ポイントカードの特典

意外と知られていないTポイントカードを利用するメリット・デメリットを解説!

TポイントカードはTポイントが貯まるカードですが、そのメリットは意外と知られていません。

Tポイントカードを持っていても、「ファミリーマートのお買い物でTポイントを貯める以外に使ったことがない…。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにファミリーマートでお買い物をすればTポイントは貯まりますが、その使い方だけでは非常にもったいない!

そこで、Tポイントカードを利用するメリットについて詳しく解説していきます。

メリットだけではなくデメリットもしっかり知っていただきたいので、わかりやすくまとめていきましょう。

ぜひ参考にして、Tポイントカードを使い倒してくださいね。

Tカード Prime

\高還元カード!/
» 公式サイトで詳しく見る

参考記事»  一番お得なTポイントカードの作り方・種類を解説|おすすめなTカードはコレだ!

Tポイントカードを利用するメリットは多い!

Tポイントカードを利用するメリットは多い!Tポイントカードの種類がかなり多くある

Tポイントカードを利用することでお得になることなどメリットがとても多いのです。

まずは、Tポイントカードにどんなメリットがあるのかを以下にまとめましょう。

  • Tポイント加盟店が多い
  • Tマネーが使える
  • TSUTAYAでCD・DVDのレンタルができる
  • ソフトバンクの利用料でポイントが貯まる・使える
  • T-SITEに登録でポイントが貯まる
  • Tポイントを他社のポイントに交換できる

ざっと挙げただけでもこれだけのメリットがあります。「Tポイントカードはメリットが少なそう…。」と思っていたなら、ちょっと驚きの内容ではないでしょうか?

では早速、Tポイントカードを使うメリットについて詳しく解説していきましょう。

Tポイント加盟店が多いのでTポイントを貯める機会が増える!

Tポイント加盟店は、お買い物の際にTポイントカードを提示すればTポイントが付くお店のことで、精算のときにTポイントカードを提示すると200円につき1ポイントが貯まります。

  • Tポイントカード提示:200円につき1ポイント

ポイント還元率は0.5%となりますのでそれほど高い還元率とは言えませんが、ちりも積もれば山となる!

Tポイント加盟店が非常に多いので、上手に加盟店を利用すればポイントが貯まりやすいのです。

では、どんなお店がTポイント加盟店になっているのかを下記にまとめましょう。

店舗名
コンビニ
  • ファミリーマート
スーパー
  • マルエツ
  • 東武ストア/フエンテ
  • リウボウストア
  • プラッセ&だいわ等
ドラッグストア
  • ウエルシア
  • ハックドラッグ
  • ドラッグイレブン
  • ドラッグユタカ
  • 日本メディカルシステム
  • 金光薬品等
飲食店
  • ガスト
  • バーミヤン
  • 夢庵
  • 吉野家
  • 牛角
  • 大阪王将
  • ロッテリア
  • 出前館等
ファッション関連
  • 洋服の青山
  • THE SUIT COMPANY
  • ミフト
  • ファミリア
  • コンタクトのアイシティ
  • メガネ市場
  • メガネのアイガン等
車関係
  • ENEOS
  • オートバックス
  • メルセデス ベンツ
  • ニッポンレンタカー
  • 三井のリパーク等
家電・カメラ
  • エディオン
  • 日立チェーンストール
  • カメラのキタムラ等
ホームセンター
  • 島忠
  • ホームズ
  • ジョイフル本田
  • ヤスサキ ワイホーム等
ネットショップ・通信販売など
  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO
  • ネットオフ
  • ギフトランド/お土産宅配便
  • シャディギフトモール
  • カメラのキタムラネットショップ等
書籍・ゲーム
  • TSUTAYA
  • 蔦屋書店
  • 新星堂
  • GYAO!ストア
  • マイナビBOOKS
  • 復刊ドットコム
  • Shufoo!等
スポーツ関係
  • アルペン
  • ゴルフ5
  • スポーツデポ
  • オニツカタイガー
  • アシックス
  • 東急スノーリゾート
  • 福岡ソフトバンクホークス等
旅行関連
  • Tトラベル
  • 東急ホテルズ
  • Yahoo!トラベル
  • マイナビトラベル等
その他
  • ソフトバンク
  • Ameba
  • マイナビ
  • トーンモバイル
  • 高梁市図書館
  • VIPライナー
  • 得タク
  • ヤマト運輸
  • 賃貸住宅サービス
  • 東京電力エナジーパートナー
  • MADOショップ(YKK AP)
  • シャディ サラダ館
  • ふるまる/ふるさと納税等

