共通ポイントの使い道

じゃらん限定ポイントの使い道を紹介!じゃらん限定ポイントの使い道は多くない!

旅行サイトとして有名なじゃらん。ホテルの予約はもちろんのこと、交通と宿泊がセットになったじゃらんパックやツアー、体験予約などを利用することもできます。

旅行といえばじゃらん」と普段から利用している方も多いのではないでしょうか?

そんなじゃらんで使えるポイントに、じゃらん限定ポイントがあります。

その名の通り、じゃらんにおいて使えるポイントとなりますが、具体的にはどのような使い道があるのでしょうか?

そんなじゃらん限定ポイントの使い道について、解説をしていきたいと思います。

じゃらんで得するカード!

リクルートカードじゃらんで得する+じゃらんで使えるリクルートポイントがザクザク貯まるのがリクルートカード

年会費無料で使える上に、還元率も常に1.2%、じゃらんの利用で3.2%の還元率になります!

じゃらん利用者には欠かせないクレジットカードです。

今なら最大6,000円相当として使えるリクルートポイントがもらえますよ!

\じゃらんがもっとお得に!/
» 公式サイトで詳しく見る

じゃらん限定ポイントの使い道

じゃらん限定ポイントの使い道じゃらん限定ポイントはもちろんじゃらんでしか使えない

じゃらん限定ポイントは、リクルート限定ポイントの一つ。

特定のキャンペーンを活用することによって得られる、期間・用途限定ポイントです。

じゃらんはホテルの予約がメインと思っている方もいるかもしれませんが、じゃらん限定ポイントは、ホテルの予約以外にも使うことができます。

そもそも、じゃらん限定ポイントを無駄にしたくないからといって、無理やりホテルを予約するのは本末転倒ですから、その他の使い道についてもこの機会に知っておきましょう。

日帰り・デイユースでじゃらん限定ポイントを活用する

じゃらん.net』で予約できるプランの中に、日帰り・デイユースというものがあります。

その名の通り、ホテルの予約を含まないプランなのですが、食事+温泉というコースもあれば、食事なしで温泉のみを楽しむコースなどもあります。

価格も1,000円代〜から利用できるため、これなら家族や友人・恋人を気軽に誘うことができる上、じゃらん限定ポイントを無駄にしてしまうこともなさそうですね。

遊び・体験予約でじゃらん限定ポイントを活用する

遊び・体験予約と聞けばワクワクしてくる方もいると思います。

じゃらんでは、以下のような遊び・体験予約をすることができ、ここへじゃらん限定ポイントを充てることができますよ。

  • 季節の果物狩り
  • バイキング
  • ガラス細工
  • 温泉貸切
  • クラフト
  • ウォータースポーツ
  • ウィンタースポーツ
  • お祭り

どれを選んでも楽しそうですよね!

こうしたイベントを活用すれば、友人や大切な人と、一層距離を縮めるきっかけにできそうです。

こちらも1,000円程度〜利用できるものがあるため、安価なサービスを選べば、金銭的負担に関してもそこまで気にすることはないでしょう。

また、遊び・体験予約に関しては、じゃらんnetにおいて定期的にクーポンが出されていることを追記しておきます。

何が嬉しいかといえば、このクーポンとじゃらん限定ポイントは併用して使うことができるのです。

ちなみに私がサイトを訪れたタイミング(2020年8月初旬)では、以下のようなクーポンが公表されていました。

  • 首都圏お出かけクーポン
  • 東日本プリンスリゾートで使える宿泊クーポン
  • 平日宿泊がお得になる1,000円クーポン
  • その他ご当地限定クーポンなど

旅行の自粛や制限で我慢してきた方にとっては嬉しいクーポンが満載です。

それにしてもクーポンの数がすごい。じゃらん限定ポイントを併用すれば、様々なプランを格安で楽しむことができそうですね。

じゃらん限定ポイントはPontaポイントへ交換することができない

じゃらん限定ポイントはPontaポイントへ交換することができないじゃらん限定ポイントはじゃらんのみ!

