高還元!【Visa LINE Payクレジットカードの特典と口コミ】高還元は今だけ?!

Visa LINE Payクレジットカード

国際ブランド

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • DINERS
  • AMEX
  • 銀嶺
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • 海外旅行保険
  • ポイント高還元
  • ETCカード
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • ショッピング向け
  • マイルが貯まる
  • 主婦/学生OK
  • 優待が充実
  • 初めての1枚
カードの基本情報
年会費 初年度 翌年以降
無料 1,375円
※前年に一度でもカード利用があれば無料
還元率 1%
※2022年4月末までは2%
貯まるポイント LINEポイント
1ポイントの価値 1円
一般カードの特典

Visa LINE Payクレジットカードの特典が知りたい!

Visa LINE Payクレジットカードの口コミが気になる!

このように思われている方にご覧いただきたいのが当記事の内容です。

Visa LINE Payクレジットカードはいつでもどこでも1%(2022年4月末まではなんと2%)の高還元を享受できるパワフルな一枚。

カードデザインもシンプルかつおしゃれで、数量限定のカラーはすでに受付終了しているほどです。

そんなVisa LINE Payクレジットカードについてここでは、基本情報やメリット、デメリット、口コミなど様々な観点から徹底的に解説していきたいと思います。

現時点で少しでもVisa LINE Payクレジットカードが気になっている方はぜひ、以下の内容を参考にしてみてください。

気になる箇所をタップ
  1. Visa LINE Payクレジットカードの基本情報
    1. Visa LINE Payクレジットカードの利用限度額
    2. Visa LINE Payクレジットカードの申込対象者
    3. Visa LINE Payクレジットカードのポイント仕様
  2. Visa LINE Payクレジットカードの特典
    1. Visa加盟店で1%〜2%のポイント還元を享受できる
    2. チャージ&ペイの利用で事前チャージが不要になる
    3. 実店舗での分割払いやATMキャッシングにも対応している
    4. 最大100万円のお買物安心保険が付帯
  3. Visa LINE Payクレジットカードの口コミ
    1. 良い口コミ1|Visa LINE Payクレジットカードはカードデザインがシンプルでかっこいい
    2. 良い口コミ2|Visa LINE Payクレジットカードは高還元率が嬉しい
  4. Visa LINE PayクレジットカードとVisa LINE Payクレジットカード(CL)の違いを比較
    1. Visa LINE Payクレジットカードはリアルカードを発行できる
    2. Visa LINE PayクレジットカードはGoogle Payにも対応
    3. Visa LINE Payクレジットカードがおすすめな人
    4. Visa LINE Payクレジットカード(CL)がおすすめな人
  5. Visa LINE Payクレジットカードの気になるデメリット
    1. Visa LINE Payクレジットカードは特典の数が少ない
    2. Visa LINE Payクレジットカードには旅行傷害保険が付帯しない
    3. Visa LINE Payクレジットカードの還元率は改悪される可能性が高い
  6. Visa LINE Payクレジットカードの審査難易度や審査時間
    1. Visa LINE Payクレジットカードの発行元はLINE Pay×三井住友カード
    2. Visa LINE Payクレジットカードの審査は厳しくない
    3. Visa LINE Payクレジットカードは1週間程度で発行できる
  7. Visa LINE Payクレジットカードの還元率をうまく使いこなそう!

Visa LINE Payクレジットカードの基本情報

Visa LINE Payクレジットカード
基本還元率 1%
※2022年4月末までは2%
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
国際ブランド Visa
ETCカード 無料
※入会翌年度以降、一度もカード利用がない場合は550円(税込)
家族カード 1枚目:無料
2枚目以降:440円(税込)

Visa LINE Payクレジットカードは世界中のVisa加盟店で常に高還元を享受できる一枚です。

2年目以降は1,375円(税込)の年会費が発生しますが、前年に一度でもVisa LINE Payクレジットカードを利用しておけば、年会費の負担はありません。

つまり、年に一度でもクレジット決済を見込める方なら、永年無料でVisa LINE Payクレジットカードを保有できるというわけですね。

Visa LINE Payクレジットカードの利用限度額

総利用枠 10万円〜80万円
カード利用枠
(カードショッピング)
10万円〜80万円
リボ払い/分割払い利用枠 0万円〜80万円
キャッシング利用枠 0万円〜50万円

クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて柔軟に設定されますが、Visa LINE Payクレジットカードの利用限度額の上限は80万円です。