有名なお店などを一部ピックアップしただけでも、これほどまでにTポイント加盟店があるのです。

Tポイント運営元であるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の公式発表では、現在179社、941,898店舗の加盟店があります。(ドトールは脱退)※出典:CCC

これだけの加盟店があれば、どんなお買い物でもTポイントが貯まりそうですね。まだまだTポイント加盟店がありますので、気になる方はこちらの『T-SITE』で探してみるといいでしょう。

Tポイントカードは色々な企業が発行していますが、一番お得なのはどこなのかについて『一番お得なTポイントカードの作り方・種類を解説|おすすめなTカードはコレだ!』の記事で詳しく解説しています。

Tマネーが使える

意外と存在自体と知られていないTマネーは、Tポイントカードに付帯している電子マネー機能のことです。

現金をチャージしておけば、キャッシュレスで支払いができる上に、1か月のTマネー利用合計金額に500円に対して1ポイントが加算されます。

Tポイント加盟店で200円につき1ポイントが貯まり、さらにTマネー払いなら500円につき1ポイント貯まるので、利用しない手はありませんね。

  • Tポイント加盟店:200円につき1ポイント
  • さらにTマネー払い:500円につき1ポイント

Tマネーが使えるTポイントカードかどうかは、カードの裏面を見るとわかります。Tポイントカードの裏に『Tマネーのご利用について』と記載されているTポイントカードはTマネーが使えます。

Tマネーが使える持っているTポイントカードにTマネーが付帯しているかチェック!

ただし、T-SITEのであなたの情報登録がしていない場合はTマネーが利用できないので、Tポイントカード裏面にあるQRコードを読み取って情報登録を行いましょう。

TSUTAYAでCD・DVDのレンタルができる

TSUTAYAではCDやDVDのレンタルができますが、レンタルを行う際に必要になるのがTポイントカードです。

Tポイントカードに、レンタルするときに必要なあなたの情報(氏名・住所・電話番号等)を登録するので、Tポイントカードが無いとレンタルできないのです。

TSUTAYAでレンタルできるように登録してもらうときには、お店によって登録料が必要になります。

各都市のレンタル登録料を一部まとめてみました。

新規登録料
(税込)
更新料
(税込)
東京:SIBUYA TSUTAYA 330円 無料
愛知:TSUTAYA 名古屋栄店 220円 220円
大阪:TSUTAYA EBISUBASHI 無料 330円
福岡:TSUTAYA 天神駅前福岡ビル 330円 330円

TSUTAYAは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が管理していますが、実際の経営は個々の法人であるため、登録料やキャンペーンなどは各経営者にお任せしています。

そのため、TSUTAYAのレンタル登録料にも違いがあるのです。

あなたの自宅や職場の近くにTSUTAYAがいくつかあるのなら、レンタル登録料の安いお店を探してそこでレンタル登録するのもいいかもしれませんね。

どこのお店で登録しても、全国のTSUTAYAでレンタルができます。

さらに、TSUTAYAは『ランクアップシステム』を行っており、利用日数によってランクが上がっていき、獲得できるポイント数も下記のように上がります。

ランク 1か月の利用日数 200円に対して付くポイント数
ブロンズ 1日~2日 1ポイント
シルバー 3日~4日 2ポイント
ゴールド 5日以上 3ポイント

金額に関係なくTSUTAYAでレンタル・商品の購入をすれば、ランクアップして獲得できるポイント数もどんどん上がります。

ただし、ランクアップおよびポイント付与には注意事項がありますので、下記にまとめました。

  • ポイントを使用して購入した商品
    ⇒ポイント対象外
  • 「レンタル無料券」などの使用で支払金額が0円の場合
    ⇒ポイント対象外
  • レンタル追加料金
    ⇒ポイント対象外
  • 金券やプリペイドカード、図書カードの購入代金
    ⇒ポイント対象外
  • オンラインショッピングなどの店頭受け取り
    ⇒ポイント対象外
  • 1日で同じ店舗を数回利用してもカウントは『1日』
  • レンタルの返却のみはに数をカウントしない
  • 一部ランクアップ対象外店舗あり

