一般カードの特典

【出光カードの特典と口コミ】出光でお得なクレジットカードを比較

出光カードの特典が知りたい!

出光カードってガソリンスタンド専門のクレジットカード?

このような思いを抱いている方にぜひともご覧いただきたいのが当記事の内容です。

ここでは、出光カードの基本情報はもちろん、出光カードのメリットやデメリットの他、実際のユーザーが発信している口コミに至るまで、ありとあらゆる角度から出光カードの徹底解説を進めていきたいと思います。

カードのスペックを隅々まで理解している人とそうでない人では、同じクレジットカードを利用する上でも節約効果に雲泥の差が生じます。

ぜひあなたも以下の内容を参考にしていただいた上で、出光カードをスマートに使いこなしてみてくださいね。

出光カード

\いつでもガソリンが安くなる!/
» 公式サイトで詳しく見る

出光カードの基本情報

出光カード
基本還元率 一般加盟店:1%(た〜まるコースの場合)
出光SS:ガソリン・軽油:2円/ℓ引き
灯油:1円/ℓ引き
※入会後1ヶ月間
ガソリン・軽油:10円/ℓ引き
灯油:5円/ℓ引き
※選択するコースによって還元仕様が異なる
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ETCカード 無料
家族カード 初年度:無料
2年目以降:440円(税込)

出光カードは出光SSで割引を享受できる他、一般加盟店でもポイントを稼ぐことができます。

詳細は後ほど解説しますが、『た〜まるコース』と『ね〜びきコース』のどちらを選択するかで、出光カードの活用法が変わってきます。

どちらのコースを選ぶ方がお得なのかという視点を持った上で、当記事を読み進めてみてください。

出光カードの利用限度額

出光カードの利用限度額については、明確な公式の情報はありません。

したがって、ここではあくまでも推察を記載しますが、出光カードが一般カード(非ゴールドカード)であることを踏まえると、出光カードの利用限度額の上限はせいぜい100万円程度で頭打ちと考えられます。

もちろん、クレジットカードの利用限度額は申込者の状況に応じて設定されます。最初は10万円からのスタートを切る方もいるでしょうし、初期設定で潤沢な利用限度額を享受できるケースもあります。

  • 出光カードの利用限度額について、明確な公式の情報はない
  • 一般カードの出光カードの利用限度額の上限は100万円程度と予測される
  • 出光カードの利用限度額は申込者の状況に応じて柔軟に設定される

もしもあなたが出光カードの利用限度額を拡大していきたいのであれば、まずはカード会社からの信頼を獲得することが先決です。

ありとあらゆるシーンで積極的に出光カードを愛用し、かつ毎月の遅延なき支払いを励行していれば、自然と利用限度額は上方修正されていくことでしょう。

出光カードの充実した特典

出光カードの充実した特典出光カードの基本情報はご理解いただけたでしょうか。

続いてここでは以下の項目に沿って、出光カードの充実した特典内容を紐解いていきたいと思います。

  • た〜まるコースでポイントが貯まりやすくなる
  • ね〜びきコースで割引額が飛躍
  • ウェブ明細の利用で追加値引きを享受できる
  • ロードサービスの年会費が初年度無料
  • 西友やリヴィン、サニーで5%オフ

ご覧の通り、出光カードは単に出光SSでお得になるだけのクレジットカードではありません。

ライダーにとって欠かせないロードサービスや、普段の買い物で助かる各種スーパーでの5%オフ特典など、節約効果がグンと高まる特典にも注目ですよ。

\初年度無料でお試しできる!/
» 公式サイトで詳しく見る

た〜まるコースでポイントが貯まりやすくなる

冒頭でもお伝えした通り、出光カードの会員は『た〜まるコース』か『ね〜びきコース』から好きな方を選ぶことができます。

まずは『た〜まるコース』の解説からしていきましょう。

た〜まるコース』はその名の通り、ポイントの貯まりやすさに重点を置きたい方向けのコースです。

た〜まるコース』を選択した場合、100円のカード利用に対して1ポイントが貯まることに加え、獲得ポイントに応じて以下のボーナスポイントが付与されます。

年間獲得ポイント ボーナスポイント
2,000ポイント〜 +200ポイント
3,000ポイント〜 +300ポイント
4,000ポイント〜 +400ポイント
5,000ポイント〜 +500ポイント