ローソンでお馴染みのポイントに、Pontaポイントがありますよね。

ケンタッキーフライドチキンや大戸屋、高島屋などの店舗でも貯めたり使ったりすることができます。

このPontaポイントですが、リクルートカードで貯めることができるリクルートポイントと等価交換できるという性質があります。

リクルートカードは年会費無料で使える高還元率のクレジットカード(還元率1.2%)のため、普段使いしている方も多いかと思いますが、リクルート系列で使うあてがない場合、Pontaポイントへの等価交換が便利です。

しかし、リクルート限定ポイントであるじゃらん限定ポイントに関しては、Pontaポイントへの交換ができません。

あくまでも、じゃらんnetにおけるサービスにおいて利用するためのポイントとなります。

通常のリクルートポイントはPontaポイントへ交換→Loppi引換券が最強還元

Pontaポイントへの等価交換ができる通常のリクルートポイントは、使い道が幅広いです。

リクルートポイントとしてリクルート系列店で使えるのはもちろん、Pontaポイントへ交換後ならPonta系列店でもポイントが消化できます。

ちなみに最も還元率が最強なのは、Pontaポイントへ交換した後、ローソンのLoppi引換券に使うという方法です。

リクルートポイントやPontaポイントはそのまま使えば1ポイント1円の価値ですが、Loppi引換券の場合、1ポイントが1.5円〜3円の価値に化けます。

Loppi引換券で交換できる商品も、以下の通りバラエティに富んでいるため、非常に使い勝手は良いと言えるでしょう。

  • 食パン
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • ジュース
  • お酒
  • おつまみ
  • お菓子
  • アイス
  • インスタント食品

 

Pontaポイントからも、他のポイントやマイルへ移行できる

リクルートポイントを等価交換でPontaポイントへ移行した後に、さらに他のポイントやマイルに変えていくことができます。

提携先必要なPontaポイント交換後
JALマイレージバンク1ポイント0.5マイル
LINEギフトコード1ポイント0.83ポイント
dポイント1ポイント1ポイント

マイルは一見、数値が半減して価値が落ちた?と思われがち。しかし、マイルにはレバレッジがかかるため、実際には価値は下がっていません。

それどころか、ビジネスクラスであれば1マイル3円以上、頑張ってファーストクラスに乗れば1マイル8円以上の価値へと昇華します。

dポイントも加盟店が大幅に増えてきているので使い勝手が良いですね。

こう考えれば、リクルートポイントは交換していくことで、幅広い活用先を生み出すことのできるポイントと言えます。

リクルートポイントとじゃらん限定ポイントとは上手に使い分けをしていくようにしましょう。

じゃらん限定ポイントが付与されるキャンペーン

じゃらん限定ポイントが付与されるキャンペーンせっかくだからこそじゃらんのキャンペーンを活用しよう!

リクルート限定ポイントの中に含まれるじゃらん限定ポイントですが、どのような場合に、このポイントが付与されるのでしょうか?

ここでは、じゃらん限定ポイントが付与されるキャンペーンについて記載するとともに、なぜPontaポイントやリクルートポイントが付与されないのかについても解説していきたいと思います。

じゃらんnetキャンペーン一覧からエントリーする

じゃらん限定ポイントをはじめ、Pontaポイントやクーポン券がゲットできるキャンペーンは、じゃらん公式ホームページのじゃらんnetキャンペーン一覧で確認することができます。

ちなみに私がサイトを訪れたタイミング(2020年2月中旬)では、じゃらん限定ポイントを獲得できるキャンペーンには、以下のようなものがありました。

高速バスで500ポイントプレゼントキャンペーン

高速バスで500ポイントプレゼントキャンペーンリクルートIDでログインした上でキャンペーンにエントリーし、対象期間中に高速バスを3,000円分以上予約&利用すると、利用料金の2%のPontaポイントに加え、500ポイントのじゃらん限定ポイントが付与されるキャンペーンです。

仮に3,000円の利用で500ポイントが還元を受けた場合、還元率はおおよそ16.6%です。

2%のPontaポイントを考慮に入れれば18.6%となります。素晴らしい還元率ですね。

じゃらんオンラインカード決済で宿泊金額還元

じゃらんオンラインカード決済で宿泊金額還元じゃらんnetでクレジットカードを使って国内宿泊予約をし、対象期間中にチェックアウトをすることで、抽選50名に宿泊金額がじゃらん限定ポイントとして還元されるキャンペーンです。

ポイント加算の上限は20,000円分のポイントまでとなっています。

さらに、決済するクレジットカードがリクルートカードであれば、200万円分のポイント山分けの対象となります。

山分けで受けられるポイントの上限は180,000円分のポイントまでとなっています。

もちろん、クレジットカード決済で得られるポイントは別途付与されるため、一気にまとまったポイントを貯めることができそうですね。

じゃらんでは、リクルートカード決済が圧倒的にお得なので、まだ持っていない方はぜひ発行しておきましょう。

今ならリクルートカードの入会キャンペーンも行われています。

リクルートカード入会キャンペーン年会費無料で発行できてポイントまでもらえる!

