一般カードの特典

【ロフトカードの特典と口コミ】ロフト利用者は完全無料のロフトカードを活用すべき理由!

ロフトカードの特典が知りたい!

実際にロフトカードを利用している方の口コミはどうなの?

当記事に辿り着いたあなたならおそらく、ロフトカードの特典やユーザーから発信されている口コミが気になっていることでしょう。

ここでは、ロフトカードの基本情報や特典、デメリットなどに加え、ロフトカードを利用している方からの生の声に対しても考察を加えていきたいと思います。

鋭いあなたならお気づきの通り、当記事はロフトカードを入手してからも活用していただける内容をふんだんに盛り込んでいますので、ぜひ何度も読み返していただき、ロフトカードをスマートに使いこなせるようになってください。

【ロフトカードの特典と口コミ】ロフト利用者は完全無料のロフトカードを活用すべき理由!

\完全無料で持てる/
» 公式サイトで詳しく見る

ロフトカードの基本情報

ロフトカード
基本還元率 0.5%~
年会費 無料
※AMEXのみ3,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 無料
家族カード なし

ロフトカードは基本還元率は0.5%と標準的ですが、ロフトにおいては月末の金・土・日の3日間は5%オフで買い物ができるため、圧倒的な節約効果が生まれます。

AMEXのみ3,000円(税抜)の年会費がかかるものの、アメリカン・エキスプレス・コネクトや旅行傷害保険の付帯など、AMEXならではのメリットもあります。

どの国際ブランドを選ぶか、悩むところですよね。

ロフトカードの利用限度額

ロフトカードは一般カード(非ゴールドカード)ですから、200万円や300万円といった潤沢な利用限度額を望むことはできません。

多く見積もっても、100万円程度がロフトカードの利用限度額の上限でしょう。

数十万円〜100万円程度で十分です!

という方なら、ロフトカードの利用限度額に満足できそうですね。

ちなみに、ロフトカードに限った話ではありませんが、クレジットカードの利用限度額は、申込者の年収や支払い能力、カードの利用状況などを踏まえて設定されます。

  • ロフトカードの利用限度額は100万円程度が上限
  • クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて設定される

したがって、もしもあなたがより潤沢な利用限度額を求めるのであれば、様々なシーンで積極的にロフトカードを利用し、毎月の支払いを遅延なく励行することで、カード会社からの信頼を勝ち取ることがポイントとなります。

ロフトカードの充実した特典

ロフトカードの充実した特典さて、それではここで、当記事のメインパートに入っていきたいと思います。ロフトカードで得られる充実した特典は以下の通りです。

  • 月末の金・土・日の3日間はロフトで5%オフ
  • 月2回、西友やリヴィン、サニーで5%オフ
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトで嬉しい優待を享受
  • 最大3,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯
  • Super Value Plusで安心感をプラス
  • セゾンポイントモールの経由でネット通販がお得になる

ご覧の通り、ロフトカードの魅力はロフトにおける5%オフだけではありません

ぜひ、以下の内容を参考にしていただき、ロフトカードでガンガン節約効果をのばしてみてくださいね。

月末の金・土・日の3日間はロフトで5%オフ

月末の金・土・日の3日間はロフトで5%オフ毎月月末の3日間は5%OFFでお得に!

ロフトカードの会員は、月末の金・土・日の3日間はロフトでの買い物が5%オフになります。

普段は仕事で忙しい方でも、3日連続で5%オフ日が続けば、どこかのタイミングでロフトに足を運ぶことができるのではないでしょうか。

ロフト御用達のあなたならご存知の通り、ロフトではありとあらゆる生活雑貨のラインナップが用意されているため、必要なものを5%オフ日のタイミングでまとめ買いすれば、かなりの節約効果が生まれます。

仮に毎月1回、5%オフ日に10,000円のまとめ買いをした場合、どれくらいの節約になるでしょうか。

  • 10,000円×5%=500円(1ヶ月あたりの節約効果)
  • 500円×12=6,000円(年間の節約効果)

ご覧の通り、年間なら6,000円も浮いてしまいます。あなたはロフトカードで浮いた6,000円を、何に使いますか?

\完全無料で持てる/
» 公式サイトで詳しく見る

月2回、西友やリヴィン、サニーで5%オフ

全国の西友・リヴィンで5%OFFの優待セゾン系カードなので毎月2回、西友とリヴィンで5%オフ!

