【OMCゴールドカードの特典と口コミ】月間利用5万円以上でポイント2倍!

OMCゴールドカード

国際ブランド

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • DINERS
  • AMEX
  • 銀嶺
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚
カードの基本情報
年会費 初年度 翌年以降
6,600円 6,600円
還元率 一般加盟店:0.5%
セブン-イレブン:1.5%
ダイエー/イオン:1.5%
藤田観光グループ:2.5%
貯まるポイント わくわくポイント
1ポイントの価値 1円

ハローキティデザインが選べたり、独自プレゼント特典あり!

ゴールドカードの特典

OMCゴールドカードの基本スペックや特典が知りたい!

OMCゴールドカードの口コミが気になる!

そんなあなたにご覧いただきたいのが当記事の内容です。

OMCゴールドカードはセブン-イレブンやダイエー、イオンなどの提携店ではポイント3倍、箱根小涌園 天悠や伊東小涌園などの藤田観光グループでは5倍のポイントを享受できる他、空港ラウンジ特典や充実した旅行傷害保険が付帯する一枚。

とにかくポイントをザクザク稼ぎたい人や、旅行が好きな人におすすめしたいゴールドカードと言えます。

ここではOMCゴールドカードについて、基本情報や特典、口コミ、デメリット、審査難易度など様々な角度から解説を進めていきます。

現時点で少しでもOMCゴールドカードに興味関心をお持ちの方はぜひ、以下の内容を参考にしてみてください。

みお
みお
おすすめのゴールドカードや、お得なキャンペーン中のゴールドカードは下記で詳しく紹介しています!

気になる箇所をタップ
  1. OMCゴールドカードの基本情報|デザインも豊富に選べる!
    1. OMCゴールドカードの利用限度額
    2. OMCゴールドカードの申込対象者/必要書類
    3. OMCゴールドカードのポイント仕様
    4. 一般カードのOMCカードよりも優れている点
  2. OMCゴールドカードの口コミ総評
  3. OMCゴールドカードのネット上の口コミ
    1. 良い口コミ|OMCゴールドカードに対するイメージは良好
    2. 良い口コミ2|OMCゴールドカードは空港ラウンジが利用できる
  4. 年会費6,600円の魅力とは?OMCゴールドカードの特典
    1. 全国の空港ラウンジ特典が付帯
    2. ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントが届く
    3. ポイントUPサービス「トクトク!ステージ」が適用される
    4. 年間60万円以上のカード利用で1,000ポイントプレゼント
    5. 月間5万円以上のカード利用で還元率2倍
    6. セブン-イレブンやイオン、ダイエーなどの利用でポイント3倍
    7. 藤田観光グループの利用でポイント5倍
    8. セディナポイントモールの経由でネット通販がお得
    9. 最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯
    10. 最大100万円のショッピング保険が付帯
  5. OMCゴールドカードの気になるデメリット
    1. OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%と高くない
    2. OMCゴールドカードは初年度から年会費がかかる
  6. 【違いを比較】OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)はどっちがおすすめ?
    1. OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の基本還元率
    2. OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の年会費
    3. OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の国際ブランド
    4. OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の特典
    5. OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の補償内容
    6. OMCゴールドカードがおすすめな人
    7. 三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめな人
  7. OMCゴールドカードの審査難易度や審査時間
    1. OMCゴールドカードの審査はイメージほど厳しくない
    2. OMCゴールドカードの発行/審査会社は株式会社セディナ
    3. OMCゴールドカードは1週間程度で発行に至る
  8. 毎月利用するお店でOMCゴールドカードを持つか考えよう!

OMCゴールドカードの基本情報|デザインも豊富に選べる!