もちろん、全ての人がすんなり80万円の利用枠を享受できるとは限りません。

場合によっては10万円や20万円といった少額からのスタートを切るようなケースも考えられるでしょう。

Visa LINE Payクレジットカードに入会後、利用限度額を拡大したい場合は、様々なシーンでVisa LINE Payクレジットカードを愛用することがポイントです。

毎月の遅延なき支払いを励行し、毎月コツコツとVisa LINE Payクレジットカードを利用していればきっと、利用限度額は上方修正されますよ。

Visa LINE Payクレジットカードの申込対象者

Visa LINE Payクレジットカードの申込対象者は次の通りです。

  • 満18歳以上の方(高校生は除く)
    ※未成年の方は親権者の同意が必要

高校生はVisa LINE Payクレジットカードを作成できませんが、未成年や学生の方、主婦の方はVisa LINE Payクレジットカードの申込対象となっています。

ちなみに未成年の方が親権者の同意を得ておく必要があるのは、Visa LINE Payクレジットカードに限った話ではなく、全てのクレジットカードに共通する鉄の掟です。

未成年の方にとっての第一関門はVisa LINE Payクレジットカードの審査ではなく、いつもあなたの一挙手一投足を間近で確認している親の審査というわけですね。

参考» 学生がクレジットカードを申し込むと親への連絡はある?年齢によって変わる!

Visa LINE Payクレジットカードのポイント仕様

Visa LINE Payクレジットカードのポイント仕様は次の通りです。

  • Visa加盟店での利用分に対し1%分のLINEポイント(2022年4月末までは2%)
  • チャージ&ペイの利用は0.5%分のLINEポイント
  • LINEポイントの価値は1ポイント1円相当
  • LINEポイントの有効期限は最終獲得日から180日

Visa LINE Payクレジットカードの利用で獲得したLINEポイントは、1ポイント1円としてLINE Payの支払いに充当できる他、LINE STORE内の商品購入や課金などにも利用可能です。

注意点として、Visa LINE Payクレジットカードを利用しても、LINEポイントが付与されない支払いもあることを理解しておきましょう。

LINEポイントが付与されない
  • 電子マネー/プリペイドカード/Walletサービスなどへのチャージ
  • 送金
  • キャリア決済(ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払いなど)
  • ギフトカードの購入
  • バリューカードの購入
  • 金融商品の購入
  • 公営機関や施設への支払い
  • 慈善事業団体への支払い
  • 郵便局での支払い
  • 税金や保険において、1回あたりの支払いにつき5万円を超える分
  • 国民年金保険料
  • 寄付/募金(ふるさと納税を含む)
  • 年会費(クレジットカード年会費/ETC年会費など)
  • 手数料(リボ払い/分割払い手数料など)
  • キャッシング

上記の内容をあらかじめ把握しておけば、LINEポイントが付与されなくても焦る必要がありませんね。

Visa LINE Payクレジットカードの特典

Visa LINE Payクレジットカードの特典Visa LINE Payクレジットカードの基本スペックをご理解いただいたところで次に、Visa LINE Payクレジットカードの特典について見ていきたいと思います。

  • Visa加盟店で1%〜2%のポイント還元を享受できる
  • チャージ&ペイの利用で事前チャージが不要になる
  • 実店舗での分割払いやATMキャッシングにも対応している
  • 最大100万円のお買物安心保険が付帯

2022年4月末までの期間限定とはいえ、やはり2%のポイント還元は目玉特典ですね。

もちろん、ポイント還元以外の特典や補償にも注目です。

それでは早速、それぞれの内容について深掘りしていきますよ。

Visa加盟店で1%〜2%のポイント還元を享受できる

当記事の冒頭でもご紹介した通り、Visa LINE Payクレジットカードの会員はVisa加盟店で1%〜2%のポイント還元を享受できます。

Visa LINE Payクレカの還元率
  • Visa加盟店での利用分に対し1%分のLINEポイント
    ※2022年4月末までは2%分のLINEポイント

節約効果を意識する方にとっては、2022年4月末までにどれだけVisa LINE Payクレジットカードを利用できるかが非常に重要ですよね。

世の中には実に様々なクレジットカードが存在しますが、安定して2%のポイント還元が付与されるカードはほぼありませんよ。

参考» 高還元率のおすすめクレジットカードランキング|最強のクレジットカードはコレだ!