せっかくロフトカードを入手したのであれば、ロフトだけではなく、以下のようなスーパーにも目を向けてみてください。

  • 西友
  • リヴィン
  • サニー

ロフトカードは名称からは分かりませんが、実はセゾン系のクレジットカードであり、西友やリヴィン、サニーなどで月2回、5%オフで買い物できるのです。

前述のロフトにおける5%オフと組み合わせて、本特典を上手に活用できれば、節約効果がさらにうなぎのぼりになることは容易にご想像いただけることでしょう。

ちなみに、西友やリヴィン、サニーにおける5%オフ日は月ごとで異なります。あらかじめ『公式ホームページ』で5%オフ日をチェックし、可能な限りその日に合わせてまとめ買いをしてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・コネクトで嬉しい優待を享受

アメリカン・エキスプレス・コネクトAMEXの優待も活用しよう!

こちらはロフトカードのAMEX限定の特典ですが、以下のようなアメリカン・エキスプレス・コネクトの特典を享受できます。

  • スターバックス ビジネスギフトセンターでポイント最大10倍
  • ウェスティンホテル東京内のレストランで5,000円キャッシュバック
  • エクスペディアを優待価格で利用できる

え、いつもお世話になってるスタバでポイント10倍はアツい!

と前のめりになっているかも知れませんね。

もちろん、上記の特典はほんの一例にすぎません。さらなる詳細を知りたい方は、『アメリカン・エキスプレス・コネクトの公式ページ』をご覧いただき、妄想を膨らませてくださいね。

最大3,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯

続いてこちらもロフトカードのAMEXブランド限定の特典ですが、以下の内容の旅行傷害保険が付帯します。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
補償項目 本会員の補償内容 家族会員の補償内容
傷害死亡・後遺障害 3,000万円 1,000万円
傷害治療費用 300万円 300万円
疾病治療費用 300万円 300万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円
携行品損害 30万円 30万円
救援者費用 200万円 200万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
補償項目 本会員の補償内容 家族会員の補償内容
傷害死亡・後遺障害 3,000万円 1,000万円
入院費用 5,000円/日 5,000円/日
通院費用 3,000円/日 3,000円/日

ご覧の通り、本会員のみならず、家族会員に対しても補償が用意されている点が太っ腹ですね。

ただし、国内旅行傷害保険に関しては利用付帯となっている点には注意が必要です。国内旅行をされる際には、旅行代金の一部をロフトカードで決済するのを忘れないようにしてくださいね。

Super Value Plusで安心感をプラス

Super Value Plus格安で保険に加入して安心を手に入れる!

ロフトカードを始めとする各種セゾンカードで利用できる『Super Value Plus』は、あなたのニーズに合わせて必要な補償だけを格安で享受できる嬉しいサービスです。

どんな保険があるの?

という疑問が生じるのは当然の流れですね。以下、Super Value Plusで選べる保険の種類をご覧ください。

  • お買物安心プラン
  • いつでも安心プラン
  • けが安心プラン
  • ゴルフ安心プラン
  • ご迷惑安心プラン
  • 暮らし・持ち物安心プラン
  • お留守番安心プラン
  • お住まい安心プラン
  • キャッシング安心プラン
  • 生活安心プラン
  • お車安心プラン

驚くべきは、これらの各種プランはなんと、月額300円〜利用できることです。

世の中には実に様々なクレジットカードが存在しますが、ここまで細分化された格安保険にはなかなかお目にかかれません。

少しでも気になるプランがあればぜひ、公式ホームページ上で詳細をチェックしてみてくださいね。

セゾンポイントモールの経由でネット通販がお得になる

セゾンポイントモール経由するだけで還元率がアップ!

ロフトカードに入会すると、会員専用サイトの『セゾンポイントモール』を経由することで、永久不滅ポイントの上乗せを享受できるようになります。

以下、対象となっている主な店舗をみてみましょう。

上乗せされる還元率 対象の店舗
0.5% ・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・SEIYUドットコム
・じゃらん
・マルイウェブチャネル
1% ・LOHACO
・無印良品ネットストア
・ベルメゾンネット
・ニッセン
・DHCオンラインショップ
・ビックカメラ.com
・日本旅行
特に優遇 ・セブンネットショッピング(1.5%)
・FANCL(1.5%)
・グルーポン(1.5%)
・ABC-MART.net(1.5%)
・Francfranc ONLINE SHOP(1.5%)
・爽快ドラッグ(2%)
・エクスペディア(2.5%)
・iTunes Store(3.5%)

現代においては、オンラインショップは私たちの生活に完全に浸透していますし、現在の社会情勢の影響で、ネット通販の重要性はさらに高まってきています。

あなたもぜひ、Amazonや楽天市場などを始めとするオンラインショップを利用する際には、たった一手間、セゾンポイントモールを経由することで、より多くのポイントを稼いでください。

