クレジットカードの比較

【ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドを完全比較】特典内容の違いや選び方を解説!

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの違いについて詳しく知りたい!

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドはどんな風に比較すればいい?

こちらの記事に辿り着いたあなたならおそらく、ダイナースクラブカードとアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(以下アメックス・ゴールド)を天秤に掛けていることでしょう。

ここでは、ワンランク上のステータスカードであるダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの基本情報や特典を紹介した後、それぞれのクレジットカードの比較検討を進めていきたいと思います。

現時点でどちらのクレジットカードにしようか頭を抱えているあなたにとっては、見逃し厳禁の内容がぎっしり詰まっています。

ぜひ以下の内容を参考にしていただき、よりあなたのニーズにフィットした一枚を選定してみてください。

【ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドを完全比較】特典内容の違いや選び方を解説!

\初年度無料キャンペーン中!/
» ダイナース公式サイト

\見た目の圧倒的ゴージャス感/
» アメックスゴールド公式サイト

ダイナースクラブカードの特徴

ダイナースクラブカード
基本還元率 1%
年会費 24,200円(税込)
国際ブランド Diners Club
ETCカード 無料
家族カード 5,500円(税込)

» 公式サイトを見る» 詳細を見る

ダイナースクラブカードの特典
  • ダイナースクラブ ごひいき予約などのダイニング関連の特典が充実
  • 国内の主要空港ラウンジの他、世界中の空港ラウンジも利用できる
  • ハイアットやザ・ペニンシュラなどの一流ホテルにおける特別優待を享受できる
  • 名門ゴルフ場の優待予約など、ゴルフ関連の特典が充実
  • 国内外の旅行傷害保険が充実
  • ショッピング・リカバリーが充実
  • コンパニオンカードの発行が無料
  • ダイナースクラブポイントモールの経由でネット通販がお得になる

ダイナースクラブ ごひいき予約などのダイニング関連の特典が充実

ダイナースクラブ ごひいき予約などのダイニング関連の特典が充実グルメ系の特典が豊富!

他のステータスカードではなかなか享受できないダイナースクラブカードの魅力に、ごひいき予約などのダイニング関連の特典が挙げられます。

特典 優待内容
ダイナースクラブ ごひいき予約 予約の取りづらい名店で生じたキャンセル席をダイナースクラブが買い取り、カード会員へ即時公開するサービス
エグゼクティブ ダイニング 対象レストランの所定のコース料理において以下の優待
・2名以上の予約で1名分が無料
・6名以上の予約で2名分が無料
ごほうび予約 ダイナースクラブカードが厳選するレストランで、1名限定のお得なコースを堪能できる
Wishダイニング 星付きレストランなどを含め、インターネットで予約の取りにくいレストランの席を事前に予約できる
ダイナースクラブ・スムーズダイニング 専用デスクであらかじめ予約しておくと、当日はダイナースクラブカードの提示もサインも不要で決済できる
おもてなしプラン 対象店舗において、シェフやオーナーが心をこめて用意するその店ならではのおもてなしを享受できる
料亭プラン 通常では予約が困難な高級料亭を、ダイナースクラブがカード会員に代わって予約するサービス
デュカス・パリとのパートナーシップ フランス料理界の天才と称され、今なおその地位に君臨し続けるアラン・デュカス氏との提携により、カード会員限定の優待サービスやイベントを堪能できる特典
ナイトイン銀座 大人を象徴する街、銀座のオーセンティックバーや高級クラブをお得に利用できるサービス

ダイナースクラブカードのエグゼクティブ ダイニングと似た特典に、アメックス・ゴールドのゴールドダイニング by 招待日和があります。

ただし、ゴールドダイニング by 招待日和には、6名以上の予約で2名分が無料となる優待はありません。

大切な人と二人で至高のひとときを過ごす場合なら特に気にする必要はないですが、6名以上のメンバーで会食する機会においては、ダイナースクラブカードのエグゼクティブ ダイニングに軍配が上がりますね。