OMCゴールドカード
基本還元率 一般加盟店:0.5%
セブン-イレブン:1.5%
ダイエー/イオン:1.5%
藤田観光グループ:2.5%
年会費 6,600円(税込)
国際ブランド Visa/Mastercard®/JCB
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
家族カード 1,100円(税込)

OMCゴールドカードはセブン-イレブンやダイエー、イオン、藤田観光グループなどで還元率が飛躍するゴールドカードです。

年会費は初年度から6,600円(税込)がかかりますが、ゴールドカード限定の特典として、空港ラウンジサービスやハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼント、充実した旅行傷害保険などを享受できます。

ちなみにOMCゴールドカードにはハローキティデザインも用意されています。

ハローキティデザインのゴールドカードをゲットしたい人は迷うことなく、OMCゴールドカードを作成してみてください。

OMCゴールドカードの利用限度額

OMCゴールドカードの利用限度額に関する公式情報は見当たりません。

したがってここで記載する内容は、一般的な目安として受け取ってください。

OMCゴールドカードが年会費6,600円(税込)のゴールドカードであることを踏まえると、利用限度額の上限はおよそ200万円程度と考えられます。

クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて決定されます。

最初から十分な利用枠を獲得できる人もいれば、入会時点では今ひとつ満足できない利用枠からスタートを切る可能性もあるでしょう。

  • OMCゴールドカードの利用限度額に関する公式情報は見当たらない
  • OMCゴールドカードの利用限度額の上限はおよそ200万円程度と考えられる
  • クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて決定される

もしもあなたがOMCゴールドカードの利用限度額を拡大したいなら、様々なシーンでカードを愛用し、カード会社から全幅の信頼を勝ち取ることが重要です。

念のため付け加えておきますが、くれぐれも支払いの遅延だけは気をつけてください。

どれだけOMCゴールドカードを活用していても、毎月の支払いがルーズになってしまうのはNG。いつまで経ってもカード会社から信頼を得ることはできないでしょう。

OMCゴールドカードの申込対象者/必要書類

OMCゴールドカードは以下2つの条件を満たす人が入会できます。

  • 20歳以上
  • 電話連絡が可能

ずいぶんとシンプルな申込条件です。収入に関する記載がないため、そこまで年収に自信のない人でも、OMCゴールドカードの審査を突破できる可能性があります。

もちろん、一般カードのOMCカードと比較すると、OMCゴールドカードの審査は厳格に実施されると認識しておいてください。

必要書類は本人確認書類と口座情報を用意しておきましょう。

本人確認書類は運転免許証や健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなどが有効です。

OMCゴールドカードのポイント仕様

OMCゴールドカードのポイント仕様は以下の通りです。

  • 月間利用額に対し、200円の利用ごとにわくわくポイントが1ポイント貯まる
  • わくわくポイントの価値は1ポイント1円相当
  • ポイントの有効期限は2年間

わくわくポイントにはどんな使い道があるの?

という声が聞こえてきそうです。

わくわくポイントには下表の通り、様々な用途があるため使い道に困ることはありません。

交換先 必要なわくわくポイント 交換後
nanacoポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
ドトールポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
dポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
Pontaポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
JALマイル 1,000ポイント 500マイル
Vポイントギフト 1,000ポイント 1,000円分
nanacoカード 5,000ポイント 5,000ポイント
ドトールバリューカード 2,000ポイント 2,000円券
VJAギフトカード 1,000ポイント 1,000円券
ジェフグルメカード 1,000ポイント 1,000円券
図書カードNEXT 1,000ポイント 1,000円券
ダイエーグループ商品券 1,000ポイント 1,000円券
JCBギフトカード 5,000ポイント 5,000円分
Amazonギフト券 5,000ポイント 5,000円分
キャッシュバック
※引き落とし口座が三井住友銀行もしくはPayPay銀行の場合
1,000ポイント 800円
キャッシュバック
※引き落とし口座が上記以外の場合
1,000ポイント 700円

キャッシュバックに交換するとやや還元率が落ちてしまう点には注意が必要です。

各種ポイントやギフトカード、マイルへの交換なら還元率は申し分ありません。

一般カードのOMCカードよりも優れている点

当記事で紹介しているOMCゴールドカードの下位カードには、一般カードのOMCカードがあります。

本項では簡単に、一般カードのOMCカードよりも優れている点を記載しておきたいと思います。

ゴールドカード限定特典
  • 全国の空港ラウンジ特典が付帯
  • ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントが届く
  • ポイントUPサービス「トクトク!ステージ」が適用される
  • 年間60万円以上のカード利用で1,000ポイントプレゼント
  • 最大5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯(一般カードは2,000万円)
  • 最大5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯(一般カードは1,000万円)
  • 最大100万円のショッピング保険が付帯(一般カードは50万円)