チャージ&ペイの利用で事前チャージが不要になる

Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payと連携すれば、事前に残高のチャージをせずにLINE Pay払いが利用可能となります。

チャージ&ペイと呼ばれるサービスです。

チャージ&ペイはポイント還元率こそ0.5%に減少するものの、チャージ不要でモバイル決済を利用できる他、LINE Pay 請求書払いでの税金払いに対しても0.5%のポイント還元が得られるのが特徴です。

チャージ&ペイの特徴
  • 事前に残高のチャージをせずにLINE Pay払いが利用可能
  • ポイント還元率は0.5%
  • LINE Pay 請求書払いでの税金払いに対してもポイント還元が得られる

残高がなくなる度にチャージの手続きをするライフスタイルにピリオドを打ちたい方はぜひ、本サービスを活用してみてくださいね。

実店舗での分割払いやATMキャッシングにも対応している

当記事で紹介しているVisa LINE Payクレジットカードには、リアルカードを発行しないタイプのVisa LINE Payクレジットカード(CL)があります。

CLはカードレスの略ですね。

カードレスは非常にスマートで魅力的ですが、以下の利用方法についてはVisa LINE Payクレジットカードに軍配が上がります。

  • 実店舗での分割払いが可能
  • ATMキャッシングを利用できる

高価な商品/サービスを購入する際の分割払いや、急場を凌ぎたいシーンにおけるATMキャッシングはいずれも助かりますよね。

もちろん、分割払いにもキャッシングにも相応の手数料が発生する点には注意が必要ですよ。

最大100万円のお買物安心保険が付帯

Visa LINE Payクレジットカードには以下の内容のお買物安心保険が付帯します。

年間最大補償額 100万円
対象期間 購入日から200日間
対象の支払い方法 国内:リボ払い/分割払い(3回以上)の利用
海外:全ての支払い
自己負担額 3,000円/件

クレジットカードにお買物安心保険が付帯すること自体は珍しくないですが、購入日から200日もの間、お買物安心保険の補償が付帯するケースは実にレアです。

大切に守っておきたい商品を購入する際にはぜひ、Visa LINE Payクレジットカードでの決済を忘れないようにしてくださいね。

Visa LINE Payクレジットカードの口コミ

Visa LINE Payクレジットカードの口コミ口コミは上々!

人間心理というのは不思議なもので、公式ホームページに掲載されている情報よりも、どこかの誰かがネット上に書き込んだ口コミに響いたりするものです。

やはり実際に商品やサービスを利用した経験者が語る一言にこそ、信憑性が残るというわけですね。

というわけでここでは、Visa LINE Payクレジットカードの口コミについて考察を加えていきたいと思います。

ぜひ以下の内容にも目を通していただいた上で、Visa LINE Payクレジットカードにエントリーしてください。

良い口コミ1|Visa LINE Payクレジットカードはカードデザインがシンプルでかっこいい

クレジットカードはスペックが第一ですが、カードデザインも素敵だとなお、末長く愛用したくなりますよね。

実際のユーザーは、Visa LINE Payクレジットカードのデザインに対してどのような意見を持っているのでしょうか。

ご覧の通り、Visa LINE Payクレジットカードを発行した方はそのシンプルなデザインに魅了されているようですね。

残念ながらすでに発行が終了してしまったカラーもありますが、ぜひとも『Visa LINE Payクレジットカードの公式ホームページ』をチェックしていただき、お気に入りのデザインを早めにゲットしましょう。

良い口コミ2|Visa LINE Payクレジットカードは高還元率が嬉しい

Visa LINE Payクレジットカードの最大の魅力は2%の高還元です。

早速、Visa LINE Payクレジットカードの還元率に対するユーザーの口コミを見てみましょう。

上記の通り、Visa LINE Payクレジットカードは還元率3%→2%に下がった過去があります。

ただ、冷静に考えてやはり、年会費無料のクレジットカードで安定的に2%還元を享受できるのは激アツですよね。

もしかすると今後、2%の還元率がさらに下がってしまう可能性もあります。

2%の恩恵をできるだけ長い期間にわたって享受するためにも、当記事を読み終えたらすぐ、Visa LINE Payクレジットカードの発行手続きを済ませてくださいね。

Visa LINE PayクレジットカードとVisa LINE Payクレジットカード(CL)の違いを比較

Visa LINE PayクレジットカードとVisa LINE Payクレジットカード(CL)の違いを比較一体何が違うのか?!

