【P-oneカード G の特典と口コミ】3,300円のゴールドカードに価値はある?

P-one カード

国際ブランド

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • DINERS
  • AMEX
  • 銀嶺
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚
カードの基本情報
年会費 初年度 翌年以降
3,300円 3,300円
還元率 1.3%
貯まるポイント ポケットポイント
1ポイントの価値 3円

いつでも1.3%の高還元ゴールドカード!

ゴールドカードの特典

P-oneカード Gってどんなカード?

P-oneカード Gの特典が知りたい!

そんなあなたにご覧いただきたいのが当記事の内容です。

P-oneカード Gは利用額請求時に自動1%割引とポイントの付与をダブルで享受できる一枚で、還元率にこだわりたい方にぴったり。

クレジットカードの利用頻度が高い方なら、P-oneカード Gでガンガン節約効果を高めることができるでしょう。

ここではP-oneカード Gについて、基本情報や特典、デメリット、審査難易度など様々な角度から解説を進めていきます。

少しでもP-oneカード Gに関心をお持ちの方はぜひ、以下の内容を参考にしてみてください。

みお
みお
人気の高い通常のP-oneカード Standard やその他のゴールドカードの入会キャンペーン情報は下記記事を参考にしてみてください♪

P-oneカード Gの基本情報

P-one カード<G>
基本還元率 1.3%~
年会費 3,300円(税込)
国際ブランド VISA/JCB
※MasterCardは受付停止中
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
有効期限更新手数料:1,100円(税込)
家族カード 初年度無料
2年目以降:1,100円(税込)

P-oneカード Gはカード利用額に対して自動で1%オフが適用され、さらに0.3%のポイント還元を享受できる一枚です。

初年度から3,300円(税込)のランニングコストがかかるのは少し気になりますが、クレジットカードの利用頻度が多い方なら年会費以上の価値を見出せるでしょう。

P-oneカード Gの利用限度額

ショッピング 上限200万円
キャッシング 上限150万円

P-oneカード Gの会員は最大200万円の利用枠を獲得できます。

もちろん、クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて設定されるため、必ずしも望み通りの額面を受け取れるとは限りません。

もしもあなたがP-oneカード Gの利用限度額を拡大したいなら、様々なシーンでP-oneカード Gを愛用し、遅延なき支払いを励行しましょう。

カード会社からの全幅の信頼を勝ち取ることができれば、P-oneカード Gの利用限度額は自然と見直しされますよ。

P-oneカード Gの申込対象者/必要書類

P-oneカード Gは以下3つの条件を満たす方が入会できます。

  • 高校生を除く18歳以上
  • 電話連絡が可能
  • 安定した収入を得ている

安定した収入ってどれくらい?

と思われる方もいるかもしれませんが、年収の多寡よりも毎月一定の収入があることがポイントです。

当然ながらフリーターや水商売の人より、大企業の正社員や公務員などの職業に就いている方が有利に審査を進めることができます。

必要書類は本人確認書類と口座情報を用意しておきましょう。本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが有効ですよ。

P-oneカード Gの還元仕様

P-oneカード Gの還元仕様は次の通りです。

  • 月間利用額に対して自動的に1%割引
  • 1%割引された後の利用額に対し、1,000円ごとに1ポイントのポケットポイント
  • ポケットポイントの価値は1ポイント3円相当

世の中には実に様々なクレジットカードがありますが、割引とポイント付与をダブルで享受できるカードはそうそうありません。

還元率にこだわりをお持ちの方にとって、P-oneカード Gは抜群の一枚というわけですね。

ちなみにP-oneカード Gの利用で獲得したポケットポイントには以下のような交換先があります。

交換先 交換に必要なポケットポイント 交換後
Amazonギフト券 330ポイント 1,000円分
FamiPayギフト 250ポイント 1,000円分
キャッシュバック 300ポイント 900円分
dポイント 300ポイント 900ポイント
Pontaポイント 300ポイント 900ポイント
Gポイント 300ポイント 900ポイント
JALマイル 300ポイント 450マイル

ご覧の通り、交換先によって若干レートが異なります。節約効果の最大化を狙うならFamiPayギフトやJALマイルがおすすめですよ。

みお
みお
優待や補償を重視する傾向のゴールドカードの中で、高還元なゴールドカードを下記記事にて特集しています!

