電子マネーの特典

SMART ICOCAのメリット・デメリット|ICOCAはSMART ICOCAで便利に活用しよう!

JR西日本が発行しているSMART ICOCAは、使えば使うほどポイントが貯まる交通系電子マネーカードで、ポイントが貯まる以外にもたくさんのメリットがあります。

更に、記名式カードとなっているため、あなた以外の人が利用・悪用するといった心配が少ないのもメリットです。

ICOCAには一般的なタイプのものもありますが、SMART ICOCAとどのような機能の違いがあるのか、メリットにどのような違いがあるのかを詳しく知っていますか?

そこで、SMART ICOCAのメリットを詳しくご紹介し、通常のICOCAとの違いをわかりやすく解説していきます。

SMART ICOCAには、メリットだけでなくデメリットもあるので、SMART ICOCA購入前にデメリットについてもしっかり覚えてくださいね。

SMART ICOCAのメリット・デメリットを知って、SMART ICOCAを上手に使っていきましょう。

SMART ICOCAを利用するメリット

SMART ICOCAを利用するメリットSMART ICOCAには、メリットがたくさんあるとお伝えしましたよね。

詳しい内容を解説する前に、SMART ICOCAのメリットを簡単に下記にまとめましょう。

  • 改札をタッチでスムーズに通過
  • 記名式だから悪用される心配が少ない
  • 現金なしでチャージ可能
  • ICOCAポイントが貯まる
  • J-WESTカードならJ-WESTポイントが貯まる
  • 紛失しても再発行可能
  • WEBで利用履歴・ICOCAポイント履歴が確認できる

上記のメリットの中には、SMART ICOCAでしか得られないメリット・特典もあります。では早速解説していきましょう。

SMART ICOCAを使って改札をタッチでスムーズに通過

通常であれば、電車に乗る前に券売機で切符を購入してから、自動改札機の乗車券投入口に切符を入れて改札を通過するため、何かと面倒な作業が必要ですよね。

しかし、SMART ICOCAを持っていれば、事前に登録したクレジットカードでクイックチャージができるので、チャージしたSMART ICOCAを自動改札機にタッチするだけでスマートに改札を通過できます。