OMCゴールドカードの魅力は空港ラウンジサービスやハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼント、充実した旅行傷害保険などが挙げられます。

後ほど『年会費6,600円の魅力とは?OMCゴールドカードの特典』の項で詳しく解説しますね。

OMCゴールドカードの口コミ総評

総評
0











  • おすすめ度









  • 還元率









  • 優待









  • 補償









  • ポイントの利便性









口コミ投稿

ユーザーレビュー

  • おすすめ度
    Sending







  • 還元率
    Sending







  • 優待
    Sending







  • 補償
    Sending







  • ポイントの利便性
    Sending








OMCゴールドカードのネット上の口コミ

OMCゴールドカードのネット上の口コミネットの反応も見てみよう!

人間心理は不思議なもので、公式の情報よりもどこかの誰かの一言で心が動かされることがあるものです。

ここでは、OMCゴールドカードのネット上の口コミに目を向けていきましょう。

OMCゴールドカードの口コミについては、OMCゴールドカードに対するイメージと、空港ラウンジ特典に関する声がありました。早速、みていきましょう。

良い口コミ|OMCゴールドカードに対するイメージは良好

まずは世間の人々が、OMCゴールドカードに対してどのようなイメージを持っているかをご覧ください。

OMCゴールドカードに対して憧れを抱いている人は多いようです。

あなたもOMCゴールドカードを入手すれば、周囲の人から羨望の眼差しを浴びるかもしれませんね。

良い口コミ2|OMCゴールドカードは空港ラウンジが利用できる

旅好きの人にとって、愛用するクレジットカードに空港ラウンジサービスが付帯するかどうかは大きな問題です。

OMCゴールドカードの会員はゴールドカードならではの特典として、空港ラウンジが利用できます。

空港ラウンジの利用は1回あたりおよそ1,000円前後の費用がかかりますが、OMCゴールドカードの会員なら何度でも無料で入室可能です。

フライトの頻度が多い人なら、空港ラウンジ特典だけで、OMCゴールドカードの年会費分以上の価値を見出せるでしょう。

年会費6,600円の魅力とは?OMCゴールドカードの特典

年会費6,600円の魅力とは?OMCゴールドカードの特典OMCゴールドカードの特典は意外と豊富!?

年会費6,600円(税込)で入会できるOMCゴールドカードですが、具体的にどのような特典や補償が付帯するのでしょうか。

OMCゴールドカードを発行することで得られる特典の内容は以下の通りです。

  • 空港ラウンジ特典が付帯
  • ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントが届く
  • ポイントUPサービス「トクトク!ステージ」が適用される
  • 年間60万円以上のカード利用で1,000ポイントプレゼント
  • 月間5万円以上のカード利用で還元率2倍
  • セブン-イレブンやイオン、ダイエーなどの利用でポイント3倍
  • 藤田観光グループの利用でポイント5倍
  • セディナポイントモールの経由でネット通販がお得
  • 最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯
  • 最大100万円のショッピング保険が付帯

え?こんなにたくさん特典があるの?

と思われた人もいるかもしれませんね。早速、ゴールドカード限定の特典から解説していきますね。

全国の空港ラウンジ特典が付帯

空港ラウンジオーサカ場所や時間によっては快適すぎる空間に!

口コミの項でも触れましたが、OMCゴールドカードの会員は、全国の主要な空港ラウンジを自由に利用できます。

利用対象の空港は次の通りです。

OMCゴールドカードJCBブランド OMCゴールドカード
Visa/Mastercard®ブランド
新千歳空港
函館空港
旭川空港
青森空港
秋田空港
仙台国際空港
成田国際空港
羽田空港
富士山静岡空港
中部国際空港セントレア
新潟空港
富山空港
小松空港
関西国際空港
伊丹空港
神戸空港
岡山桃太郎空港
広島空港
米子空港
出雲縁結び空港
山口宇部空港
高松空港
松山空港
徳島空港
北九州空港
福岡空港
佐賀空港 ×
熊本空港
長崎空港
大分空港
宮崎ブーゲンビリア空港
鹿児島空港
那覇空港
ダニエル・K・イノウエ国際空港

国内の主要空港ラウンジに加え、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港も利用できるのは嬉しいですね。