P-oneカード Gの口コミ総評

総評
0











  • おすすめ度









  • 還元率









  • 優待









  • 補償









  • ポイントの利便性









口コミ投稿

ユーザーレビュー

  • おすすめ度
    Sending







  • 還元率
    Sending







  • 優待
    Sending







  • 補償
    Sending







  • ポイントの利便性
    Sending








P-oneカード G の特典|ゴールドカードの魅力はある?

P-oneカード G の特典|ゴールドカードの魅力はある?1.3%の高還元カード!

お待たせしました。ここでは以下の項目に沿って、P-oneカード Gの特典をみていきたいと思います。

  • 月間利用額に対して1%割引+0.3%のポイント還元
  • 国内外のパッケージツアーが最大8%オフ
  • 全国の提携レンタカー会社を優待料金で利用できる
  • ポケットモールの経由でネット通販がお得
  • 最大2,000万円の旅行傷害保険が付帯
  • 最大50万円の購入商品安心保険が付帯

P-oneカード Gに限った話ではありませんが、事前にカードスペックを理解しているかどうかで、節約効果に雲泥の差が生まれます。

ぜひ以下の内容をご覧いただき、よりスマートにP-oneカード Gを活用してみてください。

月間利用額に対して1%割引+0.3%のポイント還元

P-oneカード Gの魅力はなんといってもやはり、1.3%の基本還元率です。

  • 月間利用額に対して自動的に1%割引
  • 1%割引された後の利用額に対し、1,000円ごとに1ポイントのポケットポイント
    ※ポケットポイントの価値は1ポイント3円相当

仮にP-oneカード Gの利用額が50,000円だった場合、自動的に1%割引が適用され、実際に請求される額面は49,500円で済みます。

そして49,500円に対してさらにポケットポイントが付与されるというイメージです。

クレジットカードの利用頻度が多い方なら間違いなく、P-oneカード Gを発行する価値があると言えるでしょう。

国内外のパッケージツアーが最大8%オフ

旅行好きな方は必見。P-oneカード Gに入会すると、国内外のパッケージツアーを最大8%割引で利用できるようになります。

冷静に考えてみてください。

旅行代金の8%オフは破格の仕様です。そして何が素晴らしいかというと、本特典はカード会員のみならず、同伴者も享受できる点にあります。

たとえば恋人と一緒に100,000円のパッケージツアーに申し込みした場合、2人で16,000円が浮きます。16,000円あれば、二人で高級レストランを堪能することができそうですよね。

  • P-oneカード Gの会員は国内外のパッケージツアーを最大8%割引で利用できる
  • 最大8%割引はカード会員および会員の同伴者にも適用される

少しでも興味がそそられた方はぜひ、『ポケットカードの公式ホームページ』を覗いてみてください。

全国の提携レンタカー会社を優待料金で利用できる

P-oneカード Gの会員は以下の通り、提携レンタカー会社を優待料金で利用できます。

提携レンタカー会社 優待内容
タイムズカーレンタル 基本料金最大15%割引
ニッポンレンタカー 基本料金5%割引
日産レンタカー 基本料金5%割引
オリックスレンタカー 基本料金5%割引
トヨタレンタリース 基本料金5%割引

上記の中でも特に目を見張るのがタイムズカーレンタルの最大15%割引です。

仮に基本料金が10,000円で15%割引が適用された場合、負担額が8,500円で済みます。

単発のレンタカー利用で一気に1,500円もお得になるのは嬉しいですよね。

レンタカーが必要になった時はぜひ、上記の提携レンタカー会社を活用してみてください。

ポケットモールの経由でネット通販がお得

ポケットモール買い物前に経由するだけでポイント還元率アップ!