TSUTAYAで好きな映画や音楽をレンタルして楽しみ、ポイントもガッツリと貯めていきましょう。

TSUTAYAの借り方は『Tポイントカードを使ってTSUTAYAでの借り方や登録料を解説|レンタル登録料は店舗で違う!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ソフトバンクの利用料でポイントが貯まる・使える

ソフトバンクの利用料でもTポイントが貯まることをご存知でしたか?

数年前まではソフトバンク独自のポイントシステムでポイントが貯まっていましたが、現在では利用料でTポイントが貯まります。

  • ソフトバンク利用料:1,000円につき
    ⇒5ポイント

さらに、下記のようにTポイントでソフトバンクの利用料の支払いができるのです。

  • 1ポイント=1円分
  • 1ポイントから携帯電話料金に利用可能

ソフトバンクの利用料でTポイントを貯めたり使ったりするためには、ソフトバンクにTポイントカードの情報を登録する必要がありますので、下記の方法でTポイントカードの情報を登録しておきましょう。

  • 全国のソフトバンクショップで登録
  • ソフトバンク利用者専用サイト『My SoftBank』で登録
  • ソフトバンク携帯電話・ 一般電話で登録
    ⇒0800-919-5013 (通話料無料/年中無休/24時間)

登録方法がよくわからない場合は、ソフトバンクショップに携帯電話とTポイントカードを持って行けば、お店の人が登録してくれます。

Tポイントカードを持っていない場合は、ソフトバンクカード(審査なし/Tカード機能付きプリペイドカード/無料)をその場で発行することも可能です。

T-SITEに登録でポイントが貯まる

Tポイントカードを入手したときに、まず最初に行うのはT-SITEへの情報登録です。

T-SITEに登録しておくと、ポイントを使えるようになるだけでなく、サイト内にある様々なサービスでTポイントを貯めていくことができます。

どんなサービスがあるのかを下記にまとめましょう。

  • キャンペーン参加
  • ミニゲーム
  • Tアンケート/Q&Aアンケート
  • Tモニター
  • Tプレゼント(クイズ)
  • Tスタンプラリー
  • Tポイントくじ
  • Tカードグランプリ
  • Tポイント交換 など

ミニゲームやくじでポイントを貯めるのもいいですが、ガッポリとポイントを獲得したいならTモニターがおすすめです。

「ガッポリ貯まるならやってみたいけど、Tモニターって何?」

Tモニターに挑戦してみたいあなたのために、Tモニターについて詳しく解説していきますね。

Tポイントカードの登録方法は『Tポイントカードの登録方法|Tポイントを使うには登録が必要&複数枚の登録方法』の記事で詳しく解説しています。

Tポイントをガッツリ貯めるならTモニター

Tモニターいつもの外食でもTポイントが多くもらえることも!

Tモニター』とは、Tモニターのページに載っているお店の中から好きなお店を選んで、実際にお店に行き、アンケートに答えると謝礼としてTポイントがもらえるミステリーショッパー(覆面調査)のことです。

飲食店や鍼灸院、マッサージ店やプロレス観戦などたくさんのお店がTモニターを募集しています。その一部を下記にピックアップしました。

  • 丸鶏 藤や(料理品質調査):謝礼50%(上限6,000ポイント)
  • 東北料理とお酒 北六 王子駅前店(料理品質調査):謝礼50%(上限5,000ポイント)
  • iCure鍼灸接骨院 人形町2:謝礼3,000ポイント
  • Salon de chacha 渋谷本店:謝礼50%(上限4,000ポイント)
  • プロレス観戦『後楽園ホール大会』4月14日(日)OZアカデミー女子プロレス:謝礼100%(上限4,000ポイント)