Visa/Mastercard®ブランドは佐賀空港が対象になっていない点に注意が必要です。

ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントが届く

OMCゴールドカードの会員は、年間150万円以上のカード利用を計上すると、ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントをもらうことができます。

利用対象期間 プレゼント時期
毎年11月1日~翌年10月31日 翌年12月中旬

年間150万円のカード利用をクリアするには、1ヶ月あたりおよそ12万5,000円の利用が求められます。

ハローキティファンでかつ、毎月無理なく12万5,000円のカード利用ができそうな人はぜひ、オリジナルクリスマスプレゼントをゲットしてください。

ポイントUPサービス「トクトク!ステージ」が適用される

OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%ですが、年間利用額に応じて下表の通り、翌年の還元率が最大1.6倍に優遇されます。

年間利用額 翌年の還元率
50万円 1.2倍
100万円 1.3倍
200万円 1.6倍

年間のカード利用額に自信のある人なら、OMCゴールドカードでよりスムーズにポイントを貯めることができるでしょう。

年間60万円以上のカード利用で1,000ポイントプレゼント

OMCゴールドカードの会員は、年間60万円以上のカード利用を達成すると、わくわくポイントが1,000ポイントもらえます。

本来、OMCゴールドカードの基本還元率で1,000ポイントを貯めようと思うと、実に200,000円のカード利用が求められます。

  • OMCゴールドカードの会員は年間60万円以上のカード利用で1,000ポイントのボーナス
  • 基本還元率で1,000ポイントを稼ぐためには200,000円のカード決済が必要

年間60万円以上のカード利用に対するボーナスポイントは、ゴールドカード限定の特典です。

ぜひ60万円のボーダーを意識しながら、OMCゴールドカードを愛用してください。

月間5万円以上のカード利用で還元率2倍

OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%ですが、月間5万円以上のカード利用で還元率が2倍にアップします。

  • OMCゴールドカードの基本還元率:0.5%
  • OMCゴールドカードの基本還元率(月間利用額5万円以上):1%

月に5万円ならいけそう!

と思われた人もいるのではないでしょうか。

毎月コンスタントに5万円以上のカード利用を計上できる人なら、OMCゴールドカードを基本還元率1%のゴールドカードとして扱うことができますよ。

セブン-イレブンやイオン、ダイエーなどの利用でポイント3倍

OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%ですが、セブン-イレブンやイオン、ダイエーなどの加盟店では3倍のポイント還元を享受できます。

  • OMCゴールドカードの基本還元率:0.5%
  • OMCゴールドカードの還元率(セブン-イレブン/イオン/ダイエー):1.5%

クレジットカードの一般的な還元率が0.5%であることを踏まえると、いつでも安定して1.5%還元が得られるのは嬉しいですね。

セブン-イレブンやイオン、ダイエーなどを普段使いしている人にとって、OMCゴールドカードは最高の一枚と言えます。

藤田観光グループの利用でポイント5倍

OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%ですが、以下のような藤田観光グループの利用においては2.5%のポイント還元を得ることができます。

主な藤田観光グループ
  • ワシントンホテル
  • ホテルグレイスリー
  • 箱根小涌園 天悠
  • 箱根小涌園ユネッサン
  • 伊東小涌園
  • ホテル椿山荘東京

藤田観光グループのホテルや温泉旅館に興味がある人なら、OMCゴールドカードの利用で面白いほどにザクザクポイントが貯まりますよ。

セディナポイントモールの経由でネット通販がお得

セディナポイントモールネット通販前に経由するだけで還元率アップ!

OMCゴールドカードに入会すれば、会員専用サイトの『セディナポイントUPモール』を経由し、ネット通販をお得に楽しむことができます。

以下、セディナポイントUPモールの対象店舗と、上乗せされる還元率をご覧ください。

上乗せされる還元率 対象店舗
0.5% ・amazon(Amazonデバイスのカテゴリー)
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・エディオンネットショップ
・ソニーストア
・TSUTAYA オンラインショッピング
・DHCオンラインショップ
1% ・一休.com
・Qoo10
・セブンネットショッピング
・ABC-MARTオンラインストア
・小田急オンラインショップ
・ビックカメラ.com
・カメラのキタムラ ネットショップ
・紀伊國屋書店ウェブストア
特に優遇 ・amazon(AmazonFashionのカテゴリー)(4%)
・さとふる(1.5%)
・高島屋オンラインストア(1.5%)
・ベルメゾンネット(1.5%)
・Oisix(2%)
・成城石井.com(2.5%)
・ネスプレッソ(8%)
・トリー バーチ 公式オンラインストア(8.5%)
・トレンドマイクロ・オンラインショップ(9.5%)
・ノートンストア(9.5%)
・マカフィーストア(9.5%)