また、ダイナースクラブ・スムーズダイニングも、アメックス・ゴールドでは得られない稀有な特典の一つです。

スムーズダイニングを活用すれば、ダイナースクラブカードを提示する必要がないのはもちろん、カード会員がその場にいなくても決済が完了します。

これほどまでにおしゃれな会計が、他にあるでしょうか。

サプライズや接待のシーンが多い方にとって、ダイナースクラブカードは非常に価値の高い1枚と言えますね。

名門ゴルフ場の優待予約など、ゴルフ関連の特典が充実

名門ゴルフ場の優待予約など、ゴルフ関連の特典が充実ステータスある名門のゴルフ場の優待が付帯

世の中には実に様々なステータスカードが存在しますが、ダイナースクラブカードほど、ゴルフ関連の特典が充実している一枚はなかなかお目にかかれません。

以下、ダイナースクラブカードで得られるゴルフ関連の特典を見てみましょう。

名門ゴルフ場優待予約 国内屈指の名門ゴルフ場の利用に際し、予約代行や割引など優待を享受できる
プライベートレッスン優待 プライベートレッスンを最大50%割引で利用可能
入会金、年会費が不要で、クラブ、レンタルシューズも無料
フィッティングサービス優待 フィッティングサービス(その人にフィットするクラブの選択と調整の提案をしてもらうサービス)において、割引を享受できる
ゴルフ練習場優待 対象のゴルフ練習場で、利用料の割引を享受できる
オンラインゴルフ場予約
(GDOゴルフ)
全国のゴルフ場を24時間いつでもオンライン予約できる

ゴルフを単なる遊びと捉えることなかれ。

ゴルフをきっかけに、商談がトントン拍子に進むことはありますし、ゴルフを通じて成功者や人格者と出逢う可能性は大いに見込めます。

現時点ですでにゴルフにハマっている人はもちろん、これからゴルフデビューを果たす方もぜひ、ダイナースクラブカードのゴルフ関連の特典を存分に活用してみてくださいね。

コンパニオンカードの発行が無料

コンパニオンカードの発行が無料

ダイナースクラブカードの会員は、コンパニオンカードとして、TRUST CLUB プラチナマスターカードを無料で発行することができます。

TRUST CLUBプラチナマスター本来であれば、TRUST CLUB プラチナマスターカードの年会費は3,300円(税込)ですが、ダイナースクラブカードの会員なら無料で付帯可能です。

無料で得られるのであれば、付帯しない理由はないですよね。

ちなみに、TRUST CLUB プラチナマスターカードを発行すれば、ダイニング by 招待日和やBoingo Wi-Fiなどのサービスを享受できます。

まず、ダイニング by 招待日和は、全国約200店の有名レストランにて、2名以上の利用で1名分が無料になるサービスです。

ダイナースクラブカードにもエグゼクティブダイニングというダイニング by 招待日和と似た特典がありますが、両者の違いは次の通りです。

サービス名 エグゼクティブダイニング ダイニング by 招待日和
同一店舗での利用回数 半年に1回まで 半年に1回まで
トータルの利用回数 制限なし 1人あたり月に2回まで
予約方法 WEBもしくは電話で予約 3営業日前(土日祝除く)までに、WEBサイトで予約
優待内容 ・2名以上で所定のコースを予約した場合、1名分が無料
・会員を含む6名以上で所定のコース料理を利用した場合、2名分のコース料金が無料(一部店舗のみ)
2名以上で所定のコースを予約した場合、1名分が無料

鋭いあなたならお気づきかもしれませんが、エグゼクティブダイニングとダイニング by 招待日和の双方を活用すれば、同一店舗でも半年に2回まで利用できるようになります。