先ほども少し触れましたが、Visa LINE Payクレジットカードにはリアルカードを発行しないタイプのVisa LINE Payクレジットカード(CL)もあります。

Visa LINE Payクレジットカードに関心を持っているなら、発行手続きに移る前に、Visa LINE Payクレジットカード(CL)との違いも理解しておきたいですよね。

そこでここでは、Visa LINE PayクレジットカードとVisa LINE Payクレジットカード(CL)の違いを比較検討していきたいと思います。

まずは以下の比較表をご覧ください。

Visa LINE Payクレジットカード Visa LINE Payクレジットカード(CL)
還元率 1%
※2022年4月末までは2%
1%
※2022年4月末までは2%
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
特典 ・Visa加盟店で1%〜2%のポイント還元を享受できる
・チャージ&ペイの利用で事前チャージが不要
・実店舗での分割払いやATMキャッシングにも対応
・Google Payに対応
・Visa加盟店で1%〜2%のポイント還元を享受できる
・チャージ&ペイの利用で事前チャージが不要
・スマホ一台でカード情報の管理〜決済が完結
補償 ・最大100万円のお買物安心保険が付帯 ・最大100万円のお買物安心保険が付帯

上記の通り、還元率や年会費、補償などの項目においては、両者で差がありません。

注目すべきはやはり、リアルカードを発行するか否か。そしてGoogle Pay対応の有無です。

これらの相違点について、次項でもう少し詳しく深掘りしていきましょう。

Visa LINE Payクレジットカードはリアルカードを発行できる

Visa LINE Payクレジットカードはリアルカードを発行して利用するのに対し、Visa LINE Payクレジットカード(CL)はカード情報の管理〜決済までの全てをアプリで完結するスタイルです。

  • Visa LINE Payクレジットカード:リアルカードを発行して利用
  • Visa LINE Payクレジットカード(CL):カード情報の管理〜決済までの全てをアプリで完結

リアルカードを発行するVisa LINE Payクレジットカードの魅力はカードデザインを楽しめること、そして実店舗での分割払いやATMキャッシングの利用ができる点です。

一方、Visa LINE Payクレジットカード(CL)の良さとしては、カードを紛失するリスクがないことや、お財布の中身をスッキリさせられる点などが挙げられます。

あなた自身のニーズによって、どちらのカードの相性が良いかが決まるというわけですね。

Visa LINE PayクレジットカードはGoogle Payにも対応

Visa LINE PayクレジットカードはApple PayやGoogle Payに対応済ですが、Visa LINE Payクレジットカード(CL)はGoogle Payに未対応の状態です。

  • Visa LINE Payクレジットカード:Google Payにも対応
  • Visa LINE Payクレジットカード(CL):Google Payに未対応

iPhoneユーザーにとっては気にしなくて良い話ですが、AndroidユーザーがVisa LINE Payクレジットカード(CL)を選んだ場合、ネットショップでしか決済できない点は覚えておきましょう。

Visa LINE Payクレジットカードがおすすめな人

Visa LINE Payクレジットカードここまでの比較検討を踏まえ、Visa LINE Payクレジットカードがおすすめな人は次の通りです。

  • Visa LINE Payクレジットカードのカードデザインが好きな人
  • ATMでキャッシングを利用したい人
  • Androidスマホを利用している人

口コミの項でも紹介しましたが、Visa LINE Payクレジットカードのデザインは非常に人気が高いです。

カードデザインを重要視する方や、実店舗でもクレジット決済を利用したいAndroidスマホユーザーの方は、ノータイムでVisa LINE Payクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

Visa LINE Payクレジットカード(CL)がおすすめな人

Visa LINE Payクレジットカード(CL)ここまでの比較検討を踏まえ、Visa LINE Payクレジットカード(CL)がおすすめな人は次の通りです。

  • カード情報の管理〜決済までをアプリのみで完結したい人
  • ATMでキャッシングを利用しない人

シンプルでかっこいいデザインのリアルカードを持つことより、カードそのものをなくしてしまうことに魅力を感じる方なら、Visa LINE Payクレジットカード(CL)の方が良いでしょう。

また、困った時についついATMキャッシングに依存してしまう方は、そもそもATMキャッシングを利用できないVisa LINE Payクレジットカード(CL)を持つことによって、無駄な出費を一気に軽減できますよ。