amazonで還元率の優遇が得られるのはAmazonデバイスもしくはAmazonFashionのカテゴリー商品のみですが、AmazonFashionなら4%も上乗せポイントがあります。

また、トレンドマイクロ・オンラインショップやノートンストア、マカフィーストアなどは目を見張るほどの還元率です。

ネットショップを利用する際にはぜひ、セディナポイントUPモールを有効活用しましょう。

最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯

OMCゴールドカードには下表の通り、最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯します。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
補償内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 200万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
補償内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
入院費用 3,000円/日
通院費用 2,000円/日

ゴールドカードの中には、国内旅行傷害保険の入院費用や通院費用が網羅されていないものもあります。

OMCゴールドカードは国内外ともに最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯し、さらに国内旅行傷害保険の入院費用や通院費用も補償されるため、非常に安心感が得られる一枚です。

旅行が好きな人に、OMCゴールドカードは相性の良いゴールドカードと言えるでしょう。

最大100万円のショッピング保険が付帯

OMCゴールドカードには下表の通り、最大100万円のショッピング保険が付帯します。

年間補償額 100万円
対象期間 購入日から180日間
対象の事故 偶然の事故による破損や盗難
対象の支払い 国内外問わず全ての支払いが対象
(購入金額が1万円以上の商品に限る)
自己負担 3,000円/件

クレジットカードに付帯するショッピング保険は、対象期間が購入日から90日間であったり、自己負担が10,000円以上かかるケースもあります。

OMCゴールドカードのショッピング保険は、対象期間や自己負担については優秀と言えるでしょう。

ただし、購入金額が1万円未満の商品はショッピング保険が適用されない点には注意が必要です。

OMCゴールドカードの気になるデメリット

OMCゴールドカードの気になるデメリット初年度無料のゴールドカードがある中、お試しで使うには若干ネックに?!

人には長所と短所があるように、クレジットカードにもメリットとデメリットがあります。もちろん、OMCゴールドカードも例外ではありません。

ここでは以下の通り、OMCゴールドカードのデメリットに対しても理解を深めていきましょう。

  • OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%と高くない
  • OMCゴールドカードは初年度から年会費がかかる

事前にクレジットカードのデメリットを把握しておけば、適切な対策を打つことができますし、カード利用の方法も工夫できます。

慌ててOMCゴールドカードの作成手続きを進める前に、以下の内容をしっかりと把握しておいてください。

OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%と高くない

OMCゴールドカードの基本還元率は0.5%とお世辞にも高いとは言えません。

世の中には楽天カードJCBカードWリクルートカードなど年会費無料で還元率1%以上のクレジットカードが多数あることを踏まえると、OMCゴールドカードの還元率に今ひとつ満足できない人もいるでしょう。

ただし、OMCゴールドカードは以下の加盟店で3倍以上のポイントを獲得できます。

  • セブン-イレブン:1.5%
  • イオン/ダイエー:1.5%
  • 藤田観光グループ:2.5%

藤田観光グループにはワシントンホテルやホテルグレイスリー、箱根小涌園 天悠、箱根小涌園ユネッサン、伊東小涌園、ホテル椿山荘東京などがあります。

利用された経験がある人もいるのではないでしょうか。

上記の加盟店を普段使いされている方なら、OMCゴールドカードの還元率をそこまで気にすることもなさそうです。

OMCゴールドカードは初年度から年会費がかかる

世の中には初年度無料のゴールドカードや、一定の条件を満たすことで年会費無料になるカードもありますが、OMCゴールドカードは以下の通り、初年度から年会費がかかる上、年会費無料にもできません。

  • 本会員の年会費:6,600円(税込)
  • 家族会員の年会費:1,100円(税込)

