プラチナカードの特典

【UCプラチナカードの特典と口コミ】格安でプラチナコンシェルジュが活用できる新カード!

格安でコンシェルジュサービスを付帯したい!

プラチナカードを持ってみたいけど、そこまで年会費はかけられない!

そんな方にチェックしていただきたいのがUCプラチナカードです。

UCプラチナカードは年会費16,500円(税込)で維持できる上、プラチナコンシェルジュサービスや盤石な国内外の旅行傷害保険などの付帯に加え、高級レストランのコース料理が1名分無料となるグルメ特典なども利用可能となっています。

当記事では、そんなUCプラチナカードについて、特典やデメリットはもちろん、口コミや審査周りに関する内容についても解説していきたいと思います。

また、記事の後半ではUCプラチナカードの下位カードであるUCカード ゴールドとの比較検討についても考察を進めています。

ぜひ以下の内容を参考にしていただき、あなたのニーズにマッチしたカードの選定にお役立ていただければ幸いです。

UCプラチナカード

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

気になる箇所をタップ
  1. UCプラチナカードは永年無料で使える首都高お得カード!
    1. UCプラチナカードの利用限度額
    2. UCプラチナカードの申込み対象者
    3. UCプラチナカードの利用で貯まるポイント仕様
  2. UCプラチナカードに付帯している特典
    1. 24時間365日対応のプラチナコンシェルジュサービスを利用できる
    2. 空港ラウンジサービスを利用できる
    3. 高級レストランのコース料理が1名分無料
    4. UCプラチナカード限定の優待を享受できる
    5. Visaプラチナの各種特典を享受できる
    6. 最大1億円の旅行傷害保険が付帯
    7. 最大300万円のショッピング安心保険が付帯
    8. 最大3万円の通信端末修理費用保険が自動付帯
  3. UCプラチナカードの口コミ
    1. 良い口コミ1|UCプラチナカードは格安のプラチナカード
    2. 良い口コミ2|UCプラチナカードはデザインがカッコいい
  4. UCプラチナカードの気になるデメリット
    1. UCプラチナカードにはプライオリティ・パスの特典がない
    2. UCプラチナカードはステータスが高いわけではない
  5. UCプラチナカードとUCカード ゴールドの違いを比較|おすすめなのはどっち?
    1. UCプラチナカードとUCカード ゴールドの共通項
    2. UCプラチナカードとUCカード ゴールドの基本還元率
    3. UCプラチナカードとUCカード ゴールドの年会費
    4. UCプラチナカードとUCカード ゴールドの国際ブランド
    5. UCプラチナカードとUCカード ゴールドの特典
    6. UCプラチナカードとUCカード ゴールドの補償
    7. UCプラチナカードがおすすめな人
    8. UCカード ゴールドがおすすめな人
  6. UCプラチナカードの審査難易度や審査時間
    1. UCプラチナカードの発行/審査会社はUCカード株式会社
    2. UCプラチナカードの審査ハードルはそこまで高くない
    3. UCプラチナカードは申込みから2〜3週間程度で届く
  7. UCプラチナカードを入手しよう!

UCプラチナカードは永年無料で使える首都高お得カード!

UCプラチナカード
基本還元率 1%~
年会費 16,500円(税込)
国際ブランド VISA
ETCカード 無料
家族カード 3,300円(税込)

プラチナランクのクレジットカードには数多くの種類がありますが、UCプラチナカードのように、年会費20,000円以下で所有できる格安プラチナはなかなかありません。

今回、初めてプラチナカードを発行する方や、プラチナカードに付帯する特典をお得に享受したい方にとって、UCプラチナカードは最高のチョイスと言えるでしょう。

UCプラチナカードの利用限度額

UCプラチナカードの利用限度額に関する公式情報はありません。

したがって、ここではあくまで一般的な目安をお伝えするに留まりますが、UCプラチナカードがプラチナランクのクレジットカードであることを踏まえると、利用限度額の上限はおよそ200〜300万円程度と予想できます。

もちろん、クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて柔軟に設定されるため、最初は満足のいく利用限度額を享受できないかもしれません。

ただし、様々なシーンでUCプラチナカードを愛用し、遅延なき支払いを継続していれば、UCプラチナカードの利用限度額は見直されていくことでしょう。

  • UCプラチナカードの利用限度額に関する公式情報はない
  • クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて柔軟に設定される
  • カード会社からの信頼を獲得できれば利用限度額は見直しされる