上記以降、1,000ポイントごとに100ポイントずつ上乗せされていく仕様です。

年間獲得ポイントが10,000ポイントなら+1,000ポイント、年間獲得ポイントが20,000ポイントなら+2,000ポイントといった具合ですね。

ちなみに出光カードは出光×セゾンカードの提携で発行されているクレジットカードではあるものの、出光カードで貯まるポイントはセゾン系の永久不滅ポイントではなく、プラスポイントと呼ばれるポイントです。

なお、出光カードの『た〜まるコース』で貯まったポイントの有効期限は3年間で、様々な食品や日用品、電化製品などと交換できます。

商品の中には期間限定のアイテムもありますから、ぜひコツコツとポイントを貯めていただき、お気に入りの商品をゲットしてみてください。

ね〜びきコースで割引額が飛躍

ね〜びきコース』を選ぶと、出光カードの月間利用額10,000円につき、ね〜びきポイントが1ポイントもらえます。

利用額が5,000円〜10,000円だった場合は0.5ポイントの付与です。

ちなみにここで言うね〜びきポイントは、前述の『た〜まるコース』で得られるポイントの性質とは異なり、出光SSにおける割引に特化したポイントです。

獲得したね〜びきポイントに応じて以下の通り、割引される単価が決まります。

値引き対象商品 ね〜びきレート ねびき単価
出光スーパーゼアス(ハイオク) ね〜びきポイント×1.0円/ℓ 最大20円/ℓ引き
出光ゼアス(レギュラー)
出光軽油(軽油)
出光灯油(灯油) ね〜びきポイント×0.5円/ℓ 最大10円/ℓ引き
出光ぜプロ(オイル) ね〜びきポイント×10.0円/ℓ 最大200円/ℓ引き
アストモスガス(LPガス) ね〜びきポイント×3.0円/m3 最大60円/m3

月間利用額は利用場所を問いません。つまり、出光SS以外の加盟店で利用した分も全て月間利用額としてカウントされます。

様々なシーンでクレジット決済を重ねていけば、ね〜びきポイントがどんどん貯まり、出光SSで享受可能な割引額が飛躍することは間違いないでしょう。

ぜひ積極的に出光カードを愛用し、最大20円/ℓ引きを目指してみてください。

ウェブ明細の利用で追加値引きを享受できる

出光カードの会員は、ウェブ明細を利用することで、出光SSにおける追加値引きを享受できます。本特典の内容は次の通りです。

  • 毎年4/11~5/10の出光SS利用のガソリン・軽油代が通常の値引きに加えて3円/ℓ引き
  • 毎月10ポイントプレゼント

明細を紙媒体からウェブに変えるだけで3円/ℓ引きは実にお得です。しかもエコですね。

ちなみに、オンラインで出光カードに入会される場合は、デフォルトでウェブ明細の扱いとなるため、特に手続きは必要ないですよ。

ロードサービスの年会費が初年度無料

出光カードの会員は、初年度無料で以下のロードサービスを利用できます。

  • レッカーサービス(10kmまで無料)
  • バッテリーあがり
  • ガス欠
  • キー閉じ込み
  • スペアタイヤ交換
  • 落輪引き上げ

後ほど口コミの項でも紹介しますが、本特典があれば、JAFに加入する必要がないと言っても過言ではありません。

なお、2年目以降も上記のロードサービスを特別価格の税込825円で享受できますから、ライダーにとって、出光カードはマストアイテムと言えるでしょう。

西友やリヴィン、サニーで5%オフ

全国の西友・リヴィンで5%OFFの優待セゾン系カードなので毎月2回、西友とリヴィンで5%オフ!

本項でピンときた方もいるかもしれませんが、出光カードは出光×セゾンカードの提携カードです。

つまり、出光カードの会員はセゾンカードならではの特典として、以下の店舗で5%オフを享受できます。

  • 西友
  • リヴィン
  • サニー

5%オフが適用されるのは原則として月2回ですが、店舗や月によって対象日が異なるため、上記のスーパーに出かける前に、『5%オフ開催日カレンダー』をチェックしておきましょう。

10,000円の買い物が9,500円に。30,000円のまとめ買いなら28,500円で済むと考えれば、本特典を活用しない手はありませんね。

出光カードの口コミ

出光カードの口コミ飲食店を決める際、公式ホームページよりも食べログに視聴率が集まるのと同じで、クレジットカードを選ぶ際もやはり、実際のユーザーの評判が気になりますよね。