OMCゴールドカードを作成するなら、毎年6,600円(税込)以上の価値を生み出せるかどうかを検討する必要があります。

ここで改めて、OMCゴールドカードの特典をおさらいしておきましょう。

  • 空港ラウンジ特典が付帯
  • ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントが届く
  • ポイントUPサービス「トクトク!ステージ」が適用される
  • 年間60万円以上のカード利用で1,000ポイントプレゼント
  • 月間5万円以上のカード利用で還元率2倍
  • セブン-イレブンやイオン、ダイエーなどの利用でポイント3倍
  • 藤田観光グループの利用でポイント5倍
  • セディナポイントモールの経由でネット通販がお得
  • 最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯
  • 最大100万円のショッピング保険が付帯

空港ラウンジサービスやハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼント、充実した旅行傷害保険などの魅力を感じる人なら、OMCゴールドカードに入会して損はないでしょう。

【違いを比較】OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)はどっちがおすすめ?

【違いを比較】OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)はどっちがおすすめ?年会費が近いゴールドカードを比較して検討してみよう!

当記事でスポットライトを当てているOMCゴールドカードと年会費が5,500円(税込)と近いゴールドカード三井住友カード ゴールド(NL)があります。

本項ではOMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の比較検討をしていきたいと思います。

まずは以下の比較表をご覧ください。

OMCゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
基本還元率 一般加盟店:0.5%
セブン-イレブン:1.5%
ダイエー/イオン:1.5%
藤田観光グループ:2.5%
一般加盟店:0.5%
対象のコンビニ/飲食店:最大5%
年会費 6,600円(税込) 5,500円(税込)
※年間100万円以上のカード利用で翌年度以降は永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard®/JCB Visa/Mastercard®
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
初年度:無料
2年目以降:550円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
家族カード 1,100円(税込) 無料
空港ラウンジ特典
ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼント ×
トクトク!ステージ ×
年間利用額に対する特典
60万円で1,000ポイントプレゼント

年間100万円で10,000ポイントプレゼント
月間5万円以上のカード利用に対するポイント2倍特典 ×
ポイントUPモールの経由でネット通販がお得
ココイコ!の利用で対象の実店舗で還元率アップ ×
選んだお店で還元率アップ ×
補償内容 ・最大5,000万円の海外旅行傷害保険
・最大5,000万円の国内旅行傷害保険
・最大100万円のショッピング保険
・最大2,000万円の海外旅行傷害保険
・最大2,000万円の国内旅行傷害保険
・最大300万円のショッピング保険

OMCゴールドカードの魅力はダイエーやイオン、藤田環濠グループで還元率がアップすることや、最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯する点です。

一方、三井住友カード ゴールド(NL)はコンビニ2社やマクドナルド等における5%還元に加え、年間100万円以上のカード利用で年会費が永年無料になる上、10,000ポイントのボーナスがもらえる点がアドバンテージと言えます。

早速、それぞれのゴールドカードの相違点に注目しながら、考察を進めていきましょう。

OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の基本還元率

OMCゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
基本還元率 一般加盟店:0.5%
セブン-イレブン:1.5%
ダイエー/イオン:1.5%
藤田観光グループ:2.5%
一般加盟店:0.5%
対象のコンビニ/飲食店:最大5%

まずは還元率の差からみていきます。

OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の基本還元率はいずれも0.5%ですが、それぞれ還元率が優遇される加盟店があります。

OMCゴールドカードはダイエーやイオン、藤田観光グループを利用する人に相性がよく、三井住友カード ゴールド(NL)は対象のコンビニ/飲食店等を普段使いする人にぴったりです。

OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の年会費

OMCゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
年会費 6,600円(税込) 5,500円(税込)
※年間100万円以上のカード利用で翌年度以降は永年無料
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円(税込)
初年度:無料
2年目以降:550円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
家族カード 1,100円(税込) 無料

次に年会費の違いに目を向けてみましょう。

OMCゴールドカードは必ず6,600円(税込)の年会費がかかりますが、三井住友カード ゴールド(NL)は年間100万円以上のカード利用を一度でも達成すれば、翌年以降の年会費が永年無料になります。

年会費無料でゴールドカードを持ちたい人なら、三井住友カード ゴールド(NL)の作成を検討してみると良いですね。

OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の国際ブランド

OMCゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
国際ブランド Visa/Mastercard®/JCB Visa/Mastercard®

OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)は選択可能な国際ブランドも異なります。

三井住友カード ゴールド(NL)はJCBを選択できませんが、VisaやMastercard®は世界中のありとあらゆる加盟店で決済できるため、特に国際ブランドの差は気にしなくても良いでしょう。

OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の特典

OMCゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
空港ラウンジ特典
ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼント ×
トクトク!ステージ ×
年間利用額に対する特典
60万円で1,000ポイントプレゼント

年間100万円で10,000ポイントプレゼント
月間5万円以上のカード利用に対するポイント2倍特典 ×
ポイントUPモールの経由でネット通販がお得
ココイコ!の利用で対象の実店舗で還元率アップ ×
選んだお店で還元率アップ ×

続いて特典の違いはどうでしょうか。

OMCゴールドカードならではの特典としては、ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントや、月間5万円以上のカード利用で還元率が2倍にアップする点が挙げられます。

対する三井住友カード ゴールド(NL)は年間100万円以上のカード利用で、年会費が永年無料になるだけでなく、10,000ポイントまでもらえるのが素晴らしいところ。

OMCゴールドカードも年間60万円以上のカード利用で1,000ポイントがもらえますが、三井住友カード ゴールド(NL)と比較するとやはり見劣りします。

OMCゴールドカードと三井住友カード ゴールド(NL)の補償内容

OMCゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
補償内容 ・最大5,000万円の海外旅行傷害保険
・最大5,000万円の国内旅行傷害保険
・最大100万円のショッピング保険
・最大2,000万円の海外旅行傷害保険
・最大2,000万円の国内旅行傷害保険
・最大300万円のショッピング保険

最後に補償内容の違いをみておきましょう。

旅行傷害保険はOMCゴールドカードがリードしますが、ショッピング保険は三井住友カード ゴールド(NL)に軍配が上がります。

より盤石な旅行傷害保険を求める人なら、OMCゴールドカードを選んでおくと安心ですね。

OMCゴールドカードがおすすめな人

OMCゴールドカードここまでの比較検討を踏まえ、OMCゴールドカードがおすすめな人は次の通りです。

  • ハローキティからのオリジナルクリスマスプレゼントが欲しい人
  • 月間5万円以上のカード利用に対する還元率2倍特典に魅力を感じる人
  • より安定感のある旅行傷害保険を求める人

上記のいずれかにピンときた人は、OMCゴールドカードをチョイスしましょう。どんなクリスマスプレゼントが届くか、楽しみですね。

三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめな人

三井住友カード ゴールドナンバーレス(NL)ここまでの比較検討を踏まえ、三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめな人は次の通りです。

  • 対象のコンビニ/飲食店を普段使いしている人
  • 永年無料でゴールドカードを持ちたい人
  • 年間100万円以上のカード利用に対する10,000ポイントボーナスに魅力を感じる人

上記のいずれかの項目に該当する人なら、三井住友カード ゴールド(NL)の方がマッチするでしょう。

ぜひ年間100万円以上のカード利用を達成し、永年無料で三井住友カード ゴールド(NL)を活用してください。

\永年無料になるゴールド!/
» 公式サイトで詳しく見る

OMCゴールドカードの審査難易度や審査時間

OMCゴールドカードの審査難易度や審査時間審査は不安になる前に申し込んで結果を見てから対策を考えよう!

当記事もいよいよ大詰め。本項では以下の通り、OMCゴールドカードの審査難易度や審査時間について解説したいと思います。

  • OMCゴールドカードの審査はイメージほど厳しくない
  • OMCゴールドカードの発行/審査会社は株式会社セディナ
  • OMCゴールドカードは1週間程度で発行に至る

ゴールドカードの審査、厳しそう!