モニターに成功すれば、謝礼として上記のようにTポイントがガッツリもらえます。

上記のお店以外にもたくさんのお店が調査の対象となっていますが、人気のお店はすぐに応募が殺到し締め切られてしまいます。

気になるお店があったら、早めに応募するようにしましょう。

調査の仕方は各お店の説明に詳しいやり方が記載してあり、初めての方でもモニターに成功できるようにわかりやすく解説してありますが、その流れを簡単に下記にまとめますね。

  1. 好きなお店を探す
  2. モニターに応募する
  3. 応募したらすぐに抽選が始まり、結果がすぐにわかる
  4. 当選したらお店に行く、または商品を購入する
    ※モニターの注意事項とアンケート内容を確認してからお店に行く。
  5. マイページからアンケート記入・店舗モニターはレシート画像をアップロード
  6. 認証されれば謝礼のポイント獲得!

調査をするときは、お店側にモニターであることがわからないようにしなければなりません。モニターであることがわかってしまうと、謝礼がもらえないこともあるようです。

事前にアンケートの内容や調査の仕方などを、しっかりと確認しておきましょう。

Tポイントを他社のポイントに交換できる

Tポイントカードで貯まったTポイントを、他社のポイントに交換することもできます。

まずは、ポイント交換ができる提携先と交換レートを表にまとめましょう。

提携先名称 交換レート
ANA Tポイント:500ポイント:→ ANA:250マイル
※500ポイント以上、500ポイント単位
中部電力 カテエネポイント Tポイント:100ポイント→ 電気料金:100円分
※100ポイント以上、100ポイント単位
HAPPY GO Tポイント:10ポイント→ HAPPY GOポイント: 6ポイント
※1ポイント以上、1ポイント単位
提携先名称 交換レート
ジャパンネット銀行 Tポイント:100ポイント→85円(換金率:85%)
※1,000ポイント以上、100ポイント単位
Suica Tポイント:1,000ポイント → Suica:1,000円分

特に、ANAマイルを貯めている方やSuicaを利用している方にとっては、貯めたTポイントを交換できるのは嬉しいですよね。

ジャパンネット銀行の口座を持っているなら口座にTポイントを入金できるので、ポイントが現金にできるというわけです。

Tポイントカードはたった1枚でポイントカード・TSUTAYAレンタルカード・電子マネーの3役をこなす上に、ポイントをたくさん貯めていけば使い道も多くありますので、メリットも大きいと言えますね。

Tポイントカードを利用するデメリットも知っておこう!

Tポイントカードを利用するデメリットも知っておこう!Tポイントカードにはこれだけたくさんのメリットがあるなら、デメリットなんてないように感じるかもしれませんね。

しかし、メリットの裏にはデメリットもちゃんとあるのです。

デメリットを知っておかないと、後に「こんなはずではなかった!」という事態も起こるかもしれません。

そうなる前にデメリットについてもしっかり覚えておきましょう。まずは、Tポイントカードを利用することでデメリットになる部分を以下にまとめましょう。

  • ポイント還元率が高くない
  • 個人情報が色々な企業に提供される

ちょっと気になるデメリットが出てきました。では早速、デメリットの詳しい内容を解説していきましょう。

ポイント還元率が高くない

近年たくさんのポイントカードが出ており、カード提示でポイント還元が1%得られるというものも増えてきました。

その中でTポイントカードはポイント還元率が0.5%なので、還元率が1%のポイントカードに比べて半分の還元しかありません。

たとえば、2,000円のお買い物をしたとしましょう。

ポイント還元率が1%のカードと、Tポイントカードの還元率0.5%では、以下のように獲得できるポイント数に大きく違いが出てしまいます。

  • ポイント還元率1%
    ⇒2,000円のお買い物なら20ポイント獲得
  • Tポイントカードの還元率0.5%
    ⇒2,000円のお買い物なら10ポイント獲得