UCプラチナカードの利用限度額を拡大させたいならぜひ、ありとあらゆる支払いをUCプラチナカードに一点集中させるつもりでカードを利用してくださいね。

UCプラチナカードの申込み対象者

UCプラチナカードの申込み対象者UCプラチナカードは安定した収入があり、社会的信用を有する方が申込み対象となっています。

ただし、学生や未成年の方は残念ながら、UCプラチナカードにエントリーできません。

あくまでも目安と受け止めていただきたいのですが、UCプラチナカードの審査にチャレンジするなら500万円以上の年収は確保しておきたいところです。

もちろん、年収の多寡だけではなく、毎月安定した収入を得ていることも重要です。

平たく言えば、フリーターやパートではなく、正社員として勤めているかどうかがキーとなります。

特に公務員や医師、弁護士、大企業の正社員の方なら、UCプラチナカードの審査を突破できる可能性もグンと高くなるでしょう。

  • UCプラチナカードは安定した収入があり、社会的信用を有する方が申込み対象
  • 学生や未成年の方はUCプラチナカードにエントリーできない
  • 年収の多寡のみならず、毎月安定した収入を得ていることが重要

社会的信用を有する方』について補足しておくと、クレジットヒストリー(信用情報)に傷がついてないかがチェックされます。

あなたは携帯電話本体代金の分割料金や、クレジットカードの利用料金を遅延なく支払っているでしょうか。

もし滞納などがあれば、あなたの社会的信用は下がってしまい、UCプラチナカードの審査も厳しくなってしまいますよ。

UCプラチナカードの利用で貯まるポイント仕様

UCプラチナカードの利用で貯まるポイント仕様1ポイントの価値は5円!

UCプラチナカードの利用で得られるポイント仕様は次の通りです。

  • 1,000円の利用に対して2ポイントのUCポイントが貯まる
  • UCポイントは1ポイント5円相当の価値がある
  • UCポイントは200ポイント以上で様々なカテゴリーの商品と交換できる

上記に加え、プラチナランクのUCカードの特典として、以下のボーナスポイントも享受できます。

  1. 当年10月~翌年の9月の12ヶ月間にポイントが付く月が10回以上あると100ポイント
  2. 上記①を達成し、かつUCポイントの累計が1,000ポイント以上になるとさらに150ポイント
    ボーナスポイントの累計:最大250ポイント

つまりUCプラチナカードはいつでもどこでも1%の還元率を享受でき、かつボーナスポイントの上乗せも享受可能なパワフルな一枚だというわけです。

UCポイントの使い道

UCポイントってどんなふうに使えばいいの?

そんな疑問を抱いている方もいることでしょう。

200ポイント以上のUCポイントが貯まると、以下の各カテゴリーの商品と交換できるようになります。

  • 家電
  • キッチン
  • ヘルス/ビューティ
  • アウトドア
  • ファミリー
  • グルメ
  • UCセレクション
商品の交換事例
商品 必要なUCポイント
UCギフトカード
1,000円分
200ポイント
Amazonギフト券
1,000円分
200ポイント
スターバックスカード
1,000円分
200ポイント
ジェフグルメカード
5,000円相当
1,000ポイント
デロンギコードレスケトル 1,300ポイント
ReFa CARAT 3,700ポイント

より詳しい内容を知りたい方は、『UCポイントの公式情報』をチェックしてみてください。

あらかじめゲットしたい商品をイメージしておけば、ポイントを貯めるのも楽しくなりそうですね。

UCプラチナカードに付帯している特典

UCプラチナカードに付帯している特典格安のプラチナカードでも特典は充実!

UCプラチナカードの特典が早く知りたい!

そう思われている方もいますよね。

お待たせしました。いよいよここでは、UCプラチナカードの充実した特典の数々を紹介していきたいと思います。

  • 24時間365日対応のプラチナコンシェルジュサービスを利用できる
  • 空港ラウンジサービスを利用できる
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • UCプラチナカード限定の優待を享受できる
  • Visaプラチナの各種特典を享受できる
  • 最大1億円の旅行傷害保険が付帯
  • 最大300万円のショッピング安心保険が付帯
  • 最大3万円の通信端末修理費用保険が自動付帯

ご覧の通り、UCプラチナカードには格安のプラチナカードとは思えないほどの特典や補償が付帯しています。

ぜひ、実際にUCプラチナカードを保有した時のことを思い浮かべながら、以下の内容を読み進めてみてください。

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

24時間365日対応のプラチナコンシェルジュサービスを利用できる

24時間365日対応のプラチナコンシェルジュサービスを利用できるこの年会費でコンシェルジュが付いているのは破格!