と思われる人もいるかもしれませんが、そこまで構える必要はありません。OMCゴールドカードの審査はイメージほど厳しくないと言える根拠があります。

早速、それぞれの項目についてみていきましょう。

OMCゴールドカードの審査はイメージほど厳しくない

結論から述べます。OMCゴールドカードの審査は以下の理由につき、イメージほど厳しいわけではありません。

  • OMCゴールドカードは年会費はそこまで高額ではない
  • OMCゴールドカードは信販系のクレジットカード

クレジットカードの審査難易度は概ね、年会費の額面に比例します。

世の中には三井住友カード ゴールドやJCBゴールドのように、年会費が11,000円(税込)となかなか高額なカードも多いです。

一方、OMCゴールドカードの年会費は6,600円(税込)とそこまで高額ではないと言えます。

また、OMCゴールドカードは信販系のクレジットカードであることも安心材料です。

OMCゴールドカードの発行/審査会社は株式会社セディナ

OMCゴールドカードは信販系に分類される株式会社セディナから発行されています。ここでクレジットカードの系統について補足しておきましょう。

クレジットカードには以下のような分類があり、系統ごとで審査難易度が異なります。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

上記のうち、審査が厳しいのは外資系と銀行系のみ。信販系や流通系、消費者金融系は特に審査が厳しいわけではありません。

つまり信販系のOMCゴールドカードは、年会費のみならず、カードの系統からみても審査難易度は高くないと考えられるのです。

以上を踏まえると、OMCゴールドカードの審査に対して、少しは自信がわいてきたのではないでしょうか。

OMCゴールドカードは1週間程度で発行に至る

OMCゴールドカードはおよそ1週間程度で発行に至ります。

OMCゴールドカードの申し込みからカード発行までの大まかな流れは次の通りです。

  1. OMCゴールドカードの公式ホームページ』にアクセスする
  2. このカードを申し込む』をタップ
  3. 画面の案内にしたがって必要事項を入力して送信
  4. OMCゴールドカードの審査が実施される
  5. OMCゴールドカードがあなたのご自宅に届く

OMCゴールドカードをよりスムーズに発行するためのポイントは2つ。

口座情報を含め、全ての手続きをオンライン完結で済ませること。そして申請内容や必要書類に不備がないことです。

申請内容や必要書類で何かしらのミスがあると、OMCゴールドカードの審査が足踏み状態に陥ってしまうため、十分に注意しておいてくださいね。

毎月利用するお店でOMCゴールドカードを持つか考えよう!

OMCゴールドカードOMCゴールドカードのスペックについてあらゆる角度から解説してきました。

最後に振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

  • OMCゴールドカードは空港ラウンジ特典や充実した旅行傷害保険が魅力
  • OMCゴールドカードの口コミは良好
  • OMCゴールドカードの審査はイメージほど厳しいわけではない

OMCゴールドカードは毎年必ず年会費が発生するゴールドカードですが、空港ラウンジ特典やハローキティからのクリスマスプレゼント、充実した旅行傷害保険などが魅力です。

また、セブン-イレブンやイオン、ダイエー、藤田観光グループなどを積極的に活用すれば、ザクザクポイントを稼ぐことができるでしょう。

ぜひあなたもこの機会にOMCゴールドカードを作成していただき、様々なシーンでスマートに使いこなしてください。

カード基本情報

還元率 一般加盟店:0.5%
セブン-イレブン:1.5%
ダイエー/イオン:1.5%
藤田観光グループ:2.5%
ポイントの種類 わくわくポイント
年会費 初年度 6,600円
2年目以降 6,600円
申込み条件 20歳以上
電話連絡が可能
国際ブランド Visa/Mastercard®/JCB
家族カード 初年度 1,100円
2枚目以降 1,100円
ETCカード 無料
新規発行手数料:1,100円
カード締め日 末日
カード支払い日 翌月27日
支払い方法 口座振替

カード付帯の保険・補償

海外旅行 利用付帯 -
自動付帯 最大5,000万円
国内旅行 利用付帯 最大5,000万円
自動付帯 -
ショッピング 年間最大100万円まで

電子マネー

付帯電子マネー iD
チャージできる電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ 有り
プライオリティパス -

発行会社

会社名 SMBCファイナンスサービス株式会社
公式サイト https://www.cedyna.co.jp/
所在地 〒460-8670 名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
設立日 1950年9月11日
ABOUT ME
クレコミ編集部
日本最大級を目指すクレジットカードの口コミ・比較サイト【クレコミ】編集部。クレジットカード利用者からの各カードの口コミ情報や、カードの特典、クレジットカードで得られたポイントの使い道などを紹介。ぜひあなたの利用しているクレジットカードの正直な感想、口コミの投稿をお待ちしています。