)
  • ソラチカゴールドカードのカードランク:ゴールドランク

すでにお伝えした通り、ゴールドカードの年会費の平均値はおよそ11,000円(税込)ですから、ソラチカゴールドカードは他のゴールドカードよりもやや審査ハードルが高いことが分かります。

えー!やっぱり私には無理だ…

と頭を抱えているそこのあなた。まだ諦めるのは早いです。クレジットカードの審査難易度は年会費やカードランクだけで決まるわけではありません。

別の角度からソラチカゴールドカードの審査難易度を紐解けば、希望の光が見えてくるかもしれませんよ。

ソラチカゴールドカードの発行/審査会社

クレジットカードの審査難易度を考慮する上では、カードの発行/審査会社も大きなヒントになります。

ソラチカゴールドカードの発行/審査会社は次の通りです。

  • ソラチカゴールドカードの発行会社:ANAカード×株式会社ジェーシービー
  • ソラチカゴールドカードの審査会社:株式会社ジェーシービー

まず注目したいのが、ソラチカゴールドカードがANAカード×株式会社ジェーシービーの提携カードであることです。

一般的に、プロパーカードと提携カードの比較なら、提携カードの方が断然、審査を突破しやすいと言われています。

つまり同じゴールドランクであっても、プロパーカードのJCBゴールドより、提携カードのソラチカゴールドカードの方が、審査をクリアできる可能性が高いわけです。

さらに、ソラチカゴールドカードが信販系の株式会社ジェーシービーから発行されていることも安心材料の一つと言えます。

信販系?何それ?

と思われたあなたのために簡単に補足しておきましょう。

クレジットカードには以下のような分類があり、系統ごとで審査難易度が異なりますが、特に審査が厳しいと言われているのは外資系と銀行系のみです。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

一方で、信販系や流通系、消費者金融系のクレジットカードはそこまで審査が厳しいわけではありません。

以上を踏まえると、ソラチカゴールドカードの審査に対するイメージが少し柔らかくなったのではないでしょうか。

ぜひ自信を持って、ソラチカゴールドカードの審査にチャレンジしてみてください。

ソラチカゴールドカードは1週間程度で発行に至る

急ぎでクレジットカードを入手したい方にとっては嬉しいことに、ソラチカゴールドカードは申し込みから1週間程度で発行に至ります。

ソラチカゴールドカードが発行されるまでの大まかな流れは次の通りです。

  1. ソラチカゴールドカードの公式ホームページ』にアクセスする
  2. ソラチカカードを申し込む』をタップする
  3. 画面の案内にしたがって申し込み手続きを完了する
  4. ソラチカゴールドカードの審査が実施される
  5. ソラチカゴールドカードがあなたのご自宅に届く

ソラチカゴールドカードにエントリーする際には、申請内容や必要書類に不備がないことを十分に確認しておきましょう。

申請内容や必要書類に何らかの落ち度があると、ソラチカゴールドカードの審査が滞ってしまい、必要以上の時間がかかってしまいますよ。

ソラチカゴールドカードでより充実したマイルライフを送りましょう!

ソラチカゴールドカードここまでの内容をご覧になった方なら、ソラチカゴールドカードに対する理解がグンと深まったことと思います。

最後に振り返りです。当記事のポイントを簡単にまとめておきます。

  • ソラチカゴールドカードはANAマイルがザクザク貯まるカード
  • ソラチカゴールドカードの口コミは非常に良好
  • ソラチカゴールドカードのデメリットは年会費が高いこと

ソラチカゴールドカードの年会費は15,400円(税込)とやや高額ですが、ソラチカゴールドカードのスペックをきちんと理解しておけば、年会費以上の価値を生み出すことができます。

ぜひあなたもこの機会にソラチカゴールドカードを発行していただき、圧倒的なスピード感でANAマイルをザクザク貯めてみてくださいね。

\入会特典で大量マイルが…!/
» 公式サイトで詳しく見る

カード基本情報

還元率 一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
メトロポイントPlus加盟店:1.5%〜2.5%
東京メトロ乗車:20ポイント〜40ポイント
ポイントの種類 Oki Dokiポイント
年会費 初年度 15,400円
2年目以降 15,400円
申込み条件 20歳以上
安定した収入を得ている
国際ブランド JCB
家族カード 初年度 2,200円
2枚目以降 2,200円
ETCカード 無料
カード締め日 公式サイト参照
カード支払い日 公式サイト参照
支払い方法 公式サイト参照

カード付帯の保険・補償

海外旅行 利用付帯 -
自動付帯 最大1億円(内利用付帯5,000万円)
国内旅行 利用付帯 -
自動付帯 最大5,000万円
ショッピング 年間最大500万円まで

電子マネー

付帯電子マネー PASMO
チャージできる電子マネー PASMO

空港サービス

空港ラウンジ 有り
プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
公式サイト https://www.global.jcb/ja/
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月25日
ABOUT ME
クレコミ編集部
日本最大級を目指すクレジットカードの口コミ・比較サイト【クレコミ】編集部。クレジットカード利用者からの各カードの口コミ情報や、カードの特典、クレジットカードで得られたポイントの使い道などを紹介。ぜひあなたの利用しているクレジットカードの正直な感想、口コミの投稿をお待ちしています。