同じ金額で同じ買い物をするのであれば、少しでも還元率が高い方が嬉しいですよね。

ロフトカードの口コミ

ロフトカードの口コミクレジットカードに限った話ではありませんが、どんな商品を選ぶにしても、公式上の情報よりも、実際のユーザーから発信されている口コミの方が参考になったり、刺さったりするものです。

そこでここでは、ロフトカードの口コミについて考察を加えていきたいと思います。ロフトカードの目玉特典と言えばやはり、ロフトで毎月享受できる5%オフです。

早速、5%オフ特典に対してどんな声が上がっているのか見てみましょう。

良い口コミ1|ロフトカードがあれば月末は3日連続、5%オフ

実際にロフトカードを利用し、ウキウキしながらロフトでの買い物をエンジョイされている方のリアルな口コミは以下の通りです。

え?これ割引??え?本当ですか?

というセリフから、この上なく楽しそうにショッピングされている姿が想像できますね。

ロフトカードを入手してからロフトに繰り出せば、「まさかこれも割引してくれるんですか?」というサプライズも往々にしてありそうです。

あなたもぜひロフトカードでお目当ての商品をお得に入手していただき、その感動を口コミで呟いてみてくださいね。

\完全無料で持てる/
» 公式サイトで詳しく見る

ロフトカードの気になるデメリット

ロフトカードの気になるデメリット世の中には数え切れないほどのクレジットカードがありますが、一切スキのないクレジットカードは存在しません。

もちろん、ロフトカードも同様で、メリットの裏にあるデメリットもきちんと把握しておく必要があります。

というわけでここでは、ロフトカードの気になるデメリットに目を向けていきたいと思います。

  • 一般加盟店での還元率が低い
  • AMEXを選択しないと旅行傷害保険が付帯しない

ロフトカードは一般加盟店における還元率と、ANEX以外は旅行傷害保険が付帯しない点が気になるところですが、これらの弱点は他のクレジットカードで綺麗に埋めることができます。

早速、詳細について見ていきましょう。

一般加盟店での還元率が低い

ロフトカードはロフトにおいては文句なしに素晴らしい一枚ですが、一般加盟店で利用するとなると一気に、還元率の低さが目立ってしまいます。

ロフトのみならず、様々な店舗で効率よく還元率をあげていくことを考えると、ロフトカードだけでは少し物足りないですよね。

そこで検討していただきたいのが、以下のような高還元率のクレジットカードを合わせて作成することです。

これらのクレジットカードはいずれも、年会費無料で作成できます。つまり、永年無料で一切のリスクなく、保有できるというわけです。

ロフトを利用する際にはロフトカードを利用し、その他の一般加盟店で買い物をする際には楽天カードやJCBカードW、リクルートカードなどを用いれば、最大限の節約効果を享受できるでしょう。

AMEXを選択しないと旅行傷害保険が付帯しない

ロフトカードのもう一つの弱点は、年会費有料のAMEXを選択しないと、旅行傷害保険が付帯しないことです。

クレジットカードに精通している方ならご存知と思いますが、世の中には以下のような、年会費無料で充実した旅行傷害保険が付帯するものもあります。

つまり、ロフトカードのVISAやMasterCard、JCBなどとともに、上記のいずれかのクレジットカードを作成しておけば、旅行傷害保険の付帯がないというロフトカードの弱点をバッチリ埋めることができるわけです。

以上を踏まえた上で、あなたのニーズに合ったクレジットカードを選定してみてください。
クレジットカードの二枚持ちは、確実にあなたの日常生活をより快適なものへと変えてくれますよ。

ロフトカードを活用しよう!

ロフトカードを活用しよう!ここまでの内容をご覧になったのであれば、ロフトカードが単に、ロフトだけでお得になる一枚ではないことがお分かりいただけたことでしょう。

ここで振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

  • ロフトカードの会員は、月末の3日間、ロフトで5%オフになる
  • ロフトにおける5%オフのみならず、西友やリヴィン、サニーでも月2回、5%オフになる
  • ロフトカードはAMEXブランドのみ、年会費がかかる
  • 年会費有料のAMEXにはアメリカン・エキスプレス・コネクトおよび旅行傷害保険が付帯
  • ロフトカードの口コミは上々
  • ロフトカードの弱点は、基本還元率の低さと、AMEX以外は旅行傷害保険がないこと

最終項でもお伝えした通り、ロフトカードと合わせて、ロフトカードの弱点を補強してくれるクレジットカードを作成すれば、よりあなたの日常生活が彩られていくことは間違いありませんよ。

\完全無料で持てる/
» 公式サイトで詳しく見る

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレジットカードレビュードットコム】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