同じ2,000円のお買い物をしても、Tポイントカードの方が10ポイントも少ないという結果になりました。

これだと、ちょっと損した気分…。」と感じるかもしれません。

しかし、先の章でもお伝えしましたが、Tポイント加盟店の多さは他のポイントシステムの加盟店を圧倒するほどです。

街のあちこちにこれだけのTポイント加盟店があるというメリットは、他のポイントシステムにはない大きなメリットなのです。

個人情報が色々な企業に提供される

どのポイントカードもそうですが、カードを利用する際に登録した個人情報は、提携しているお店や会社に提供されています。

つまり、あなたが利用しないお店や会社にあなたの情報が提供されている可能性もあるのです。

個人情報が悪用されることがある昨今、自分の情報がどのように漏れているかわからない分心配になりますよね。

しかし、個人情報を提供されるデメリットは、回避することができます。個人情報提供を回避するためには、個人情報提供の停止手続きを行います。

手続き方法は以下の3通りです。

  • Web『T-SITE』で手続き(Yahoo!JAPAN ID必須)
  • Web『Tカード番号での提携先への個人情報提供の停止』(Yahoo!JAPAN ID不要)
  • 郵送『届出書』

上記3つの個人情報停止手続きは、『個人情報提供の停止ガイド』から行いましょう。

では、3つの中から【Web『T-SITE』で手続き】の流れを以下にまとめますね。

  1. 個人情報提供の停止ガイド』にアクセス
  2. Web『T-SITE[Tポイントカード/Tカード]』のボタンをタップ
  3. 「提供先への個人情報提供の停止」の画面が出たら、登録しているTカード番号を確認
  4. 情報提供先へのチェックがあるので、提供されたくないお店・企業のチェックを外す
  5. 注意事項をよく読んで『設定を変更する』をタップ
  6. 【情報提供先の設定変更完了】の画面が出たら終了

4番目の『情報提供先へのチェック』について、実際にサイトを見てみるとわかるのですが非常にたくさんの提携企業へ情報が提供されていることがわかります。

情報提供といっても、あなたの氏名や住所などが提供されるわけではなく、Tカード番号や性別・年齢・購入履歴などが提供されているのです。

しかし、氏名や住所が提供されていないとわかっていても心配になりますよね。個人情報の提供を停止したいなら、上記の手続きを行って停止しておきましょう。

情報提供を再開する場合も同じ手順でサイトにアクセスし、チェックを入れれば情報の提供が開始されます。

ただし、個人情報提供の停止手続きについて注意しておきたいことがありますので、以下にまとめていきます。

個人情報提供の停止手続きについての注意事項

T-SITEの『よくある質問』の中に以下のような記述があります。

T会員規約第4条第2項に定める各個人情報のうち、同条第3項に記載する利用目的の達成に必要な範囲の項目になります。詳細はT会員規約を必ずご確認ください。

具体的には以下のような情報を提供する場合があります。

例① ポイントサービスの運用に必要な情報
⇒ポイントご利用時に、Tカードの有効性、Tカード番号に紐付くポイント数など

例② 新メニューの開発を目的とした分析に用いる為の情報
⇒性別、年代、ご注文いただいたメニュー(商品情報)など

引用:T-SITE『よくある質問』

上記の【例① ポイントサービス運用に必要な情報】とありますが、この情報の提供を停止することでTポイントカードが情報提供を停止したお店で利用できなくなることがあります。

また、もうひとつの『よくある質問』には以下の記述もあります。

提供を停止するとご利用のサービス自体を停止する事になるケース等は、お客さまご自身でサービス利用解除などの手続きをいただく必要がございます。

引用:T-SITE『よくある質問』

情報提供を停止したことでそのお店でTポイントカードが使えなくなることがありますので、どの情報を停止するかをよく考えてから個人情報提供の停止手続きを行ってくださいね。

一番お得でおすすめなTカード|Tポイントのメリットを最大限いかせる!

一番お得でおすすめなTカード|Tポイントへも交換可能なカード特集せっかく貯めるならお得なTカードを選ぼう!