異国の地で右も左も分からない!

現地でおすすめのディナーを堪能したい!

そんな時にぜひ活用していただきたいのが24時間365日対応のプラチナコンシェルジュサービスです。

UCプラチナカードの会員なら、いつでもどこからでも一流コンシェルジュの提案を日本語で受けることができます。

もちろん、プラチナコンシェルジュサービスで依頼できるのはグルメやイベント関連のサポートだけではありません。

大事なモノを紛失してしまった!

海外で事故に遭ってしまった!

このような緊急時にも、プラチナコンシェルジュサービスは迅速な対応をしてくれます。

いつでもどこでも秘書がいる。UCプラチナカードを発行しておけば、そんな心持ちで過ごすことができるでしょう。

参考» コンシェルジュ付きのおすすめクレジットカード特集|メール対応可能なクレカもあるぞ!

空港ラウンジサービスを利用できる

空港ラウンジ空港ラウンジの利用は旅をより快適にしてくれる

混雑した空間で長時間のフライト待ち。楽しい旅程においても、ちょっとストレスが溜まる瞬間ですよね。

でも安心してください。UCプラチナカードに入会すれば、以下の空港ラウンジを自由に利用できるようになります。

  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 仙台国際空港
  • 秋田空港
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 富士山静岡空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 神戸空港
  • 米子鬼太郎空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 出雲空港
  • 山口宇部空港
  • 徳島阿波おどり空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 佐賀空港
  • 長崎空港
  • 熊本空港
  • 大分空港
  • 宮崎ブーゲンビリア空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ダニエル・K・イノウエ・国際空港
  • 仁川国際空港

フライトの待ち時間を快適に過ごすことができれば、旅の充実度は飛躍すること間違いなし。

ぜひ空港を訪れた際には、空港ラウンジを積極的に活用し、ワンランク上の空間で静かなひとときを堪能してください。

高級レストランのコース料理が1名分無料

高級レストランのコース料理が1名分無料格安のプラチナカードの実力はレベルが高い!

え?高級レストランのコース料理が無料?

と目を輝かせている方もいるかもしれませんね。

UCプラチナカードを持っていれば、2名以上で対象のレストランのコース料理をオーダーした際、1名分が無料となります。

プラチナグルメクーポンと呼ばれる特典です。

一例を挙げましょう。

大切な人を銀座の高級イタリアン『GINZA kansei』に招待し、シェフにおまかせコースを堪能した場合、なんと1名分の30,250円(税込)が無料となります。

そう。鋭いあなたならお気づきの通り、プラチナグルメクーポンをたった1回利用しただけで、UCプラチナカードの年会費の倍額に近い節約効果が生まれているのです。

ちなみに本特典は同じレストランの利用は半年に1回までとされていますが、トータルの利用回数に制限はありません。

誤解を恐れずに言えば、プラチナグルメクーポンでいくらでも節約効果を積み上げていくことができるというわけです。

  • プラチナグルメクーポンの利用で高級レストランのコース料理が1名分無料
  • プラチナグルメクーポンの利用でUCプラチナカードの年会費以上の節約効果が生まれる
  • プラチナグルメクーポンのトータルの利用回数に制限はない

UCプラチナカードがあれば、大切な人との記念日にワンランク上の高級店に行きやすくなりますね。

UCプラチナカード限定の優待を享受できる

UCプラチナカードの会員は、以下のような様々なカテゴリーのショップやサービスで優待を享受できます。

カテゴリー サービス名 優待内容
ホテル ホテルアラマンダ青山 宿泊料金当日レートから10%オフなど
スポーツジム エスフォルタ ・入会金(5,500円〜33,000円)無料
・入会翌月の利用料無料
旅館 箱根・翠松園 ・レイトチェックアウト
・ディナードリンク1杯無料
出張シェフサービス シェアダイン 初回利用1,500円オフなど
家庭教師 スマートレーダー 利用料金から10%オフ
オンラインショップ 成城石井 専用クーポンコードの利用で全商品5%オフ
ジュエリー TASAKI ザ・ペニンシュラ東京で利用可能なペアドリンクチケット
美術館 箱根ガラスの森美術館 入館チケットつきランチコースが5,000円(税込)
フラワーギフト 日比谷花壇 10%オフなど
家具/インテリアEC FLYMEe 5,000円オフクーポン
家事代行 bears ロイヤルプランの初期費用(55,000円)無料
ベビー・子供服 ミキハウス 5%オフ
オンラインフィットネス MIRROR FIT. 入会金配送料30,000円オフ
宿泊予約サイト Relux ・初回限定10,000円オフクーポン
・5%オフクーポン
カタログギフト RING BELL 1,000円オフ
オーダーメイド枕 LOFTY 11,000円(税込)以上の購入で10%オフ

もちろん、上記で記載している特典はほんの一例に過ぎません。

さらに優待内容の詳細を知りたい方は、『UCプラチナカードの公式ホームページ』の優待提携企業一覧をチェックしてみてください。

Visaプラチナの各種特典を享受できる

Visaプラチナの各種特典を享受できるVISA独自のプラチナ特典も付帯!