降車後の改札でも同じようにタッチで通過できるので、とっても便利です。

SMART ICOCAは記名式だから悪用される心配が少ない

SMART ICOCAは、持ち主の名前を券面に入れる記名式カード。

カードにあなたの名前が印刷されるので、他人に悪用される心配が少なくなります。

また、万が一SMART ICOCAを落としてしまっても、あなたの名前が記載されているので、手元に戻ってくる可能性が高くなります。

SMART ICOCAは現金なしでチャージ可能

通常のICOCAであれば、チャージするときに現金を準備しておかなくてはいけません。

しかし、SMART ICOCAならクレジットカードの登録ができるため、クレジットカードの『クイックチャージ』が可能です。

つまり、事前に現金を準備しなくてもいいのです。

クイックチャージは、駅にある下記の端末で操作できます。

  • クイックチャージ機
  • 自動券売機
  • 入金機
  • のりこし精算機
    ※押ボタン型のりこし精算機は現金のみ

クイックチャージできる金額は、3,000円・5,000円・10,000円です。

ただし、SMART ICOCA内の残高は、20,000円を超えることができません。SMART ICOCAの残高を確認してからチャージをしましょう。

また、クイックチャージの限度額が下記のように決まっています。

限度額
1日 20,000円まで
1か月 40,000円まで

この点だけは注意しておきましょう。

SMART ICOCAなら登録不要でICOCAポイントが貯まる

SMART ICOCAを利用すると、ICOCAポイントが貯まるようになります。

通常のICOCAでポイントを貯めようと思ったら、事前にICOCAポイントの利用登録をしなければいけません。

しかし、SMART ICOCAならわざわざ利用登録をしなくてもICOCAポイントが貯まるのです。

ICOCAポイントは、電車を利用した時と電子マネーを利用した時に貯まります。

  • 電車利用でポイントが貯まる
  • 電子マネー利用でポイントが貯まる

一般的なカードのポイント加算の仕組みとはちょっと違い、利用方法や利用回数でポイントの貯まり方が変わるので、それぞれのポイントの貯まり方を解説しましょう。

電車利用でICOCAポイントが貯まる仕組み

SMART ICOCAで電車を利用すると、時間指定ポイントと利用回数ポイントの2つのポイントが貯まります。

  • 時間指定ポイント
  • 利用回数ポイント

どのようにしてICOCAポイントが貯まるのか、その条件と仕組みを下記の表にまとめましょう。

時間指定ポイント 詳細
ポイント率 運賃の30%または50%
適用区間 JR西日本の『時間帯指定ポイント適用区間』京阪神地区の一部
適用時間 平日:10時~17時に入場または出場
土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始:終日(始発から最終まで)
カウント期間とカウント条件 1か月でカウント(1日から末日)適用区間の区間ごとの4回目以降の利用1回ごと
その他 ポイント率は区間によって変わる
利用回数ポイント 詳細
ポイント率 運賃の10%
適用区間 JR西日本のICOCAエリア内の駅相互間の利用
カウント期間とカウント条件 1か月でカウント(1日から末日)
同一運賃区間の11回目以降の利用1回ごと
その他 時間帯指定ポイントがついた区間は対象外
※ただし、時間帯指定ポイントの対象回数に至らなかった区間は、利用回数ポイントにカウントする

各ポイントとも、1か月間に利用した回数をカウントしてポイントが計算されます。

時間指定ポイントは4回目以降の利用がポイントの対象となり、利用回数ポイントは11回目以降の利用がポイントの対象です。

つまり、SMART ICOCAを使う回数が多ければ多いほど、ICOCAポイントの対象回数が増えるということですね。

電子マネーでICOCAポイントが貯まる仕組み

SMART ICOCAが利用できるお店で、電子マネーを使って決済すると、下記のようにICOCAポイントが貯まります。

  • 原則、各加盟店での1か月間利用額200円に対して1ポイント

通常の電子マネーとは違い、SMART ICOCAを利用できるお店ごとに1か月単位でポイントを計算するので、少々ややこしいかもしれません。

ここで、ICOCAポイントの計算例を挙げてみましょう。

curico自販機 コカ・コーラ自販機
1か月間に購入した商品 150円のドリンク×2本 150円のドリンク×1本
1か月間の合計利用額 300円 150円
加算されるICOCAポイント 1ポイント 0ポイント

上記の表のように違う自販機で飲み物を購入すると、それぞれの自販機ごとに1か月間の利用額を計算し、その合計額に対してICOCAポイントが加算される仕組みなので、同じ自販機を利用したほうがICOCAポイントが貯まりやすいのです。

さて、SMART ICOCAで電子マネー決済ができるお店は、ICOCA加盟店やICマークがあるお店です。

しかし、ICOCAポイントが貯まるお店はまだ一部と限られているため、SMART ICOCAで決済できたからと言ってポイントが必ず貯まるとは限りません。

ICOCAポイントが貯まるお店は、下記の通りです。

  • イトーヨーカドー
  • Ario
  • デニーズ
  • ポッポ
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • Loft
  • curico
  • コカ・コーラ
  • ヤマト運輸

今はまだICOCAポイントの加盟店数が少ないですが、これから増えていく可能性もあります。上記のお店を上手く利用して、ICOCAポイントをしっかり貯めていきたいですね。

登録カードがJ-WESTカードならJ-WESTポイントが貯まる

J-WESTカードSMART ICOCAに登録したクレジットカードがJ-WESTカードなら、クイックチャージでJ-WESTポイントが下記のように貯まります。

  • クイックチャージ:1,000円に対して5ポイント

J-WESTポイントをしっかり貯めていけば、SMART ICOCAにチャージすることができます。SMART ICOCAをお得に使っていきたいなら、登録カードはJ-WESTカードにするといいでしょう。