続いてBoingo Wi-Fiですが、こちらは世界100カ国、100万箇所以上のホットスポットで、インターネットに接続できるサービスです。

カフェやレストラン、ショッピングモールにホテルなど、ありとあらゆる場所でWi-Fiを接続できるのは嬉しいですよね。Wi-Fiがない場所ではなかなか上手く再生できないyou tubeも、Boingo Wi-Fiがあればストレスフリーで視聴できます。

ちなみに、本サービスはJALの機内やアジア系の航空会社でも利用できますから、移動中に仕事を進めたい方にも抜群のサービスと言えるでしょう。

\今だけ初年度無料だからこそ試したい/
» 公式サイトで詳しく見る

アメックス・ゴールドの特徴

アメックス・ゴールド
基本還元率 1%
年会費 31,900円(税込)
国際ブランド AMEX
ETCカード 新規発行手数料:935円(税込)
年会費:無料
家族カード 1人目:無料
2人目:13,200円(税込)

» 公式サイトを見る» 詳細を見る

アメックス・ゴールドの特典
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • 空港ラウンジ特典が利用できる
  • プライオリティ・パス・メンバーシップに無料で登録できる
  • 充実の旅行傷害保険が付帯
  • 各種プロテクションが付帯
  • アメックス・プラチナカードへの道が開ける

高級レストランのコース料理が1名分無料

高級レストランのコース料理が1名分無料1名様分のコース料理が無料!(カードは旧デザイン)

アメックス・ゴールドの目玉とも言える特典が、以下のメリットを享受できる「ゴールドダイニング by 招待日和」です。

  • 所定のコース料理を2名分予約すると1名分が無料(利用金額の上限なし)
  • 国内外200以上の高級レストランが対象

普段はなかなか手が届かないような高級レストランでも、2名分のうち、1名分が無料になるならかなりハードルが下がりますよね。

そして本特典の素晴らしい点としては、同一店舗の利用は半年に1回までという制限はあるものの、トータルの利用金額については上限が設けられていないことです。

仮に大切な人を毎月1回レストランに招待し、一人20,000円のコース料理をオーダーすると想定した場合、20,000円×12ヶ月で年間240,000円もお得になります。

え!そんなにお得になるの?

と驚かれたのではないでしょうか。

グルメに目がない方にとって、アメックス・ゴールドのゴールドダイニング by 招待日和は至高のメリットと言えるでしょう。

参考» ゴールドダイニング by 招待日和の評判とは?登録方法から使えるお店まで徹底解説

各種プロテクションが付帯

各種プロテクションが付帯補償の充実、幅広さが大きなメリット

アメックス・ゴールドには以下の通り、数々の充実したプロテクション(補償)が付帯しています。

プロテクション 内容
ショッピング・プロテクション アメックス・ゴールドで購入した商品が偶然の事故によって破損や盗難に遭った場合、以下の条件で補償を受けることができる
・購入日から90日以内
・年間最大500万円まで
・1事故につき10,000円の免責
オンライン・プロテクション 万一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、全額補償がある
リターン・プロテクション アメックス・ゴールドカードで購入した商品の返品が万が一、購入した店舗で受け付けてもらえない場合、以下の条件で補償を受けることができる
・購入日から90日以内
・1商品につき3万円
・年間15万円限度
キャンセル・プロテクション 急な出張や突然の病気、怪我による入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用など(同行予定の配偶者分含む)の損害が年間最大10万円まで補償される

ショッピング・プロテクションに関しては、当記事で引き合いに出しているダイナースクラブカードに付帯するショッピングリカバリーと同等の補償内容となっています。

ちなみに、特に注目していただきたいのは、急な予定変更に対しても最大10万円の補償が用意されているキャンセル・プロテクションです。

人生何が起こるか分かりませんから、楽しみにしていたイベントも、のっぴきならない事情でキャンセルせざるを得ないこともあるでしょう。

そんな時にアメックス・ゴールドを保有していれば、あなただけではなく、同行予定の配偶者の分も含め、10万円を限度として、キャンセル費用の損害が補填されるのです。

キャンセル・プロテクションのような万が一の時の備えがあれば、様々なイベントや旅行に対してより積極的に参加できそうですね。

アメックス・プラチナカードへの道が開ける

アメックスプラチナカードあなたがアメックス・ゴールドを様々なシーンで積極的に利用し、カード会社からの信頼を積み重ねていけば、いずれアメックス・プラチナカードへのインビテーションが届くかもしれません。