UCプラチナカードの会員は、Visaプラチナカードならではの特典として、以下の優待を享受できます。

優待名称 優待内容
Visaプラチナトラベル 国内外の旅行が5%オフ
Visaプラチナゴルフ 国内有名ゴルフコースで利用可能な割引クーポン(3,000円オフ)など
Visaプラチナ空港宅配 ・往路:500円オフ(3個目以降は20%オフ)
・復路:500円オフ(3個目以降は20%オフ)
Visaプレミアムカーレンタル 一般価格から約15%オフ
Visaプラチナ海外Wi-Fiレンタル 通信レンタル料金が全プラン45%オフ
Visaプラチナラグジュアリーダイニング 厳選された名店などで利用可能な5,000円相当の割引クーポン
Visaプラチナホテルダイニング ホテル内レストランなどで利用可能な3,000円相当の割引クーポン
Visaプラチナ空港送迎ハイヤー 羽田空港もしくは成田空港からご自宅の間をハイグレードなハイヤー(優待価格)で送迎

こうした優待情報を知っているかどうかで、UCプラチナカードから得られる価値がずいぶんと変わってきます。

旅行好きの方は特に、Visaプラチナの各種優待をしっかりと把握しておいてくださいね。

最大1億円の旅行傷害保険が付帯

あなたは毎回の旅行の際に、万が一の時の備えを用意していますか。

UCプラチナカードを発行しておけば、以下の内容の旅行傷害保険を付帯させることができます。

海外旅行傷害保険(利用付帯)
保険の種類 補償額
死亡後遺障害 1億円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 100万円
救援者費用 200万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険の種類 補償額
死亡後遺障害 5,000万円
入院費用 5,000円/日
通院費用 2,000円/日

現在の社会情勢において、頻繁に海外を行き来する人は少ないかと思いますが、それでもやはり、もしもの時の保険は非常に重要です。

少しリアルな話をすると、海外の医療費は日本の医療費とは比べ物にならない程に高額で、たった1週間程度の入院でも、サラリーマンの平均的な年収が一瞬にして吹っ飛ぶ可能性もあります。

怖い!

と思われた方はぜひ、この機会に盤石な旅行傷害保険が備わったUCプラチナカードを作成しておきましょう。

最大300万円のショッピング安心保険が付帯

高価な商品を購入した後は常に、「失くしたらどうしよう…」という不安がつきまといますよね。

そんな不安を払拭してくれるのがUCプラチナカードに付帯するショッピング安心保険です。

補償額 最大300万円
補償期間 購入日から90日間
対象の支払い方法 国内外における全ての支払い
自己負担額 3,000円/件

通常の使用による損傷や、地震、洪水などを起因とする損害は対象外ですが、以下のようなアクシデントに見舞われた際には、ショッピング安心保険が適用されます。

  • 盗難
  • 破裂
  • 火災
  • 落雷
  • 爆発
  • 破損

あなたの大切な所持品はいつどこでトラブルに巻き込まれるか分かりません。

守っておきたい高級品は念のため、UCプラチナカードで決済しておくと良いですね。

最大3万円の通信端末修理費用保険が自動付帯

最大3万円の通信端末修理費用保険が自動付帯旅行傷害保険やショッピング保険などを網羅しているクレジットカードは珍しくないですが、UCプラチナカードのように、以下のような通信端末の修理費用に対しても自動付帯の保険が用意されているケースはレアです。

  • スマートフォン
  • スマートウォッチ
  • タブレット端末
  • ノートパソコン
  • デスクトップパソコン
  • モバイル音楽プレーヤー
  • モバイルゲーム機

ご覧の通り、スマホやパソコンのみならず、音楽プレーヤーやゲーム機なども守ってくれる点を踏まえると、UCプラチナカードの通信端末修理費用保険は非常に優秀と言えます。

ちなみに、通信端末修理費用保険で補償される金額は次の通りです。

  • 修理可能な場合:最大30,000円/年1回
  • 修理不可能な場合:保険金額の25%または購入金額の25%のいずれか小さい金額

スマホをよく落としてしまう!