SMART ICOCAは紛失しても再発行可能

通常のICOCAだと、万が一紛失した場合に再発行ができません。

しかし、SMART ICOCAは紛失または盗難に遭ってしまっても、再発行が可能です。

SMART ICOCAがないことに気が付いたら、すぐに下記に電話をかけて、使用停止の手続きをしてもらいましょう。

SMART ICOCA紛失ダイヤル
  • 078-382-8692
  • 06-4960-8692
  • 受付時間:24時間・年中無休

ただし、利用停止措置を行う前に他人にSMART ICOCAを使われてしまった場合、その損害額は補償してくれません。

また、SMART ICOCAの再発行する場合は、手数料・デポジットを現金で支払う必要があります。

  • 再発行手数料:572円
  • デポジット:500円
    合計:1,072円

ちょっと痛い金額ではありますが、これからもSMART ICOCAを利用していくためなので、この点は了承しておきましょう。

WEBで利用履歴・ICOCAポイント履歴が確認できる

ICOCAの利用履歴や残高を確認したい場合は、駅にある自動券売機(タッチパネル型)にICOCAを挿入して確認を行います。

しかし、SMART ICOCAなら、パソコンなどWeb上で利用履歴やICOCAの残高確認が行えるので、わざわざ駅に足を運ぶ必要がありません。

確認を行う場合には、『Club J-WEST 会員サポート』にアクセスし、下記のどちらかのID・パスワードを入力します。

  • SMART ICOCA番号とJ-WESTパスワード
  • J-WEST IDとJ-WESTパスワード

なお、SMART ICOCAの番号は、『JW』から始まる17文字となっているので、間違いのないように入力しましょう。

通常のICOCAとSMART ICOCAの違いを比較

通常のICOCAとSMART ICOCAの違いを比較SMART ICOCAのメリットの中でも少しお伝えしましたが、通常のICOCAとSMART ICOCAは、利用できる機能や利便性に大きな違いがあります。

まずは、どんな違いがあるのかを一覧表でわかりやすくしてみましょう。

SMART ICOCA 通常のICOCA
購入場所 『JRおでかけネット』
入会申込書
Club J-WESTサービスコーナー
ICOCA自動券売機
購入金額 2,000円
※初回チャージ:1,500円
※デポジット:500円
1,000円
2,000円
3,000円
5,000円
10,000円
※デポジット500円を含む
持ち主の氏名の記載 あり なし
※定期券なら氏名あり
チャージ方法 現金チャージ
クイックチャージ
現金チャージ
ICOCAポイント利用登録 登録不要 登録必要
再発行 可能 不可
※定期券なら再発行可能
利用履歴・残高の確認方法 ICOCA自動券売機
『Club J-WEST 会員サポート』
ICOCA自動券売機

色々と違うところがありますね。では早速内容を詳しく解説しましょう。

SMART ICOCAとICOCAは購入場所が違う

SMART ICOCAとICOCAは、カードの購入場所が違います。

SMART ICOCA 通常のICOCA
購入場所 『JRおでかけネット』
入会申込書
Club J-WESTサービスコーナー
ICOCA自動券売機

通常のICOCAであれば、ICOCA自動券売機で購入できます。

しかし、SMART ICOCAはクレジットカードの登録が必要なので、インターネットで『JRおでかけネット SMART ICOCA購入』にアクセスして申し込むか、入会申込書または大阪駅にある『Club J-WESTサービスコーナー』で申し込みをして手に入れます。

なお、インターネットで申し込む場合は運転免許証が必要になるので、運転免許証を持っていない方は、入会申込書を請求するか、大阪駅の『Club J-WESTサービスコーナー』で申し込みをしましょう。

通常のICOCAは購入金額が選択できる

SMART ICOCAと通常のICOCAは、購入するときに支払う金額にも違いがあります。

SMART ICOCA 通常のICOCA
購入金額 2,000円
※初回チャージ:1,500円
※デポジット:500円
1,000円
2,000円
3,000円
5,000円
10,000円
※デポジット500円を含む