せっかくTポイントを貯めていき、利用するをなら、効率よくTポイントが貯まる一枚を発行したいですよね。

そこでここでは、一番お得でおすすめなTカードとして、以下の3枚を紹介していきたいと思います。

  • Tカード Prime
  • ファミマTカード
  • Tカードプラス(SMBC モビット)
みお
みお
特に日曜日には還元率が1.5%、加盟店以外でもいつでも1%の高還元を誇るTカード Primeがおすすめ!

結論だけを先出しすると、最もスピーディにTポイントが貯まるのはTカード Primeです。

もちろん、他のクレジットカードもおすすめの要素が豊富にあるので、ぜひ以下の内容を参考にしてみてください。

Tポイント貯めるにはおすすめ!Tカード Prime

Tカード Prime
基本還元率 一般加盟店:1%
Tポイント提携店舗:1.5%
日曜日の利用:1.5%〜2%
リボ払いの利用:2%
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
国際ブランド MasterCard
ETCカード 永年無料
家族カード なし

» 公式サイトを見る» 特典を見る

主な特典
  • Tポイント提携店舗で1.5%還元
  • 日曜日のカード利用は1.5%〜2%還元
  • リボ払い分に対しては2%還元
  • J’sコンシェルで様々な優待を享受できる
  • TSUTAYAレンタル登録/更新料無料
  • 最大1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
  • 最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

Tカード Primeなら日曜の利用は1.5%〜2%還元

他のTカードでは得られないTカード Primeの目玉特典に、日曜における1.5%〜2%還元が挙げられます。

  • 日曜以外のカード利用:1%
  • 日曜日のカード利用:1.5%(Tポイント提携店舗なら2%)

いつでもどこでも1%のTポイントを享受できるだけでも申し分ないですが、日曜なら1.5倍〜2倍速で節約効果が上がるのは嬉しいですね。

Tカード Primeを発行するならぜひ、日曜日のまとめ買いを意識し、じゃんじゃんTポイントを稼ぎまくってください。

ファミマやファミペイ利用者におすすめなファミマTカード

ファミマTカード
基本還元率 一般加盟店:0.5%
Tポイント提携店舗:1%
ファミリーマート:2%
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
ETCカード 永年無料
家族カード  なし

» 公式サイトを見る» 特典を見る

主な特典
  • ファミリーマートで2%還元
  • Tポイント提携店舗で1%還元
  • 国内外のパッケージツアーが3%〜8%オフ
  • ポケットモールの経由でネット通販がお得になる
  • 最大50万円の海外お買い物保険が付帯

ファミマTカードならファミリーマートで2%還元

ファミマTカードの基本還元率は0.5%と少々寂しいですが、ファミリーマートならなんと、2%のTポイントを獲得できます。

  • 一般加盟店:0.5%
  • Tポイント提携店舗:1%
  • ファミリーマート:2%

世の中にはありとあらゆるクレジットカードが存在しますが、ファミリーマートにおける還元率で、ファミマTカードの右に出る一枚はありません。

ファミリーマートに足繁く通う方なら、この機会にファミマTカードを作成しておかないと大きく損しますよ。

Tカードプラス(SMBC モビット)

Tカードプラス(モビット)
基本還元率 一般加盟店:0.5%
Tポイント提携店舗:1%
年会費 永年無料
国際ブランド MasterCard
ETCカード 初年度:無料
2年目以降:550円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
家族カード なし

» 公式サイトを見る» 特典を見る

主な特典
  • Tポイント提携店舗で1%還元
  • モビットカードローンの機能が付帯
  • 最大100万円のお買い物安心保険が付帯

Tカードプラス(SMBC モビット)ならTポイント提携店舗でガンガン稼ぐ

Tカードプラス(SMBC モビット)はMasterCardの決済機能とTカード機能に加え、モビットカードローンの機能が付帯した一枚です。

カードローンの利用を検討している方や、一般的なクレジットカードの審査をクリアできない人には、こちらのTカードプラス(SMBC モビット)がおすすめと言えます。

さて、Tカードプラス(SMBC モビット)でTポイントを効率よく稼ぐならやはり、Tポイント提携店舗が狙い目です。

Tカードプラス(SMBC モビット)の基本還元率は0.5%と少し物足りないですが、Tポイント提携店舗なら安定して1%還元を享受できます。

  • 一般加盟店:0.5%
  • Tポイント提携店舗:1%

Tポイント提携店舗はファミリーマートやTSUTAYA以外にも、多種多様な店舗があります。

ぜひ『Tポイントの公式ホームページ』をチェックしていただき、効率よくTポイントを稼ぎましょう。

Tポイントのメリットを最大限いかすならTカード Primeを活用しよう!