P-oneカード Gに入会すると、会員専用サイトの『ポケットモール』を経由し、ネットショッピングをお得に楽しむことができます。

ポケットモールの特徴は次の通りです。

  • ポケットモールを経由するだけで付与されるポイント還元率がアップ
  • 楽天市場やAmazonなどの使い勝手の良いショップが利用対象になっている
  • 常にどこかしらのネットショップで大盤振る舞いのキャンペーンが実施されている

たった一手間アクセスするだけで節約効果が上がるなら、ポケットモールを利用しない手はありません。

もちろん、ポケットモールの利用に対して一切費用は発生しませんよ。

最大2,000万円の旅行傷害保険が付帯

P-oneカード Gには以下の内容の旅行傷害保険が付帯します。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
補償項目 補償額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 200万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
補償項目 補償額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
入院費用
手術費用
通院費用

国内旅行傷害保険は入院費用や手術費用、通院費用などが付帯しませんが、海外旅行傷害保険は充実の補償を自動付帯で享受できます。

海外旅行がお好きな方にとって、P-oneカード Gはお財布に入れておくだけで安心感が得られる一枚ですね。

最大50万円の購入商品安心保険が付帯

P-oneカード Gには以下の内容の購入安心保険が付帯します。

年間補償額 50万円
補償期間 購入日から90日間
対象の事故 偶然の事故による破損/盗難
対象の支払い 国内外の加盟店における全ての支払い
自己負担 3,000円/件

クレジットカードに付帯するショッピング保険は支払い方法が限定されていたり、自己負担が10,000円/件と高額なケースも珍しくありません。

P-oneカード Gなら全ての支払いが保険の対象としてカウントされる上、自己負担も3,000円/件と良心的です。

年間補償額が50万円なのはやや寂しいですが、よほど高額な商品を購入しない限り、P-oneカード Gの購入商品安心保険に不足を感じることはないでしょう。

P-oneカード G の気になるデメリット

P-oneカードGの気になるデメリットゴールドカードとしての年会費も決して高いわけではない!

人には長所と短所があるように、クレジットカードにもメリットとデメリットがあります。

ここでは以下の通り、P-oneカード Gの気になるデメリットにも目を向けていきましょう。

  • 初年度から年会費がかかる
  • ステータスは高くない

すでにP-oneカード Gの作成を心に決めている方もぜひ、以下の内容をしっかりと読み進めておいてくださいね。

初年度から年会費がかかる

クレジットカードの中にはゴールドランクでも、初年度無料のカードは多数あります。

一方で、残念ながらP-oneカード Gは初年度から3,300円(税込)のランニングコストが発生します。

みお
みお
ゴールドカードで3,300円の年会費はかなり安い部類には入るとは思うけど…。

年会費無料に慣れている方にとっては少しハードルを感じますよね。

  • ゴールドランクのクレジットカードにも初年度無料のカードは多数ある
  • P-oneカード Gは初年度から3,300円(税込)の年会費がかかる

ただし、P-oneカード Gはカード利用額に対して1%割引と0.3%のポイント還元をダブルで享受できることを忘れてはいけません。

クレジットカードの基本還元率の標準値が0.5%ですから、P-oneカード Gの還元率は抜群と言えるでしょう。

P-oneカード Gはステータスカードとは言えないかも

クレジットカードのステータスを気にされる方は要注意。

P-oneカード Gはゴールドランクの一枚ですが、お世辞にもステータスが高いとは言えません。

ど本命のお相手とのデートや重要な接待の際には、P-oneカード Gを堂々とは提示しにくいでしょう。

ちなみにステータスに優れたクレジットカードとしては、アメックス・グリーン(年会費13,200円)やダイナースクラブカード(年会費24,200円)が挙げられます。

アメックスダイナースは年会費が少し高くつきますが、ここぞという場面で使うには抜群のカードですよ。

【違いを比較】P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldどっちがおすすめ?

【違いを比較】P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldどっちがおすすめ?同じP-oneカードのゴールドでも特典や補償が違う!

当記事で紹介しているP-oneカード Gの類似カードにP-oneカード Premium Goldがあります。実際に作成する前に両者の違いを把握しておきたいですよね。

みお
みお
カードデザインの見た目はほぼ同じような気がするんだけど…!