SMART ICOCAの場合、申し込みをしてから最初に1,500円のチャージとデポジット円が必要になります。

通常のICOCAの場合、一般的には2,000円(デポジット:500円含む)が自動券売機で販売されていますが、一部の自動券売機では、1,000円・3,000円・5,000円・10,000円(それぞれデポジット:500円含む)から選択できます。

カード券面に持ち主の氏名の記載があるかないかの違い

SMART ICOCAのメリットでもお伝えしましたが、SMART ICOCAの券面にあなたの氏名が記載されます。

しかし、通常のICOCAには氏名は記載されていないので、(あまりいいことではありませんが)あなたのICOCAを誰でも利用できてしまいます。

券面に氏名が記載されていれば、悪用される心配が少なくなりますよね。

なお、ICOCA定期券には氏名が記載されますので、確実に本人しか使うことができないようになっています。

SMART ICOCAならクレジットカードでチャージOK!

通常のICOCAの場合、電子マネーにチャージをするときに現金が必要になります。

でも、手持ちがない場合は、わざわざ銀行ATMで現金を引き出さなきゃいけないから面倒!

実は、ICOCAのデメリットとしてこのような意見もあるのです。

しかし、SMART ICOCAにはクレジットカードを登録しますので、クレジットカードからの『クイックチャージ』が可能!

現金がなくても、駅にある下記の端末でササッとチャージができます。

  • クイックチャージ機
  • 自動券売機
  • 入金機
  • のりこし精算機
  • ※押ボタン型のりこし精算機は現金のみ

チャージできる金額は、3,000円・5,000円・10,000円の3つから選択できるので、あなたの好きな金額を選んでチャージしましょう。

SMART ICOCAならICOCAポイントの利用登録をしなくてもOK

ICOCAポイントが貯まればICOCAにチャージできるので、しっかりポイントを貯めていきたいですよね。

そのためには、通常のICOCAの場合はICOCAポイントの利用登録をしなければいけません。

ICOCAポイントの利用登録は、駅にある紺色またはピンク色の自動券売機を操作するか、『Club J-WEST会員サポートページ』で申し込みをします。

しかし、SMART ICOCAなら自動的に利用登録されるので、あなた自身で登録する必要はないのです。

面倒な手続きをひとつしなくていいことで、ちょっと余裕が持てますよね。

SMART ICOCAの使い方・登録方法は『【SMART ICOCAの使い方と設定方法】利用するメリットとは?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

SMART ICOCAなら再発行が可能

こちらもSMART ICOCAのメリットでもお伝えしましたが、通常のICOCAはもし紛失してしまっても再発行はできません。

…というのも、通常のICOCAには名前が記載されていないので、あなたがチャージしたICOCAの残高や利用した金額などを確認することができないからです。

もしICOCAが駅や交番などに届けられていても、あなたのものだと証明することもできません。

しかし、SMART ICOCAなら券面に氏名が記載されていますし、あなたの個人情報やクレジットカードの情報が登録されているので、その情報を元に再発行が可能です。

残高が確認できれば、残高を引き継ぐこともできます。

万が一、紛失・盗難に遭った場合のことを想定して、最初からSMART ICOCAを発行するほうが安心ですね。

ただし、紛失したSMART ICOCAの利用を停止する前に残高を利用されていた場合、その損失額は補償されませんので覚えておきましょう。

SMART ICOCAなら利用履歴・残高の確認方法が簡単

あなたが使ったICOCAは、下記の方法で利用履歴や残高を確認できます。

SMART ICOCA 通常のICOCA
利用履歴・残高の確認方法 ICOCA自動券売機
『Club J-WEST 会員サポート』
ICOCA自動券売機

SMART ICOCAは、駅のICOCA自動券売機や、インターネットを利用して『Club J-WEST 会員サポート』で利用履歴・ICOCAの残高を確認できます。