こちらは現在まで継続して毎月実施されているキャンペーンです。

どのタイミングで終了になるかはわかりませんが、半年以上続いているということは、非常に好評のイベントなのでしょう。

ぜひリクルートカードを発行した上で、キャンペーンに臨んでみてください。

ただし、以下のいずれかに該当する場合はキャンペーンクリアの対象外となってしまうので注意が必要です。

  • じゃらんパック、デイユース、海外予約などの国内宿泊以外のサービス
  • 現地で直接クレジットカードを決済した場合
  • じゃらん(雑誌)を見ての電話予約、コールセンターでの予約、リクルートIDログイン以外での予約
  • キャンセルとなった予約およびクレジットカードでのオンライン決済がキャンセルになった予約

このキャンペーンで得られるポイントは比較的大きいので、うっかりキャンペーンクリアの条件を外してしまわないようにしましょう。

泊まった宿 口コミ投稿キャンペーン

泊まった宿 口コミ投稿キャンペーンチェックイン日から起算し、60日以内に泊まった宿に関する口コミを投稿することで、抽選で毎月50名に5,000ポイントのじゃらん限定ポイントが付与されるキャンペーンです。

ちなみにこちらのキャンペーンは、2015年6月から現在(2020年2月)まで継続して行われています。

宿に泊まる機会があればぜひ、本キャンペーンへエントリーしましょう。

メールマガジンでじゃらん限定ポイントが得られる場合もある

リクルートIDを持っている場合、リクルートIDニュースというメールマガジンが届きます。

このメルマガを受けていると、抽選でじゃらん限定ポイントが付与されることがあるのです。

そもそもなぜ、リクルートポイントやPontaポイントではなく、じゃらんでの利用に限定されたじゃらん限定ポイントがもらえるのでしょうか?

気になったので、リクルートIDの問い合わせ窓口に電話してみました。

筆者:一点お伺いしたいのですが、なぜ、リクルートIDニュースや各種キャンペーンで得られるポイントは、リクルートポイントやPontaポイントではなく、じゃらん限定ポイントが付与されるのでしょうか。

オペレーター:じゃらん限定ポイントが付与されるのは、じゃらんのサイトのご紹介を含めたプレゼントとなっております。

筆者:わかりました。ありがとうございます。

とってもシンプルな回答でした。つまり、じゃらん限定ポイントは「機会があればぜひ、じゃらんを利用してくださいね」という思いが込められたポイントなのですね。

じゃらん限定ポイントの有効期限は1〜2ヶ月程度です。

この期間内で、気になるじゃらん系列のサービスがあればお得に利用すれば良いですが、迫りくる有効期限に急かされ、無理やりポイントを使おうとするのは本末転倒です。

ポイントとはあくまでも、本来利用するつもりだったサービスを、節約効果を得ながら受けるためのものであることを忘れてはいけません。

ポイントを活用することのできるサービスの中で、ピンとくるものがなければ、潔くポイントを失効させる勇気を持ち合わせておくのも大切なことであると言えます。

じゃらん限定ポイント使い道まとめ

じゃらん限定ポイントはホテルの宿泊予約だけでなく、日帰りやデイユース、遊び・体験予約などといった比較的お手頃な価格のサービスにおいても活用させることができます。

じゃらん限定ポイントを獲得できるキャンペーンの中には、一気に大量のポイントを得られるものもあるため、定期的にじゃらんnetキャンペーン一覧をチェックしにいくと良いでしょう。

もちろん、年会費無料で1.2%の基本還元率を誇るリクルートカードを活用することで、ポイント獲得のチャンスはさらに広がっていきます。

ぜひ、通常のリクルートポイントやPontaポイントなどの獲得も含め、じゃんじゃんポイントを稼いでいってください。

リクルートカード

» 公式サイトで詳しく見る