そこでここでは以下の項目に沿って、出光カードの口コミを考察していきたいと思います。

  • 出光カードはロードサービスがお得
  • 出光カードは審査のハードルが低い

出光カードを作成しようか決めかねている方はもちろんですが、出光カードの発行を心に決めている方もぜひ、以下の内容を参考にしてみてください。

良い口コミ1|出光カードはロードサービスがお得

車やバイクなどを日常的に利用する人がぜひとも加入しておきたいのがロードサービスです。

JAFに加入していなかったことによって、ずいぶんと損をしてしまったドライバーさんも多いのではないでしょうか。

さて、そんなロードサービスに関して、興味深い口コミがあります。早速見ていきましょう。

ご覧の通り、あちこちで出光カードのロードサービスの素晴らしさが呟かれています。「もはやJAFの必要性たるや?」と疑問に思っている方も多いことがうかがえますね。

たとえあなたがどれだけ配慮していても、不慮の事故が起こる可能性を0%にすることはできません。

この点を踏まえると、万が一の時に備え、出光カードのロードサービスを付帯させておく価値は十二分にあるでしょう。

良い口コミ2|出光カードは審査のハードルが低い

いざ!クレジットカードの発行へ!

と思った時に気になるのが、果たして無事に審査を突破できるかどうかということではないでしょうか。

安心してください。以下の口コミをご覧いただければお分かりの通り、出光カードの審査はハードルが低いのです。

クレジットカードの審査に自信のない方がダメ元で突撃したにもかかわらず、問題なく出光カードの審査に通ったという事実は、きっとあなたの背中を押してくれるハズです。

もちろん、さすがにブラックリスト入りしている場合は厳しいですが、そうでなければ、自信を持って出光カードにエントリーしてくださいね。

\初年度無料でお試しできる!/
» 公式サイトで詳しく見る

出光カードの気になるデメリット

出光カードの気になるデメリットどんな商品やサービスにもメリットとデメリットが存在します。

もちろん出光カードも例外ではなく、出光カードを発行する前に、以下のデメリットについてはきちんと理解しておくべきです。

  • ポイント還元率には期待できない
  • 旅行傷害保険が付帯しない

換言すれば、これらのデメリットが気にならないようであれば、迷うことなく出光カードを発行すると良いでしょう。

それでは早速、それぞれの項目について解説していきますよ。

ポイント還元率には期待できない

出光カードはポイントを稼ぐ上でおすすめとは言えません。

確かにポイントを貯めたい方向けの『た〜まるコース』は、『ね〜びきコース』と比較するとポイントが貯まりやすいですが、それでも基本還元率は1%です。

クレジットカードに精通している方ならご存知の通り、楽天カードやJCB CARD W、リクルートカードなど、年会費永年無料でかつ、基本還元率1%以上のカードは多く存在するのです。

  • 出光カードはポイントを稼ぐ上でおすすめとは言えない
  • ポイント特化型の『た〜まるコース』でも基本還元率は1%
  • 世の中には年会費永年無料で基本還元率1%以上のクレジットカードが数多く存在する

以上を踏まえると、出光カードを使うならやはり、出光SSにおける割引額が飛躍する『ね〜びきコース』がオススメと言えます。

一般加盟店でポイントをザクザク稼ぎたいなら、楽天カードやJCB CARD W、リクルートカードをメインカードとして活用する方がスマートな方法ですよ。

旅行傷害保険が付帯しない

出光カードの会員は、道路上のトラブルに対する補償はロードサービスでカバーできますが、旅行中のトラブルに対しては全くの無防備です。

特に海外旅行傷害保険が一切付帯しないのは実に恐ろしいことで、海外の病院で1週間もお世話になろうものなら、それだけでサラリーマンの平均的な年収が一瞬にして吹っ飛びます。

あなたが旅行をエンジョイするどころか、あり得ない数の諭吉さんがいっぺんに旅立ってしまうのです。

さて、それではどうすればいいか。答えはシンプルで、旅行傷害保険に強い以下のようなカードを合わせて発行しておくことをおすすめします。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • 横浜インビテーションカード

上記はいずれも年会費無料で発行できる上、エポスカードや横浜インビテーションカードに関しては、自動付帯で充実した海外旅行傷害保険を享受できます。

旅行好きな方ならぜひ、旅行傷害保険が付帯したカードも備えておいてくださいね。

出光カードと出光カードまいどプラスの違いを比較|本当にお得なのはどっち?

出光カードと出光カードまいどプラスの違いを比較|本当にお得なのはどっち?