しかし、通常のICOCAは駅の自動券売機でしか確認ができません。残高を確認するためにわざわざ駅に行くのは面倒ですよね。

インターネットでいつでもどこでも利用履歴・残高確認ができるのはSMART ICOCAだけです。

SMART ICOCAの気になるデメリット

SMART ICOCAの気になるデメリットクレジットカードが欠かせないのがデメリット

SMART ICOCAには、通常のICOCAでは得られないメリットがたくさんありましたね。

しかし、そんなSMART ICOCAにもデメリットはあります。

SMART ICOCAを使う前にデメリットを知っておけば、SMART ICOCAをもっと便利に使えるようになります。

では、どんなデメリットがあるのかを下記にまとめましょう。

  • クレジットカードが必要
  • チャージの上限が決まっている
  • オートチャージ機能がない

SMART ICOCAを上手に利用していくために、デメリットの内容をもっと詳しく解説しましょう。

クレジットカードがないとSMART ICOCAの発行ができない

SMART ICOCAには、クレジットカードの情報を登録しなければいけません。

最初からクレジットカードを持っている方は、そのままSMART ICOCAの申し込みができますが、クレジットカードを持っていない方は、クレジットカードの申し込みをして発行してから、SMART ICOCAの申し込みをすることになります。

その他、下記のような本人確認書類を1点準備しておく必要があります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(2012年4月1日以降発行のもの)
  • パスポート(日本国発行のものに限る)
    ※2020年旅券(2020年2月4日以降発行)は住所記載がないため対象外
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳

SMART ICOCAの申し込みには、クレジットカードと上記のような本人確認書類が必要なので、面倒に感じるかもしれません。

しかし、最初の手続きをしてしまえば、通常のICOCAよりもずっと便利に使うことができるので、SMART ICOCAを発行して損はありませんね。

現在クレジットカードを持っていない方や、どのクレジットカードを登録するか迷っている方は、後の章『SMART ICOCAにチャージができるクレジットカード』で紹介するクレジットカードを参考にしてくださいね。

チャージの上限が決まっている

SMART ICOCAにクイックチャージできる金額には、下記のように上限があります。

クイックチャージの限度額
1日 20,000円まで
1か月 40,000円まで

更に、SMART ICOCA内の残高が20,000円を超えないようにしなければいけないのです。

クイックチャージは、3,000円・5,000円・10,000円の中から金額を選択してチャージするので、現在のICOCA残高を確認してからチャージしないと、うっかり20,000円を超えてしまうかもしれません。

といっても、20,000円であればまず支払いに困ることはありませんし、使い過ぎの防止にもなりますので、デメリットとは言えないかもしれませんね。

オートチャージ機能がない

交通系電子マネーの中には、駅の改札で残高がなくなった場合に自動でチャージしてくれる『オートチャージ機能』が付いたものがあります。

しかし、SMART ICOCAにはオートチャージ機能は付いていません。

自動的にチャージしてくれる機能がないのは残念な部分と言えますが、ICOCA自動券売機・クイックチャージ機でチャージができますし、下記のお店のレジでも現金チャージができます。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • イオン
  • ツルハドラッグ
  • ビックカメラ など

ICOCAの残高は、自動券売機や『Club J-WEST 会員サポート』にログインすれば確認できるので、残高確認をこまめに行うといいですね。

SMART ICOCAにチャージができるクレジットカード

SMART ICOCAにチャージができるクレジットカードリクルートカードからのチャージが一番オトクに!

SMART ICOCAには、クレジットカードの登録が必要です。

といっても、特別なクレジットカードではなく、あなたが現在持っている日本で発行されているクレジットカードで登録できるのがメリット。

しかし、せっかくクレジットカードを使ってSMART ICOCAにチャージするのですから、ポイントもしっかり加算されると嬉しいですよね。

では、どんなクレジットカードを登録したらクイックチャージでポイントが加算されるのか、その一部をピックアップしましょう。

カード名 ポイント還元率
J-WESTカード 0.5%
リクルートカード 1.2%
ヤフーカード 1%
イオンカードセレクト 0.25%

では、各カードの詳細を解説していきますね。

J-WESTカード

J-WESTカード
基本還元率 0.5%
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)
※1年に1回以上の利用で翌年度無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ETCカード 無料
家族カード 初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)
※1年に1回以上の利用で翌年度無料