アメックス・プラチナカードといえばアメックスの頂点に近いとも言えるステータスカードであり、アメックス・ゴールドで得られる特典に加え、以下のような至高のメリットを得ることができます。

  • メンバーシップ・リワード・プラスの年会費が無料
  • 入会時と毎年の誕生日にはギフトが贈られてくる
  • 有名ホテルの上級会員資格が得られる
  • フリー・ステイ・ギフトを享受できる
  • プラチナ・アクセスで格式の高い料亭に行ける
  • 旅行傷害保険の補償額がさらにグレードアップ
  • 各種プロテクションの補償額がさらにグレードアップ

アメックス・プラチナカードはそうそう簡単に審査に通過できる代物ではありません。

それゆえ、あなたがもしアメックス・プラチナカードのインビテーションを勝ち取れば、周囲から羨望の眼差しを受けることは間違いないでしょう。

いつかはアメックスのプラチナカードを持ってみたい!

という方はまず、アメックス・ゴールドを発行していただき、着実にアメックス・プラチナへの道のりを歩んでいってください。

\ステータスカードとしての魅力/
» 公式サイトで詳しく見る

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドを比較|特典の違いとは?

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドを比較|特典の違いとは?さて、ここまではダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドそれぞれの基本情報および特典について見てきました。

そしてここからはいよいよ、以下のテーマに沿って、ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドのステータスカードの比較に移っていきたいと思います。

  • ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの共通項
  • ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの年会費の違い
  • ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの還元率の違い
  • ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの特典の違い
  • ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの補償内容の違い

年会費や還元率、特典、補償などの項目ごとに分けて比較を進めていけば、よりそれぞれのステータスカードの特徴が浮き彫りになり、あなたが本当に必要なステータスカードの選定ができることでしょう。

それでは早速、それぞれの内容について深掘りしていきますよ。

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの共通点

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの共通点ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの共通項は次の通りです。

  • ワンランク上のステータスカード
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • 国内の主要空港ラウンジはもちろん、世界中の空港ラウンジも無料で利用できる

高級レストランのコース料理が1名分無料になる特典については、ダイナースクラブカードならエグゼクティブ ダイニング、アメックス・ゴールドならゴールドダイニング by 招待日和が利用可能です。

エグゼクティブ ダイニングもゴールドダイニング by 招待日和も似通った特典ですが、6名以上のレストラン利用で2名分無料になるのは、エグゼクティブ ダイニングならではのアドバンテージと言えます。

また、空港ラウンジ特典についてですが、ダイナースクラブカードの会員は、アメックス・ゴールドのプライオリティ・パスでは利用できないKAL Business Class Loungeも含め、世界中に点在する空港ラウンジを利用できます。

以上を踏まえると、高級レストランのコース料理1名分無料の特典や空港ラウンジ特典に関しては、ダイナースクラブカードに軍配が上がると言えるでしょう。

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの年会費の違いを比較

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの年会費の違い年会費はダイナースクラブカードの方が安い!