※はみ出ている場合は横スクロール推奨

出光カード 出光カードまいどプラス
基本還元率 一般加盟店:1%(た〜まるコースの場合)
出光SS:ガソリン・軽油:2円/ℓ引き
灯油:1円/ℓ引き
※入会後1ヶ月間
ガソリン・軽油:10円/ℓ引き
灯油:5円/ℓ引き
※選択するコースによって還元仕様が異なる
一般加盟店:0.5%
出光SS:ガソリン・軽油:2円/ℓ引き
灯油:1円/ℓ引き
※入会後1ヶ月間
ガソリン・軽油:5円/ℓ引き
灯油:3円/ℓ引き
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 無料 無料
家族カード 初年度:無料
2年目以降:440円(税込)
無料

出光×セゾンカードの提携で発行されているクレジットカードの中には、出光カードの他に、出光カードまいどプラスがあります。

初見ではどちらがどのようにお得なのかわからないですよね。

そこでここでは以下の項目に沿って、双方のクレジットカードの比較検討を進めていきたいと思います。

  • 出光カードと出光カードまいどプラスの共通項
  • 出光カードと出光カードまいどプラスの還元率の違い
  • 出光カードと出光カードまいどプラスの年会費の違い
  • 出光カードと出光カードまいどプラスの国際ブランドの違い
  • 出光カードと出光カードまいどプラスの特典の違い
  • 出光カードと出光カードまいどプラスの補償内容の違い

当記事をご覧のあなたは出光カードの発行を検討しているかと思いますが、以下の内容をご覧になった上で、出光カードまいどプラスの魅力に気付くかもしれません。

ぜひ決断を急ぐ前に、それぞれのカードスペックを把握した上で、あなたのニーズにぴったりとフィットする一枚を選定してください。

出光カードと出光カードまいどプラスの共通項

  • 出光×セゾンカードの提携で発行されている
  • ETCカードは完全無料
  • 西友やリヴィン、サニーなどで5%オフ

西友やリヴィン、サニーなどで5%オフが享受できるセゾン系カードならではの特典は、出光カードと出光カードまいどプラスの双方に付帯しています。

つまり、5%オフ特典以外の部分に目を向けると、それぞれのクレジットカードの特色が見えてくるというわけですね。

続いて還元率の違いを見ていきましょう。

出光カードと出光カードまいどプラスの還元率の違い

※はみ出ている場合は横スクロール推奨

出光カード 出光カードまいどプラス
基本還元率 一般加盟店:1%(た〜まるコースの場合)
出光SS:ガソリン・軽油:2円/ℓ引き
灯油:1円/ℓ引き
※入会後1ヶ月間
ガソリン・軽油:10円/ℓ引き
灯油:5円/ℓ引き
※選択するコースによって還元仕様が異なる
一般加盟店:0.5%
出光SS:
ガソリン・軽油:2円/ℓ引き
灯油:1円/ℓ引き
※入会後1ヶ月間
ガソリン・軽油:5円/ℓ引き
灯油:3円/ℓ引き

当記事で解説した通り、出光カードは『た〜まるコース』と『ね〜びきコース』のどちらを選択するかで還元仕様が変わります。

一方で、出光カードまいどプラスの会員は、月額550円(税込)の有料オプション『ねびきプラスサービス』への申し込みで割引額がアップするという特典が付帯します。

ショッピング月間利用額 上乗せされる割引
〜3万円未満 なし
3〜4万円未満 +1円/ℓ
4〜5万円未満 +2円/ℓ
5〜6万円未満 +3円/ℓ
6〜7万円未満 +4円/ℓ
7〜8万円未満 +5円/ℓ
8万円以上 +6円/ℓ

ご覧の通り、毎月8万円以上の利用額を計上すれば、出光SSで+6円/ℓの割引が適用されます。

ただ、出光カードで『ね〜びきコース』を選んだ場合、毎月8万円以上の利用額に対して8円/ℓの割引を享受できる上、利用額によっては最大20円/ℓ引きが適用されるのは注目すべき点です。

出光カードまいどプラスの会員が有料で『ねびきプラスサービス』に加入するよりも、出光カードの会員が無料の『ね〜びきコース』を選んだ方が、出光SSにおける割引額が高いというわけですね。