JR西日本が発行しているクレジットカードで、電車を利用している方にとってお得な特典がたくさんあります。

  • e5489』でスマートフォンから簡単予約可能
    ⇒『eきっぷ』で特急・急行列車などがお得になる
    ※山陽・九州・北陸新幹線
    ※JR西日本・JR四国・JR九州
    ⇒『e早特』早めの予約で通常よりもお得になる
  • スマートEX』で東海道・山陽新幹線の普通車指定席・グリーン車が割引
  • 海外旅行傷害保険付帯
  • 国内旅行傷害保険付帯
  • ショッピング保険付帯

SMART ICOCAにクイックチャージしてポイントが加算されるのもお得なメリットなので、ポイントが貯まる仕組みについて解説しますね。

SMART ICOCAにチャージすると0.5%のポイントが貯まる

J-WESTカードをSMART ICOCAに登録しておき、自動券売機などでクイックチャージを行うと、0.5%の『J-WESTポイント』が貯まります。

でも、他のクレジットカードだと1%貯まるものもあるし、特にお得な感じはないけど…

もしかしたら、あなたはこう感じたかもしれません。確かにポイント還元率が0.5%では、お得感が少ない気がしますよね。

しかし、貯まったJ-WESTポイントは、1ポイントを1円相当として、SMART ICOCAにチャージできるのです。

  • J-WESTポイント:1,000ポイント ⇒ SMART ICOCA:1,000円
  • J-WESTポイント:3,000ポイント ⇒ SMART ICOCA:3,000円
  • J-WESTポイント:5,000ポイント ⇒ SMART ICOCA:5,000円

ここが、他のクレジットカードでは得られないメリットです。

J-WESTカードは、SMART ICOCAにクイックチャージできるだけでなく、クレジットカードとしてお買い物に利用することももちろんできますから、ポイントを貯めれば貯めるほどSMART ICOCAにたくさんのポイントをチャージできるということです。

ポイントの還元率だけでなく、SMART ICOCAを上手に使いこなしたい方は、J-WESTカードがいいかもしれませんね。

リクルートカード

リクルートカード
基本還元率 1.2%
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ETCカード 年会費:無料
※MasterCardとVISAのみ発行手数料:1,100円(税込)
家族カード 無料

» 公式サイトを見る» 詳細を見る

リクルートカードは、いつ・どこで利用しても常に1.2%のポイント還元率を誇る高還元率クレジットカードです。

リクルートカードのメリットは還元率だけでなく、下記のような特典まで受けられます。

  • 国内・海外旅行傷害保険付帯
  • ショッピング保険付帯
  • リクルートネットサービス利用ならポイント還元率アップ
  • 電子マネーチャージでポイント獲得
  • 2枚持ちが可能 など

ではここから、SMART ICOCAにクイックチャージした時のポイント還元率について解説しましょう。

SMART ICOCAにチャージすると1.2%のポイントが貯まる

SMART ICOCAに登録するクレジットカードをリクルートカードにすると、クイックチャージするたびに1.2%のポイントが還元されます。

リクルートカードを使って貯めたポイントは、Pontaポイントに等価交換できるので、Pontaポイント加盟店でお買い物に使うこともできますし、ローソン店内にある『roppi』でお試し引換券にすることも可能です。

もちろんリクルートサービスで利用するのもOK!

リクルートカードは、とにかくポイントが貯まりやすいカードなので、ポイントをガッツリ貯めていきたい方には、リクルートカードがおすすめです。

ヤフーカード

ヤフーカード
基本還元率 通常:1%
Yahoo! JAPANサービス利用:3%
※2%(Tポイント)+1%(PayPayボーナスライト)
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ETCカード 年会費:550円(税込)
家族カード 年会費:無料

» 公式サイトを見る» 詳細を見る

Yahoo!サービスを利用している方なら、ヤフーカードを発行したほうがお得!というのも、ヤフーカードには下記のような特典があるからです。

  • Yahoo! JAPANサービス利用で還元率が3%!
  • Tポイント提携店でポイントがもっと貯まる
  • TSUTAYAでレンタル可能(登録料:無料)
  • 新品でも中古でも安心の『ショッピングガード保険』付帯
  • プラチナ補償なら様々なトラブルを補償(月額:税込539円) など