そこでここでは、P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldの違いを比較検討していきたいと思います。

まずは以下の比較表をご覧ください。

P-oneカード G P-oneカード
Premium Gold
基本還元率 1.3% 1.3%
年会費 3,300円(税込) 11,000円(税込)
国際ブランド VISA/JCB
※MasterCardは受付停止中
VISA/JCB
※MasterCardは受付停止中
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
有効期限更新手数料:1,100円(税込)
無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
有効期限更新手数料:1,100円(税込)
家族カード 初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)
初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)
空港ラウンジ特典 ×
50万円以上のカード利用でボーナスポイント ×
国内外のパッケージツアーが最大8%オフ
全国の提携レンタカー会社を優待料金で利用できる
ポケットモールの経由でネット通販がお得
補償内容 ・最大2,000万円の旅行傷害保険
・最大50万円の購入商品安心保険
・最大5,000万円の旅行傷害保険
・最大300万円の購入商品安心保険

P-oneカード Gの魅力は年会費3,300円(税込)とランニングコストが少ない点です。

一方、P-oneカードPremium Goldは年会費11,000円(税込)とかなり高額ですが、空港ラウンジ特典やカード利用に対するボーナスポイント、補償内容の充実度がアドバンテージと言えます。

それでは以下、P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldの相違点にスポットライトを当てながら、解説を進めていきましょう。

P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldの年会費

P-oneカード G P-oneカード
Premium Gold
年会費 3,300円(税込) 11,000円(税込)
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
有効期限更新手数料:1,100円(税込)
無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
有効期限更新手数料:1,100円(税込)
家族カード 初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)
初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)

ご覧の通り、P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldでは年会費に3倍以上の開きがあります。

とにかく低コストでクレジットカードを持ちたい方ならP-oneカード Gをチョイスすると良いでしょう。

P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldの特典

P-oneカードG P-oneカード
Premium Gold
空港ラウンジ特典 ×
50万円以上のカード利用でボーナスポイント ×
国内外のパッケージツアーが最大8%オフ
全国の提携レンタカー会社を優待料金で利用できる
ポケットモールの経由でネット通販がお得

P-oneカード Gよりさらにワンランク上のP-oneカード Premium Goldは、空港ラウンジ特典やカード利用額に対するボーナスポイントが大きなアドバンテージです。

ただし、空港ラウンジを利用する機会がない方や、年間50万円以上のカード利用を見込めない方は、P-oneカード Gで十分満足できるでしょう。

P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldの補償内容

P-oneカード G P-oneカード
Premium Gold
補償内容 ・最大2,000万円の旅行傷害保険
・最大50万円の購入商品安心保険
・最大5,000万円の旅行傷害保険
・最大300万円の購入商品安心保険

P-oneカード GとP-oneカード Premium Goldにはそれぞれ、旅行傷害保険と購入商品安心保険が付帯しますが、補償額が異なります。

旅行の頻度が多く、万が一の事故に対して可能な限り補償を備えておきたい方はP-oneカード Premium Goldを検討してみても良いでしょう。

P-oneカード Gがおすすめな人

P-one カード<G>ここまでの比較検討を踏まえ、P-oneカード Gがおすすめな人は次の通りです。

  • できるだけ低コストでクレジットカードを持ちたい人
  • 空港ラウンジを利用する機会がない人
  • 年間50万円以上のカード利用を見込めない人

上記のいずれかの項目に当てはまるならP-oneカード Gで決まり。

P-oneカード Premium Goldと比較し、3分の1以下の年会費で維持できるのは嬉しいですよね。

P-oneカード Premium Goldがおすすめな人

P-one カード<Premium Gold>ここまでの比較検討を踏まえ、P-oneカード Premium Goldがおすすめな人は次の通りです。

  • 空港ラウンジ特典に魅力を感じる人
  • 年間50万円以上のカード利用を見込める人
  • 盤石な旅行傷害保険を備えておきたい人

上記の項目をみてピンときた方は、P-oneカード Premium Goldの作成も視野に入れてみてください。

P-oneカード Premium Goldは年会費11,000円(税込)と少しハードルが高いですが、あらかじめカードスペックを理解しておけば、年会費以上の価値を生み出すことができますよ。

P-oneカード Gの審査難易度や審査時間

P-oneカード Gの審査難易度や審査時間審査結果に臆することなくまずは申込みしてみよう!

当記事最終項では以下の通り、P-oneカード Gの審査難易度や審査時間について触れておきたいと思います。

  • P-oneカード Gの発行/審査会社はポケットカード株式会社
  • P-oneカード Gの審査はそこまで厳しくない
  • P-oneカード Gは申し込みから1〜2週間で届く

P-oneカード Gはゴールドランクのクレジットカードですが、そこまで審査が厳しいわけではありません。

P-oneカード Gの審査が厳しくないと言える根拠について、順を追って説明していきますね。

P-oneカード Gの発行/審査会社はポケットカード株式会社

クレジットカードの審査難易度を知る際にはまず、カードの発行/審査会社に目を向けてみてください。

P-oneカード Gの発行/審査会社はポケットカード株式会社です。

ポケットカード株式会社と言えば、DMMカードZOZOカードなどの流通系のクレジットカードを発行している企業です。

流通系ってなに?