普段からパソコンやゲーム機を頻繁に利用している!

そんな方は、UCプラチナカードの通信端末修理費用保険に感謝する日を迎えるかもしれませんね。

UCプラチナカードの口コミ

UCプラチナカードの口コミ格安のプラチナカードに期待の声が大きい!

飲食店を決める際に食べログで星の数やコメントを検索してしまうように、やはりUCプラチナカードの発行を検討する上でも、口コミはきちんとチェックしておきたいですよね。

当記事執筆時点では、UCプラチナカードが発行されて間もない段階のため、ここでは限りある口コミの中から参考になるものをピックアップし、考察していきたいと思います。

テーマは年会費とデザインについてです。

ぜひ以下の内容も踏まえた上で、UCプラチナカードを作成してみてください。

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

良い口コミ1|UCプラチナカードは格安のプラチナカード

どれだけスペックの高いプラチナカードでも、絶句してしまうほどの年会費だと、なかなか一歩を踏み出すことができません。

ところが次の口コミにある通り、UCプラチナカードはずいぶんと持ちやすいプラチナカードとの評価を受けています。

やはり年会費20,000円を切るプラチナカードは珍しいようですね。

最高のコストパフォーマンスでプラチナクラスの特典を活用したい方にとって、UCプラチナカードはぴったりの一枚と言えるでしょう。

良い口コミ2|UCプラチナカードはデザインがカッコいい

店員さんにカードを提示する時に、「あぁ、ダサいカードだなぁ」と思いながら出すのと、
あぁ、やっぱりカッコいいカードだなぁ」と思いながら出すのでは雲泥の差です。

もちろん、プラチナカードは素晴らしい特典や補償があってこそ価値が宿るものですが、とはいえデザイン性を無視するわけにはいかないですよね。

さぁ、もう結論は伝わっていると思いますが、UCプラチナカードのデザインに対する口コミを見てみましょう。

あなたはすでに『UCプラチナカードの公式ホームページ』でデザインをチェックしましたか。

シンプルかつクールなデザインで、場合によっては「どれだけ高額なステータスカードなの?」と周囲をビックリさせることもあるかもしれません。

ぜひあなたもUCプラチナカードを手に入れていただき、毎回の会計シーンで良い気分に浸りながら決済手続きを進めてくださいね。

UCプラチナカードの気になるデメリット

UCプラチナカードの気になるデメリットUCプラチナカードはコスパ抜群かつデザインもクールな一枚です。

ただし、どの角度から見ても100点というわけではなく、UCプラチナカードにはデメリットももちろん存在します。

発行してから「失敗した!」と頭を抱えてしまわないように、ここではUCプラチナカードのデメリットについても目を向けておきましょう。

  • UCプラチナカードにはプライオリティ・パスの特典がない
  • UCプラチナカードはステータスが高いわけではない

なんだそんなことか。全然気にしない!

と即答できる方は、今すぐにでもUCプラチナカードの作成手続きに進んで問題ありません。

一方で、少しでもUCプラチナカードのデメリットが気になった方はぜひ、以下の内容にも目を通しておいてくださいね。

UCプラチナカードにはプライオリティ・パスの特典がない

プライオリティパスプライオリティ・パス。世界中のありとあらゆる空港ラウンジを自由に利用できる旅行好きにとって最高の特典です。

プラチナカードの多くには、プライオリティ・パスの特典が付帯しているのですが、残念ながらUCプラチナカードの会員は、プライオリティ・パスを享受できません。

  • プライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジが利用できる特典
  • プラチナカードの多くにはプライオリティ・パスが付帯する
  • UCプラチナカードにはプライオリティ・パスが付帯しない

もちろん、旅先は国内に限定している方にとって、プライオリティ・パスの有無は全く気にならないでしょう。

ところが海外好きの方なら少なからず、プライオリティ・パスに対して魅力を感じるハズです。

参考までに、プライオリティ・パスの特典を最安で享受できるクレジットカードは年会費11,000円(税込)の楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードで享受可能なプライオリティ・パスのプレステージ特典は本来、429米ドル(日本円に換算して約47,000円)の年会費がかかります。

え!めっちゃコスパ良いじゃないですか!