もちろんSMART ICOCAにクイックチャージしてもポイントが貯まるので、こちらも解説していきますね。

SMART ICOCAにチャージすると1%のポイントが貯まる

SMART ICOCAに登録するクレジットカードを、ヤフーカードにしておくことで、クイックチャージをした時に1%のTポイントが貯まります。

Tポイントがたくさん貯まれば、Yahoo!ショッピングなどのお買い物にポイントを使うこともできますし、ウエルシアなどのTポイント加盟店でのお買い物もお得になります。

TSUTAYAでDVDやCDをレンタルするための登録料も、ヤフーカードらなら無料!

Tポイントをしっかり貯めたい」「Yahoo!サービスを利用していきたい」という方は、ヤフーカードを発行して、SMART ICOCAに登録するといいですね。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
基本還元率 通常:0.5%
イオングループ:1%
年会費 無料
国際ブランド VISA,MasterCard,JCB
ETCカード 無料
家族カード 無料

» 公式サイトを見る» 詳細を見る

イオンカードセレクトは、下記の機能を搭載した多機能型クレジットカードです。

  • クレジットカード
  • イオン銀行キャッシュカード
  • WAON
  • WAON POINTカード

イオンカードセレクトなら、イオンでお得になる特典が満載です。

  • WAONの発行手数料がかからない!
  • イオングループならいつでも1%のポイント還元
  • イオン開催のキャンペーンが受けられる
  • WAONオートチャージ設定するとポイントが貯まる!
  • イオン銀行入出金手数料無料
  • イオン銀行ステージ特典でお得になる
  • イオン銀行の給与受取で毎月10ポイントプレゼント
  • イオンシネマならいつでも300円OFF など

もちろん、SMART ICOCAにクイックチャージしてもポイントが付くので、還元率について解説しましょう。

SMART ICOCAにチャージすると0.25%のポイントが貯まる

イオンカードセレクトをSMART ICOCAに登録しておくと、クイックチャージをするたびに0.25%のWAON POINTが加算されます。

  • SMART ICOCA クイックチャージ:400円につき1ポイント(還元率0.25%)

0.25%では還元率が低い!

きっとあなたはこう感じたことでしょう。

しかし、イオングループのお店を利用している方なら、イオンカードセレクトを持っていればイオンで割引特典やポイント倍増特典が受けられるようになり、毎日のお買い物が更にお得になるのです。

SMART ICOCAにチャージしたときの還元率は低めですが、「イオンでお得なショッピングを楽しみたい!けど、クレジットカードを何枚も持ちたくない」という方は、イオンカードセレクトを選んでSMART ICOCAに登録しましょう。

SMART ICOCAのメリット・デメリットまとめ

SMART ICOCAにはたくさんのメリットがあり、SMART ICOCAをタッチするだけで改札を通過できるだけでなく、ICOCAポイントを貯めることもできます。

通常のICOCAは現金がなくてはチャージができませんが、SMART ICOCAならクレジットカードの登録をするので、クイックチャージが可能です。

また、万が一紛失してもSMART ICOCAなら再発行ができるため、SMART ICOCAの残高が残っていれば、残高の引き継ぎも可能!

そんな便利なSMART ICOCAにもデメリットはあり、オートチャージ機能が付いていなかったり、チャージできる上限が決まっています。

しかし、チャージ上限が決まっていれば使い過ぎの防止になりますし、インターネットでこまめに残高を確認していれば、少なくなった時点でクイックチャージや現金チャージすれば、デメリットは回避できますよね。

せっかくSMART ICOCAにチャージするのなら、クイックチャージでポイントが貯まるクレジットカードを選択するのも、SMART ICOCAを上手に使う手法です。

どのクレジットカードを選択するか、こちらの記事を参考にしていただけたら幸いです。

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレコミ】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