と思われた方のために補足しておきます。クレジットカードには以下のような分類があり、系統ごとで審査難易度が異なります。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

上記のうち、外資系や銀行系は特に審査が厳しいことで有名ですが、信販系や流通系、消費者金融系はそこまで審査が厳しいわけではありません。

クレジットカードの系統からみると、P-oneカード Gの審査ハードルは高くないと言えるわけですね。

P-oneカード Gの審査はそこまで厳しくない

P-oneカード Gの審査難易度について、もう少し踏み込んで考えてみましょう。

次に注目したいのは年会費の額面です。

一般的にクレジットカードの年会費と審査難易度は比例します。

年会費が高額になればなるほど、審査ハードルが上がるというわけですね。

P-oneカード Gの年会費は3,300円(税込)ですが、ゴールドランクのクレジットカードには10,000円を超えるものも珍しくありません。一例をご覧ください。

一口にゴールドカードといっても、その種類によってランニングコストと審査難易度は全然違います。

上記のワンランク上のゴールドカードと比較すると、P-oneカード Gはずいぶんと審査を突破しやすい一枚と言えるでしょう。

みお
みお
ゴールドカードの審査については、下記の記事で詳しく紹介しています!

P-oneカード Gは申し込みから1〜2週間で届く

P-oneカード Gは申し込みから1〜2週間程度で入手できます。

以下、P-oneカード Gの申し込み〜カード発行に至るまでの大まかな流れをご覧ください。

  1. P-oneカード Gの公式ホームページ』にアクセスする
  2. お申込みはこちらから』をタップする
  3. 画面の案内にしたがって必要事項を記入して送信
  4. P-oneカード Gの審査が実施される
  5. P-oneカード Gがあなたのご自宅に届く

少しでも早くP-oneカード Gを発行するためのポイントは、申請内容や必要書類に不備がないことです。

ぜひ細心の注意を払いながら、P-oneカード Gの申し込み手続きを進めてくださいね。

P-oneカード Gのコスパ抜群ゴールドカードを堪能しよう!

P-one カード<G>P-oneカード Gの全貌について解説してきました。

最後に振り返りを兼ねて、当記事のポイントを簡単にまとめておきます。

  • P-oneカード Gは月間利用額に対して1%割引+0.3%のポイント還元を享受できる
  • P-oneカード Gの弱点は初年度から年会費がかかること
  • P-oneカード Gの審査は厳しくない上、1〜2週間程度で発行に至る

P-oneカード Gの最大の魅力は圧倒的な還元率です。

ぜひ様々なシーンでP-oneカード Gを活用し、ガンガン節約効果を高めてくださいね。

カード基本情報

還元率 1.3%
ポイントの種類 ポケットポイント
年会費 初年度 3,300円
2年目以降 3,300円
申込み条件 高校生を除く18歳以上
電話連絡が可能
安定した収入を得ている
国際ブランド VISA/JCB
※MasterCardは受付停止中
家族カード 初年度 無料
2枚目以降 1,100円
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円
有効期限更新手数料:1,100円
カード締め日 1日
カード支払い日 翌月1日
支払い方法 口座振替

カード付帯の保険・補償

海外旅行 利用付帯 -
自動付帯 最大2,000万円
国内旅行 利用付帯 最大2,000万円
自動付帯 -
ショッピング 年間最大50万円まで

電子マネー

付帯電子マネー -
チャージできる電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ -
プライオリティパス -

発行会社

会社名 ポケットカード株式会社
公式サイト https://www.pocketcard.co.jp/
所在地 〒105-0011 東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー
設立日 1982年5月25日
ABOUT ME
クレコミ編集部
日本最大級を目指すクレジットカードの口コミ・比較サイト【クレコミ】編集部。クレジットカード利用者からの各カードの口コミ情報や、カードの特典、クレジットカードで得られたポイントの使い道などを紹介。ぜひあなたの利用しているクレジットカードの正直な感想、口コミの投稿をお待ちしています。