Visa LINE Payクレジットカードの気になるデメリット

Visa LINE Payクレジットカードの気になるデメリットどんなに優れた人間にも短所があるように、魅力的なクレジットカードにも弱点はあります。

ここでは以下の項目に沿って、Visa LINE Payクレジットカードのデメリットにも目を向けておきましょう。

  • Visa LINE Payクレジットカードは特典の数が少ない
  • Visa LINE Payクレジットカードには旅行傷害保険が付帯しない
  • Visa LINE Payクレジットカードの還元率は改悪される可能性が高い

上記の内容を受け止めた上で、それでもなおVisa LINE Payクレジットカードに魅力を感じるのであればぜひ、この機会にVisa LINE Payクレジットカードを作成してみてくださいね。

Visa LINE Payクレジットカードは特典の数が少ない

すでにお気づきかもしれませんが、一般的なクレジットカードと比較し、Visa LINE Payクレジットカードの特典は数が少ないです。

より具体的に言うと、Visa LINE Payクレジットカードの発行元はLINE Pay×三井住友カードですが、一般カードの三井住友カードに共通している基本的な特典も、Visa LINE Payクレジットカードには付帯しません。

  • Visa LINE Payクレジットカードは特典の数が少ない
  • Visa LINE Payクレジットカードには三井住友カードの基本特典も付帯しない

ちなみに三井住友カードのナンバーレスカードで得られる基本的かつ魅力の高い特典には、コンビニやマクドナルドにおける5%還元があります。

通常の三井住友カードの特典を得たい方は、三井住友カード(CL)や三井住友カード ナンバーレス(NL)なども候補に入れてみると良いですね。

Visa LINE Payクレジットカードには旅行傷害保険が付帯しない

無類の旅行好きの方には必ず理解しておいて欲しいデメリット。それはVisa LINE Payクレジットカードには一切、旅行傷害保険が付帯しないことです。

え!旅行の時めっちゃ怖い!

と思われた方もいますよね。

万が一のことを想定するなら、盤石な保険が備わった以下のようなクレジットカードも合わせて備えておきたいものです。

これらはいずれも年会費無料で作成できます。

どのカードも優秀ですが、エポスカードや横浜インビテーションカードは自動付帯で充実の海外旅行傷害保険を享受できますよ。

Visa LINE Payクレジットカードの還元率は改悪される可能性が高い

口コミの項でも触れましたが、Visa LINE Payクレジットカードには3%だった還元率が2%に下がった過去があります。

この事実に加え、『LINE Pay公式アカウントのツイート』によると、Visa LINE Payクレジットカードの還元率に関して以下の記載が見られます。

  • 2%還元は2022年4月末まで
  • 2022年5月以降の還元率は別途案内

ちなみに3%だった還元率が2%に改悪されたタイミングは2021年5月です。

この一連の流れを踏まえると、2022年5月で2%の還元率が1%に落ちてしまう可能性は大いに考えられるといって良いでしょう。

とはいえ、少なくとも2022年4月末までは2%還元の恩恵に預かることができます。

ぜひ今のうちに、Visa LINE PayクレジットカードでがっぽりとLINEポイントを稼いでおくことをおすすめしますよ。

Visa LINE Payクレジットカードの審査難易度や審査時間

Visa LINE Payクレジットカードの審査難易度や審査時間Visa LINE Payクレジットカードの審査は厳しい?

Visa LINE Payクレジットカードはどれくらいの期間で発行できる?

このような疑問をお持ちのあなたに向けて、ここでは以下の項目を挙げながら、Visa LINE Payクレジットカードの審査難易度や審査時間について見ていきたいと思います。

  • Visa LINE Payクレジットカードの発行元はLINE Pay×三井住友カード
  • Visa LINE Payクレジットカードの審査は厳しくない
  • Visa LINE Payクレジットカードは1週間程度で発行できる

安心してください。Visa LINE Payクレジットカードの審査は厳しくないですし、スムーズに入手可能です。

早速、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

Visa LINE Payクレジットカードの発行元はLINE Pay×三井住友カード

クレジットカードの審査難易度を知る上でまず着眼したいのは発行元や審査会社です。

Visa LINE PayクレジットカードはLINE Pay×三井住友カードの提携で発行されていますが、審査を担当するのは三井住友カードです。

え!銀行系の審査?めっちゃ厳しいじゃん!