以上を踏まえると、出光SSにおける還元率は出光カードに軍配が上がると言えます。

出光カードと出光カードまいどプラスの年会費の違い

出光カード 出光カードまいどプラス
年会費 初年度無料
2年目以降:1,375円(税込)
無料

出光カードは2年目以降に1,375円(税込)の年会費がかかるのに対し、出光カードまいどプラスは永年無料です。

先ほど、出光SSにおける割引額は出光カードに分があると結論付けましたが、年会費を考慮に入れると、果たしてどちらがお得なのでしょうか。

2019年の総務省の家計調査によると、1ヶ月のガソリン平均給油量は35ℓ〜45ℓ程度となっています。

仮に毎月40ℓ給油すると仮定すれば、出光カードの2年目以降の年会費分をペイするために必要な割引額は3円/ℓ引き程度です。

これはすなわち、出光カードで『ね〜びきコース』を選択し、毎月コンスタントに30,000円以上のカード利用を計上できる方なら無理なくクリアできるボーダーラインと言えます。

逆に言えば、「毎月30,000円も使わないよ!」という方は、出光カードまいどプラスの方がお得です。

もちろん、毎月の給油量によって結論は変わります。

ぜひ電卓を片手にお得度合いを正確に掴み、どちらのカードがあなたにとってベターであるかを見極めてください。

出光カードと出光カードまいどプラスの国際ブランドの違い

出光カード 出光カードまいどプラス
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB VISA/MasterCard/JCB/AMEX

ついつい見落としてしまいそうですが、出光カードと出光カードまいどプラスでは、選択可能な国際ブランドが異なります。

ご覧の通り、出光カードまいどプラスはAMEXも選択肢に含まれており、AMEXブランドも他の国際ブランドと同様に、年会費永年無料で保持できるのがアドバンテージです。

もちろん、AMEXブランドを選択すれば、アメリカン・エキスプレス・コネクトなどのAMEXブランドならではの特典も享受できます。

このようにそれぞれのクレジットカードの特徴を整理していくと、一概にどちらが良いとは言えないことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

出光カードと出光カードまいどプラスの特典の違い

出光カード 出光カードまいどプラス
特典 ・選べるコースでお得
・ロードサービスが初年度無料
・西友やリヴィン、サニーで5%オフ
・ウェブ明細の利用でガソリン代がお得
・ねびきプラスサービスでガソリン代がお得
・西友やリヴィン、サニーで5%オフ
・ウェブ明細の利用でガソリン代がお得

両者の特典を比較すると、主な違いは以下の3点に絞ることができます。

  • 出光カードは選べるコースが選択できる
  • 出光カードはロードサービスが初年度無料
  • 出光カードまいどプラスはねびきプラスサービス(有料オプション)を適用できる

まずは選択可能なコースやねびきプラスサービスに関して。

還元率の項でもお伝えした通り、出光SSにおける還元率は、出光カードで『ね〜びきコース』を選択するのが一番お得です。

また、ロードサービスに関してですが、出光カードと出光カードまいどプラスのどちらを選んでも、享受可能なサービス内容は同じです。

ただし、出光カードは初年度無料で2年目以降は825円(税込)。

一方、出光カードまいどプラスは初年度から825円(税込)という差があります。

ロードサービスに加入したい方にとっては、出光カードの方がお得感がありますね。

参考» ロードサービスが付帯するおすすめクレジットカード6選|これを使えばJAFは不要に?!

出光カードと出光カードまいどプラスの補償内容の違い

出光カードと出光カードまいどプラスの補償内容に違いはありません。

いずれのクレジットカードにも、紛失・盗難補償が付帯しています。

紛失・盗難補償は万が一、クレジットカードを紛失したり、盗難に伴う不正利用をされた場合でも、紛失・盗難の届けを出した日を含め、61日前にさかのぼって補償を受けることができる補償です。

ただし、出光カードと出光カードまいどプラスの弱点として、旅行傷害保険の付帯がない点は気になるところ。

旅行中に安心感をプラスしたい方は、楽天カードやエポスカード、横浜インビテーションカードなどを各種出光カードのパートナーとしてお迎えしたいですね。

  • 出光カードと出光カードまいどプラスの補償内容に違いはない
  • 出光カードと出光カードまいどプラスの双方に紛失・盗難補償が付帯する
  • 出光カードと出光カードまいどプラスの弱点は旅行傷害保険が付帯しないこと

 

出光カードの審査難易度や審査時間

出光カードの審査難易度や審査時間出光カードの審査難易度の詳細が気になる!

出光カードが届くまでにどのくらいの日数が必要?