と思わず唸ってしまった方は、UCプラチナカードに加え、楽天プレミアムカードの発行も視野に入れると良いでしょう。

UCプラチナカードはステータスが高いわけではない

クレジットカードのステータスは概ね、年会費の額面と比例します。

つまり格安プラチナのUCプラチナカードはステータス面で、高額な年会費のプラチナカードに遅れを取ってしまうというわけですね。

ただし、先ほどもお伝えした通り、UCプラチナカードはシンプルかつクールなデザインで、一瞥するだけではワンランク上のステータスカードと見分けがつかないほどです。

  • UCプラチナカードはステータスが高いわけではない
  • UCプラチナカードはシンプルかつクールなデザイン
  • UCプラチナカードは一目見ただけではステータスカードとの区別がつかない

以上を踏まえると、相当クレジットカードの知識が豊富な方や、クレジットカードのステータスに敏感な方と対面しない限り、UCプラチナカードのステータスに対して言及されることはないでしょう。

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの違いを比較|おすすめなのはどっち?

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの違いを比較|おすすめなのはどっち?UCプラチナカードの優秀さとコスパがわかる!

冒頭でチラリと触れたのですが、UCプラチナカードの下位カードにUCカード ゴールドがあります。

ちょっと私にはプラチナランクは荷が重いかもしれない…

と思われた方は本項の比較検討を参考にしつつ、UCカード ゴールドも選択肢に加えてあげると良いでしょう。

ここでは以下のテーマでUCプラチナカードとUCカード ゴールドの違いを考察していきます。

  • UCプラチナカードとUCカード ゴールドの共通項
  • UCプラチナカードとUCカード ゴールドの基本還元率
  • UCプラチナカードとUCカード ゴールドの年会費
  • UCプラチナカードとUCカード ゴールドの国際ブランド
  • UCプラチナカードとUCカード ゴールドの特典
  • UCプラチナカードとUCカード ゴールドの補償
  • UCプラチナカードがおすすめな人
  • UCカード ゴールドがおすすめな人

まずは両者の共通項をご覧ください。

その上で基本還元率や年会費、特典、補償などの項目ごとに比較を進めていけば、よりそれぞれのクレジットカードに対する理解が深まりますね。

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの共通項

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの共通項は次の通りです。

  • 空港ラウンジサービスを利用できる
  • 高級レストランのコース料理が一名分無料(UCカード ゴールドはMasterCardのみ)
  • 最大300万円のショッピング安心保険が付帯
  • ETCカードの年会費が無料

プラチナコンシェルジュサービスやVisaプラチナの各種特典、通信端末修理費用保険などは、UCプラチナカードならではのアドバンテージと言えますね。

換言すれば、コンシェルジュサービスや通信端末修理費用保険などに関心がない方なら、UCカード ゴールドでも十分に満足できるでしょう。

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの基本還元率

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの基本還元率貯まるポイントの種類と還元率が違う!
クレジットカード UCプラチナカード UCカード ゴールド
基本還元率 1% 0.5%
貯まるポイントの種類 UCポイント 永久不滅ポイント
ポイントの有効期限 およそ1年間 なし
ポイントの主な使い道 ・UCギフトカード
・Amazonギフト券
・スターバックスカード
・nanacoカード
・ジェフグルメカード
・ANAマイル
・JALマイル
・dポイント
・Pontaポイント
・nanacoポイント
・家電
・キッチン
・ヘルス/ビューティ
・アウトドア
・ファミリー
・グルメ
・UCセレクション
・UCギフトカード
・スターバックスカード
・nanacoカード
・ANAマイル
・JALマイル
・dポイント
・Pontaポイント
・nanacoポイント
・家電
・ビューティ/ヘルスケア
・キッチン
・グルメ
・ドリンク/お酒
・趣味/ゲーム

ご覧の通り、基本還元率はUCプラチナカードに軍配が上がりますが、それぞれのクレジットカードで貯まるポイントの種類が異なる点に注目です。

UCポイントが貯まるUCプラチナカードに対し、UCカード ゴールドを選んだ場合は有効期限がない永久不滅ポイントが貯まります。

UCポイントの有効期限は1年間ですから、1年以内にコンスタントにポイントを消費できるなら、UCプラチナカードの方が良いでしょう。

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの年会費

クレジットカード UCプラチナカード UCカード ゴールド
年会費 16,500円(税込) 11,000円(税込)
ETCカード 無料 無料
家族カード 3,300円(税込) 無料
※発行元がUCカードの場合は2枚目以降1,100円(税込)

一般的に、ゴールドランクからプラチナランクに上がると、年会費の額が一気に2倍〜3倍に跳ね上がるケースがほとんどですが、UCカードの場合はUCカード ゴールドとUCプラチナカードで目を見張るほどの年会費差はありません。