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの年会費の違いは次の通りです。

ダイナースクラブカード アメックス・ゴールド
本会員の年会費 24,200円(税込) 31,900円(税込)
家族会員の年会費 5,500円(税込) 1人目:無料
2人目:13,200円(税込)

ご覧の通り、アメックス・ゴールドを持つより、ダイナースクラブカードを発行する方が、ランニングコストは7,700円(税込)分安いです。

ただし、家族で一緒にクレジットカードに入会するとなると、年会費に対する印象はずいぶん変わります。

アメックス・ゴールドの家族カードは1人目については無料ですから、たとえば夫婦揃ってアメックス・ゴールドに入会する場合、1人当たりの年会費負担は15,950円(税込)となり、かなりお得感があります。

ちなみに夫婦でダイナースクラブカードに入会する場合は、24,200円(税込)+5,500円(税込)で1人当たりの年会費負担は14,850円(税込)です。

したがって、家族2人でステータスカードを発行するのであれば、ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの年会費負担の差はほとんどなくなると言えますね。

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの還元率の違いを比較

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの還元率の違いANAマイルに交換するならダイナースクラブがお得に!

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの還元率は次の通り、どちらも同じです。

ダイナースクラブカード アメックス・ゴールド
還元率 1% 1%

ただし、ダイナースクラブカードで貯まるポイントと、アメックス・ゴールドで貯まるポイントは別物であり、それぞれのポイントで交換可能な商品やマイルも異なります。

まず、ダイナースクラブカードで貯まるポイントの交換先としては、キャッシュバックやAmazonギフト券、楽天ポイントなどがありますが、ANAマイルへの交換が最もレートが高くてお得です。

ただし、ダイナースクラブカードのポイントをマイルに交換する際には、6,600円(税込)の交換手数料が必要です。

一方、アメックス・ゴールドで貯まるポイントの交換先としては、キャッシュバックやポイント値引き、楽天ポイントなどがありますが、こちらもやはりANAマイルへの交換がおすすめです。

ただし、ダイナースクラブカードと同じようにアメックス・ゴールドで貯めたポイントをマイルに交換する際には、8,800円(税込)の交換手数料が必要となります。

以下、マイルへの交換手数料やレート、交換上限などについてまとめた表をご覧ください。

ダイナースクラブカード アメックス・ゴールド
マイルへの還元率 1% 1%
マイルへの交換手数料 年間6,600円(税込) 年間8,800円(税込)
交換可能なマイル ANAなど5社 ANAやJALなど15社
年間における交換上限マイル 40,000マイル 40,000マイル

カード利用で貯まったポイントをANAマイルに移行するのであれば、ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドのどちらを選んでも還元率は1%と同様です。

ただし、交換手数料はダイナースクラブカードの方が2,200円(税込)安いため、ダイナースクラブカードの方が、よりANAマイルを貯めやすいと言えるでしょう。

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの特典の違いを比較

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの特典の違いダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの特典の違いは次の通りです。

ダイナースクラブカード アメックス・ゴールド
それぞれのカードならではの特典 ・ごひいき予約などのダイニング関連の特典が充実
・一流ホテルで特別優待を享受できる
・名門ゴルフ場の優待予約など、ゴルフ関連の特典が充実
・コンパニオンカードの発行が無料
・ダイナースクラブポイントモールの経由でネット通販がお得になる
・家族カードの1人目が無料
・各種プロテクションが充実
・アメックス・プラチナカードへの道が開ける

グルメやホテル、ゴルフなどへの関心が強い方ならダイナースクラブカード、家族とともにクレジットカードを持ちたい人や、将来的にアメックス・プラチナカードを持ちたい方ならアメックス・ゴールドがぴったりです。

グルメ特典に関しては、高級レストランにおけるコース料理1名分無料の特典なら、ダイナースクラブカードだけでなく、アメックス・ゴールドでも享受できますよ。

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの補償内容の違いを比較

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの補償内容の違いダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの補償内容の違いは次の通りです。

ダイナースクラブカード アメックス・ゴールド
補償 ・最大1億円の海外旅行傷害保険
・最大1億円の国内旅行傷害保険
・最大500万円のショッピング・リカバリー
・最大1億円の海外旅行傷害保険
・最大5,000万円の国内旅行傷害保険
・最大4万円の航空便遅延費用補償
・最大500万円のショッピング・プロテクション
・最大10万円のキャンセル・プロテクション