Tポイントをザクザク貯めるならTカード Primeを活用しよう!Tポイント経済圏へ!

さて、本項では様々なTカードをご紹介してきましたが、結論として、Tポイントを最速でザクザク貯めるならTカード Primeをおすすめします。

他のTカードの基本還元率は0.5%のものが多く、Tポイント加盟店で利用してもせいぜい1%の還元が関の山です。

一方、Tカード Primeならいつでもどこでも1%還元を享受できる上、日曜日のカード利用なら基本の還元率が1.5%に飛躍します。

Tカード Primeつまり日曜にTポイント加盟店でTカード Primeを利用すれば、2%のTポイントを稼げるというわけですね。

また、Tカード PrimeはTポイントの稼ぎやすさ以外にも、以下のような幅広い特典があります。

  • Tポイント提携店舗で1.5%還元
  • 日曜日のカード利用は1.5%〜2%還元
  • リボ払い分に対しては2%還元
  • J’sコンシェルで様々な優待を享受できる
  • TSUTAYAレンタル登録/更新料無料
  • 最大1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
  • 最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

改めて強調しておきますが、Tカード Primeは年会費無料で保有可能な一枚です。

年会費無料で還元率が高く、国内外の旅行傷害保険まで付帯しているなら文句の付けようがありませんよね。

ぜひあなたもこの機会にTカード Primeを作成してみてはいかがでしょうか。

» 公式サイトで詳しく見る

Tポイントカード作成によくある質問

Tポイントカードのメリットは具体的に何がある?

ここ最近では大手チェーンのTポイント加盟店が減少傾向ですが、それでも充分すぎるほどの加盟店は他を圧倒しています。また、大手チェーンだけではなく、個人店などでもTポイント加盟店は多く、幅広い利用シーンがあるので、ポイント獲得チャンスが多いことが大きなメリットと言えます。

Tポイントカードのデメリットは?

Tポイントカード自体にデメリットはありませんが、TSUTAYAでレンタルする際には登録料が必要になったりする場合があります。しかし、紹介しているおすすめのTカードを使うことで登録料が無料になったり、加盟店以外でもカード利用でTポイントをザクザク貯めることが可能です。

Tポイントカードはどこで作れる?

Tポイントカードは加盟店でカードを配布している場合もありますし、オリジナルコラボ等のTポイントカードをネットで売られていたりします。基本的には無料で発行でき、今ではアプリでも発行できるので、すぐに入手可能です。

Tポイントカードのメリット・デメリットまとめ

Tポイントカードはポイント還元率が0.5%となっており、還元率はあまり高い方ではありませんが、たくさんのTポイント加盟店があるためあちこちでTポイントが貯まっていきますね。

Tマネーを上手に利用すれば、カード提示で0.5%のポイントが貯まるだけでなく1か月のTマネー利用金額1,000円に対し5ポイントが加算されますので、Tポイントがもっと貯まっていくことでしょう。

しかし、もっと早くガッツリとTポイントを貯めたいなら、Tカード Primeを使うのが一番です。何せ、Tカード Primeは爆速でTポイントが多く貯まるカードなので。

Tポイントをしっかりと貯めていけば、お買い物でお得になるだけでなく他社のポイントへの交換もできますので、あなたのライフスタイルに合った使い方ができます。

あなたの生活がTポイントでどんどんと潤っていきますよ。

ABOUT ME
クレコミ編集部
クレコミ編集部
日本最大級を目指すクレジットカードの口コミ・比較サイト【クレコミ】編集部。クレジットカード利用者からの各カードの口コミ情報や、カードの特典、クレジットカードで得られたポイントの使い道などを紹介。ぜひあなたの利用しているクレジットカードの正直な感想、口コミの投稿をお待ちしています。