と思われた方もいますよね。確かに以下のようなクレジットカードの系統のうち、外資系や銀行系は特に審査が厳しい傾向があるのは事実です。

  • 外資系
  • 銀行系←ココ!
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

ただ、クレジットカードの系統だけで審査難易度は判断できません。年会費やカードのランクといった項目も、審査難易度を考える上では大いなるヒントとなりますよ。

Visa LINE Payクレジットカードの審査は厳しくない

審査に対して自信を持てない方はぜひ、審査難易度に関する以下の指標を覚えておいてください。

  • 年会費と審査難易度は比例する
  • カードランクの高さと審査難易度は比例する

もちろんこれはVisa LINE Payクレジットカードの審査に限った話ではなく、全てのクレジットカードの審査難易度について同様のことが言えます。

さて、ここでVisa LINE Payクレジットカードの年会費をおさらいしておきましょう。

  • 初年度:無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
    ※前年に一度でもカード利用があれば無料

ご覧の通り、永年無料で保有できる余地があるクレジットカードなら、審査ハードルの高さを感じませんよね。

また、カードのランクには一般カードやゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどがありますが、Visa LINE Payクレジットカードは最も低いランクの一般カードに該当します。

以上を踏まえると、Visa LINE Payクレジットカードの審査に対するイメージがずいぶんと柔らかくなったのではないでしょうか。

参考» クレジットカードの審査で知っておくべき6つのこと|甘いクレジットカードも紹介するよ!

Visa LINE Payクレジットカードは1週間程度で発行できる

Visa LINE Payクレジットカードは以下の流れで1週間程度で発行できます。

  1. Visa LINE Payクレジットカードの公式ホームページ』にアクセスする
  2. スタンダードタイプのお申し込み』をタップする
  3. 画面の案内にしたがって必要事項を入力して送信する
  4. Visa LINE Payクレジットカードの審査が実施される
  5. Visa LINE Payクレジットカードがあなたのご自宅に届く

発行手続きにおける注意点は、虚偽の申請をしないこと。そして必要書類(身分証明書/口座情報)を不備なく提出することです。

申請内容や必要書類に不足があると、Visa LINE Payクレジットカードの審査が滞ってしまいます。エントリーの際には十分注意してくださいね。

Visa LINE Payクレジットカードの還元率をうまく使いこなそう!

Visa LINE Payクレジットカードここまでの内容をご覧いただいた方なら、Visa LINE Payクレジットカードのみならず、Visa LINE Payクレジットカード(CL)の理解も進んだことでしょう。

最後に振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

  • Visa LINE Payクレジットカードはカード利用さえあれば年会費無料で保有可能
  • Visa LINE Payクレジットカードは高校生を除く、18歳以上の方が発行できる
  • Visa LINE Payクレジットカードの口コミは良好
  • カード情報の管理〜決済までをアプリのみで完結したい人はVisa LINE Payクレジットカード(CL)がおすすめ
  • Visa LINE Payクレジットカードは特典の数が少ない
  • Visa LINE Payクレジットカードには旅行傷害保険が付帯しない
  • Visa LINE Payクレジットカードの還元率は改悪される可能性が高い
  • Visa LINE Payクレジットカードの発行元はLINE Pay×三井住友カード
  • Visa LINE Payクレジットカードの審査は厳しくない
  • Visa LINE Payクレジットカードは1週間程度で発行できる

過去の流れやLINE Payの公式情報を踏まえると、Visa LINE Payクレジットカードで2%の大幅還元を享受できるのは2022年4月末までです。

ぜひ今すぐにでもVisa LINE Payクレジットカードの申し込み手続きを完了していただき、様々なシーンでVisa LINE Payクレジットカードを使い倒してくださいね。

カード基本情報

還元率 1%
※2022年4月末までは2%
ポイントの種類 LINEポイント
年会費 初年度 無料
2年目以降 1,375円
※前年に一度でもカード利用があれば無料
申込み条件 満18歳以上(高校生除く)
国際ブランド Visa
家族カード 初年度 1枚目:無料
2枚目以降:440円
2枚目以降 1枚目:無料
2枚目以降:440円
ETCカード 無料
※入会翌年度以降、一度もカード利用がない場合は550円
カード締め日 月末
カード支払い日 翌月26日
支払い方法 口座振替

カード付帯の保険・補償

海外旅行 利用付帯 -
自動付帯 -
国内旅行 利用付帯 -
自動付帯 -
ショッピング 最大100万円まで

電子マネー

付帯電子マネー LINE Pay
チャージできる電子マネー LINE Pay

空港サービス

空港ラウンジ -
プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
公式サイト https://www.smbc-card.com/index.jsp
所在地 東京都江東区豊洲二丁目2番31号 SMBC豊洲ビル
設立日 1967年12月26日
ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレコミ】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