このような疑問をお持ちの方にぜひご確認いただきたいのが本項の内容です。

ここでは以下の項目に沿って、出光カードの審査難易度や審査時間について触れておきたいと思います。

  • 出光カードの発行元は出光×セゾンカード
  • 出光カードの審査は厳しくない
  • 出光カードは最短5営業日で届く

出光カードの審査に対して不安を感じている方にまずお伝えしたいこととしては、出光カードの審査はさほど厳しくないという事実です。

以下、審査落ちしないためのポイントも織り交ぜながら解説していきますので、これから出光カードの審査にチャレンジする方はぜひ、参考にしてみてください。

出光カードの発行元は出光×セゾンカード

当記事ですでに示した通り、出光カードは出光×セゾンカードの提携で発行されています。

一般的に、プロパーカード(カード会社が独自に発行しているクレジットカード)よりも提携カードの方が、審査難易度は低いです。

つまり、出光カードが出光×セゾンカードの提携で発行されていることを知るだけで、そこまで審査のハードルが高いわけではないことが読み取れます。

さらに言うと、出光×セゾンカードの提携で発行されている出光カードは、信販系に分類されることも審査難易度を考慮する上で大きなヒントと言えます。

  • 出光カードは出光×セゾンカードの提携カード
  • 出光カードは信販系に分類される

次項でもう少し深掘りしていきましょう。

出光カードの審査は厳しくない

クレジットカードには以下の通り、様々な分類があります。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系←ココ!
  • 流通系
  • 消費者金融系

上記のうち、特に審査が厳しいのが外資系と銀行系です。いかにも厳しそうな雰囲気がありますよね。

一方で、信販系や流通系、消費者金融系のクレジットカードは、そこまで厳しく審査されるわけではありません。

さて、ここで前項の内容を思い出してください。出光カードは信販系に分類される一枚でしたね。

つまり、出光カードは提携カードであることに加え、信販系に分類されるため、審査が厳しくなる要素が見当たらないのです。

ダメ押しで付け加えると、出光カードは初年度無料で保有可能な一般カード(非ゴールドカード)です。

年会費が高額なゴールドカードやプラチナカードなら、それなりの審査のハードルが設けられますが、初年度無料の一般カードなら、誰でも気軽にチャレンジできますね。

出光カードは最短5営業日で届く

出光カードの申し込み〜カード到着の大まかな流れは次の通りです。

  1. 出光カードの申し込み手続きをする
  2. 受付完了』のメールが届く
  3. 申し込み確認の電話が入る
  4. 審査
  5. 出光カードが発送される(最短4営業日後)
  6. 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)到着のお知らせ』の案内が届く(最短5営業日後)

ご覧の通り、申請内容や必要書類に特に不備がない限り、申し込みから最短5営業日後に本人限定受取郵便(特定事項伝達型)が届きます。

もちろん、上記は理想的な流れであり、イレギュラーもありますから、あくまでも参考程度にとどめておいてください。

審査周りについて、何か不明なことがあれば、以下の窓口に連絡してみると良いでしょう。

出光カード会員サービスデスク
  • 電話番号:0570-064-034
  • 受付時間:9:00〜18:00(1/1休)

出光カードを活用しよう!

出光カードここまでの内容をご覧いただいた方なら、出光カードや出光カードまいどプラスに対する理解がずいぶんと深まったのではないでしょうか。

ここで振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

出光カードの特典
  • た〜まるコースでポイントが貯まりやすくなる
  • ね〜びきコースで割引額が飛躍
  • ウェブ明細の利用で追加値引きを享受できる
  • ロードサービスの年会費が初年度無料
  • 西友やリヴィン、サニーで5%オフ
出光カードのデメリット
  • ポイント還元率には期待できない
  • 旅行傷害保険が付帯しない
出光カードまいどプラスの比較
  • 主な共通項は西友やリヴィン、サニーなどにおける5%オフ
  • 還元率は出光カードに軍配が上がる
  • 年会費は出光カードまいどプラスに軍配が上がる
  • AMEXブランドを選択できるのは出光カードまいどプラスのみ
  • 出光カードはロードサービスが初年度無料
  • 補償内容は双方のカードにおいて差異なし
出光カードの審査難易度/カード発行までの時間
  • 出光カードの発行元は出光×セゾンカード
  • 出光カードの審査は厳しくない
  • 出光カードは最短5営業日で届く

出光カードの強みはなんといっても出光SSにおける割引率です。

クレジット決済を重ねれば重ねるほど、出光SSでのお得度合いは飛躍しますので、ぜひ様々なシーンで積極的に出光カードを愛用してくださいね。

\初年度無料でお試しできる!/
» 公式サイトで詳しく見る

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレコミ】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