このことからも、UCプラチナカードがいかにお手頃なプラチナカードであるかがわかりますね。

ちなみにUCカード ゴールドの発行元には、クレディセゾンとUCカードの2種類があります。

UCカード発行のUCカード ゴールドを選択した場合、家族カードの2枚目以降は1,100円(税込)の年会費がかかることを覚えておきましょう。

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの国際ブランド

クレジットカード UCプラチナカード UCカード ゴールド
国際ブランド VISA VISA/MasterCard

UCプラチナカードならVISA一択。一方で、UCカード ゴールドを選んだ場合はVISAに加え、MasterCardの選択肢もあります。

VISAとMasterCardはいずれも、世界中のありとあらゆる店舗やサービスで決済可能な国際ブランドです。

VISAもしくはMasterCardのどちらかを一枚でも所有しておけば、今後クレジットカードの決済シーンで困ることはほぼないと言えるでしょう。

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの特典

UCプラチナカード UCカード ゴールド
・プラチナコンシェルジュサービス
・空港ラウンジ特典
・プラチナグルメクーポン
・UCプラチナカード限定の優待
・Visaプラチナの各種特典
・空港ラウンジ特典
・ゴールドClubOff特典(クレディセゾン発行分のみ)
・Taste of Premium(MasterCardのみ)
・会報誌『てんとう虫』を無料でお届け
・セゾンポイントモールの経由でネット通販がお得

プラチナランクならではの特典としてはやはり、24時間365日体制のプラチナコンシェルジュサービスが目立ちます。

高級レストランのコース料理1名分無料の特典についてですが、UCプラチナカードはもちろん、UCカード ゴールドもMasterCardブランドであれば享受可能です。

したがって、プラチナコンシェルジュサービスやUCプラチナカード限定の優待に加え、Visaプラチナ特典に対して魅力を感じるかどうかが分かれ目と言えますね。

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの補償

UCプラチナカード UCカード ゴールド
・最大1億円の旅行傷害保険
・最大300万円のショッピング安心保険
・最大3万円の通信端末修理費用保険
・最大5,000万円の旅行傷害保険
・最大300万円のショッピング安心保険

スマホやパソコン、ゲーム機などに関するトラブルを危惧する方にとってはやはり、UCプラチナカードならではの通信端末修理費用保険が気になることでしょう。

どれだけ気をつけていても、トラブルの可能性を0%にすることはできません。

このように考えると、万に一つのケースを踏まえ、より盤石な保険が付帯したUCプラチナカードの方が安心感を享受できますね。

UCプラチナカードがおすすめな人

UCプラチナカードここまでの比較検討を踏まえた上で、UCプラチナカードがおすすめな人は次の通りです。

  • プラチナコンシェルジュサービスを利用したい人
  • よりスピーディにポイントを稼ぎたい人
  • UCプラチナカード限定の優待を享受したい人
  • Visaプラチナの各種特典を享受したい人
  • より盤石な保険を付帯させたい人

UCプラチナカードとUCカード ゴールドの年会費差は5,500円(税込)です。

上記のリストをご覧いただき、5,500円(税込)以上の価値を見出せるのであれば、UCプラチナカードに決まりですね。

» 公式サイトで詳しく見る

UCカード ゴールドがおすすめな人

UCゴールドカードここまでの比較検討を踏まえた上で、UCカード ゴールドがおすすめな人は次の通りです。

  • プラチナコンシェルジュサービスの必要性を感じない人
  • できるだけ年会費負担を抑えたい人
  • 基本還元率に重きを置かない人
  • セゾンポイントモールを積極的に利用したい人
  • 最低限の保険内容で満足できる人

これらの項目にピンときた方なら、UCプラチナカードではなく、UCカード ゴールドで事足りる可能性が高いです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

UCプラチナカードの審査難易度や審査時間

UCプラチナカードの審査難易度や審査時間UCプラチナカードの審査は厳格と言えるがチャンスは大いにある

UCプラチナカードが気になるけど審査に自信がない!

UCプラチナカードはどれくらいで発行できるの?