ご覧の通り、国内旅行傷害保険の補償額についてはダイナースクラブカードに分がありますが、航空便遅延費用補償やキャンセル・プロテクションといったかゆいところにも手が届く補償を提供しているのはアメックス・ゴールドです。

日頃から空の旅をしている人なら経験があるかと思いますが、航空機の遅延は珍しいことではなく、それによってスケジュールの変更が生じたり、空港の周辺で宿泊する必要性も出てくるでしょう。

そんな時に航空便遅延費用補償があれば、「アメックス・ゴールドを持ってて良かった!」と胸を撫で下ろすことができそうですね。

ダイナースクラブカードがおすすめな人

ダイナースクラブカードがおすすめな人ここまでの内容を踏まえ、ダイナースクラブカードがおすすめな人は次の通りです。

  • ごひいき予約などのダイニング関連の特典に魅力を感じる人
  • ハイアットやザ・ペニンシュラなどの一流ホテルで特別優待を受けたい人
  • 名門ゴルフ場の優待予約など、ゴルフ関連の特典を活用したい人
  • コンパニオンカードを無料で発行したい人
  • 知る人ぞ知るステータスカードを持ちたい人

ダイナースクラブカードはアメックス・ゴールドよりも知名度は低いですが、知る人ぞ知るステータスカードというポジションを持っています。

あなたが普段の生活でダイナースクラブカードをチラリと財布から覗かせるだけで、クレジットカードに精通している方から「おっ!」という声が漏れ、それをきっかけに親交を深めることができるようになるかもしれませんよ。

\初年度無料キャンペーンを見逃すな/
» 公式サイトで詳しく見る

アメックス・ゴールドがおすすめな人

アメックス・ゴールドがおすすめな人ここまでの内容を踏まえ、アメックス・ゴールドがおすすめな人は次の通りです。

  • 家族と一緒にステータスカードを持ちたい人
  • キャンセル・プロテクションなど、想定外の事態に対する補償に魅力を感じる人
  • 最終的にアメックス・プラチナカードを持ちたい人

ダイナースクラブカードを引き合いに出した際に、アメックス・ゴールドの強みとなるのは、家族カードが無料で発行できる点や、かゆいところにも手が届く補償ですね。

また、最終的にアメックス・プラチナカードを持ちたい人ならアメックス・ゴールドの一択であり、迷う要素はありません。

アメックス・ゴールドは数あるステータスカードの中でも最もポピュラーな一枚です。

したがって、あなたがアメックス・ゴールドを持つようになれば、様々なシーンで周囲の人から注目を浴びることになるでしょう。

\ゴージャス感を味わえる/
» 公式サイトで詳しく見る

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドの比較まとめ

さて、ここまでの内容をご覧いただき、どちらのステータスカードをチョイスするか、決心はついたでしょうか。

ここで振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきたいと思います。

  • ダイナースクラブカードはダイニング関連の特典にめっぽう強い
  • ダイナースクラブカードなら一流ホテルで特別優待を享受できる
  • ダイナースクラブカードならゴルフ関連の特典をフル活用できる
  • ダイナースクラブカードならコンパニオンカードを無料で作成できる
  • アメックス・ゴールドなら家族会員の一人目は年会費無料
  • アメックス・ゴールドには、かゆいところにも手が届く補償が用意されている
  • アメックス・ゴールドを愛用していれば、アメックス・プラチナカードへの招待が届く

ダイナースクラブカードもアメックス・ゴールドもステータスカードとしては抜群であり、どこで出しても恥ずかしい思いをすることはありません。

ぜひあなたのニーズをより満たしてくれる一枚を選定していただき、今まで以上に便利かつ充実したライフスタイルを送ってみてくださいね。

» カードの比較に戻る

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレコミ】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