このように思われている方にご覧いただきたいのが本項の内容です。

ここでは次の項目を挙げながら、UCプラチナカードの審査難易度や審査時間について解説していきたいと思います。

  • UCプラチナカードの発行/審査会社はUCカード株式会社
  • UCプラチナカードの審査ハードルはそこまで高くない
  • UCプラチナカードは申込みから2〜3週間程度で届く

あらかじめ大まかな審査難易度のイメージやカード発行までのスピード感を把握しておけば、必要以上にソワソワすることもありませんね。

それでは早速、各項目について詳しく見ていきましょう。

UCプラチナカードの発行/審査会社はUCカード株式会社

UCプラチナカードの発行_審査会社はUCカード株式会社クレジットカードの審査難易度を知る上で、カードの発行会社や審査会社は大きなヒントとなります。

名称からも分かる通り、UCプラチナカードの発行および審査会社はUCカード株式会社です。

UCカード株式会社は株式会社みずほ銀行の子会社であり、系統で言うなら銀行系に近い位置付けとなります。

さて、ここでクレジットカードの系統について補足しておきます。クレジットカードには以下のような分類があり、系統によってある程度、審査難易度が分かります。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

上記のうち、外資系や銀行系は特に審査のハードルが高く、その他の系統については比較的審査は易しいとされています。

じゃあUCプラチナカードの審査は厳しいの?

という声が飛んできそうですが、クレジットカードの系統だけが判断基準ではありません。

次項でもう一歩踏み込んで、UCプラチナカードの審査難易度を紐解いていきましょう。

UCプラチナカードの審査ハードルはそこまで高くない

結論から言わせてください。UCプラチナカードの審査ハードルはそこまで高いわけではありません。その根拠として、以下の項目を挙げることができます。

  • UCプラチナカードは純度100%の銀行系カードではない
  • UCプラチナカードは格安のプラチナカード
  • UCプラチナカードのステータスは高いわけではない

先ほど、UCカード株式会社はみずほ銀行の子会社であるゆえ、位置付けとしては銀行系だと記載しました。

ただしあくまでもUCカード株式会社は銀行系の子会社です。

三井住友カードや三菱UFJニコスから発行されるクレジットカードとは異なり、UCプラチナカードは純度100%の銀行系カードではありません。

また、UCプラチナカードの年会費やステータス性を考慮に入れると、高額なプラチナカードよりはずいぶん審査を攻略しやすいと言えるでしょう。

もちろん、一般カードやゴールドカードと天秤にかけるなら、UCプラチナカードの審査は厳しいですが、一般的なプラチナカードの中では、UCプラチナカードは入手しやすい一枚ですよ。

参考» UCプラチナカードの審査基準や難易度は?審査に突破する為のチェックポイントや時間を解説!

UCプラチナカードは申込みから2〜3週間程度で届く

とにかく急ぎでクレジットカードを発行したい方にとって、UCプラチナカードの発行スピードは気になるところですよね。

結論としては、UCプラチナカードは申込みから2〜3週間で届きます。

即日、あるいはたった数日で発行されるクレジットカードが世の中に存在することを踏まえると、UCプラチナカードにエントリーした後は、少しだけ焦らされるかもしれません。

ただし、2〜3週間というのは目安であり、場合によってはよりスピーディにUCプラチナカードが届く可能性もあります。

  • UCプラチナカードは申込みから2〜3週間程度で届く
  • 2〜3週間は目安であり、よりスピーディにUCプラチナカードが届く可能性もある

一点だけ注意していただきたいのが、申請内容と必要書類の不備です。

申請内容や必要書類に何かしらの不足があると、審査が思うように進まず、想定以上の時間がかかってしまいますよ。

UCプラチナカードを入手しよう!

UCプラチナカードここまでの内容をご覧いただいた方なら、UCプラチナカードのみならず、下位カードのUCカード ゴールドに対する理解も深まったことでしょう。

最後に振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

  • UCプラチナカードは格安でプラチナコンシェルジュが活用できる新カード
  • UCプラチナカードは安定した収入があり、社会的信用を有する方が申込み対象
  • UCプラチナカードの年会費やデザインに対する口コミは良好
  • UCプラチナカードにはプライオリティ・パスの特典がない
  • UCプラチナカードはステータスが高いわけではない
  • UCプラチナカードの下位カードにUCカード ゴールドがある
  • コンシェルジュサービスや盤石な保険に魅力を感じるならUCプラチナカードがおすすめ
  • コンシェルジュが不要な方や年会費負担を抑えたい方はUCカード ゴールドがおすすめ
  • UCプラチナカードの発行/審査会社はUCカード株式会社
  • UCプラチナカードの審査ハードルはそこまで高くない
  • UCプラチナカードは申込みから2〜3週間程度で届く

UCプラチナカードは格安で保有可能なプラチナカードで、かつ24時間365日体制のコンシェルジュサービスが付帯しています。

ぜひ当記事の内容を参考にしていただき、様々なシーンでUCプラチナカードを使いこなしてみてくださいね。

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレコミ】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