プラチナカードの特典

【デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの特典】デルタスカイマイルの還元率は抜群!?

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの特典が知りたい!

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの還元率は良いの?

現時点でデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードに関心をお持ちのあなたなら、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの特典や還元率が気になっていることでしょう。

そこでここでは、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの基本情報に加え、具体的な特典の内容や還元率、実際のユーザーから発信されている口コミなどについて解説していきたいと思います。

なお、デルタ スカイマイル系のクレジットカードは他にも存在するため、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードとその他のデルタ スカイマイル系の比較についても記載しています。

ぜひあなたも、慌ててデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードを作成するのではなく、デルタ スカイマイル系のクレジットカードの全貌をご理解いただいた上で、あなたに合った1枚をチョイスし

気になる箇所をタップ
  1. デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの基本情報
    1. 新規入会後3ヵ月間で30万円以上のカード利用をすると、年会費の半額が戻ってくる
    2. 入会ボーナスマイルおよび更新ボーナスマイルもアツイ
    3. デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの家族カードは年会費無料
  2. デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの充実した特典と還元率
    1. ファーストフライトボーナスマイルで最大25,000マイルをゲットできる
    2. デルタスカイクラブを年6回利用できる
    3. VPCC(VISAプラチナ・コンシェルジュ・センター)が利用できる
    4. 空港ラウンジサービスが利用できる
    5. TRUST CLUBダイニングセレクションで高級レストランのコース料理が1名分無料
    6. 充実の国内外の旅行傷害保険が付帯
    7. 各種プロテクションが付帯
    8. TRUST CLUBポイントモールの経由でネット通販がお得になる
  3. デルタ スカイマイル系のクレジットカードの違いを比較
    1. デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは最もランクの高いステータスカード
    2. デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードはワンランク上の特典や補償を備えている
  4. デルタ航空のスカイマイルを貯めるメリット
    1. デルタ航空のスカイマイルは世界各国で利用できる
    2. デルタ航空のスカイマイルには有効期限がない
    3. 特典航空券は誰でも利用できる
    4. 1年間のマイルの移行上限数が定められていない
  5. デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードで快適な空の旅を!

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの基本情報

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード
基本還元率1.5%
年会費40,000円(税抜)
※条件クリアで初年度年会費半額返金
国際ブランドVISA
ETCカード無料
家族カード無料

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードはその名の通り、マイルをダイレクトに貯める上で効率の良い1枚です。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードで選べる国際ブランドはVISAのみですが、VISAは世界中のありとあらゆるシーンで決済できる国際ブランドですから、何の不都合もありません。

新規入会後3ヵ月間で30万円以上のカード利用をすると、年会費の半額が戻ってくる

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードに入会予定のあなたに声を大にしてお伝えしたいのは、以下の2つの条件を満たすことで、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの年会費の半額が返金されることです。

  • 他のカードからの切り替えではなく、直接デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードに入会する
  • 新規入会後3ヵ月間で、30万円以上のカード利用をする

3ヶ月以内で30万円以上ということは、1ヶ月あたり10万円のペースです。

様々な支払いをクレジットカードに集約すれば、無理なくクリアできるハードルと言えるのではないでしょうか。

入会ボーナスマイルおよび更新ボーナスマイルもアツイ

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員には以下の通り、入会および更新時にボーナスマイルが付与されます。

  • 入会ボーナスマイル:10,000マイル
  • 更新ボーナスマイル:5,000マイル

え!入会しただけで10,000マイルももらえるの?

と驚かれたかもしれませんね。

鋭いあなたならお気づきの通り、前述の年会費半額キャッシュバックの特典と入会ボーナスマイルのお得度合いを考えれば、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの年会費40,000円(税抜)は破格と言えますね。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの家族カードは年会費無料

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの素晴らしい点として、家族カードは年会費無料であることが挙げられます。

節約意識の高いあなたならすでに頭の中でそろばんをはじいていることと思いますが、家族でデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードを持てば、一人当たりの年会費負担を軽減できるのです。

家族カードの発行枚数一人当たりの年会費負担額
1枚20,000円(税抜)
2枚約13,333円(税抜)

上記をご覧いただければ、対象となる家族がいるのであれば、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの家族カードを持たないと絶対に損であることがお分かりいただけることでしょう。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの充実した特典と還元率

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの充実した特典と還元率デルタ系カードの最上級は特典も充実!

ますますデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードが気になってきた!

と思われているころでしょう。

そこでここでは以下の通り、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの特典や補償について見ていきたいと思います。

  • ファーストフライトボーナスマイルで最大25,000マイルをゲットできる
  • デルタスカイクラブを年6回利用できる
  • VPCC(VISAプラチナ・コンシェルジュ・センター)が利用できる
  • 空港ラウンジサービスが利用できる
  • TRUST CLUBダイニングセレクションで高級レストランのコース料理が1名分無料
  • 国内外の旅行傷害保険が付帯
  • 各種プロテクションが付帯
  • TRUST CLUBポイントモールの経由でネット通販がお得になる

何だか各項目を見てるだけでワクワクしてきますね。早速、それぞれの内容をさらに深掘りしていきますよ。

ファーストフライトボーナスマイルで最大25,000マイルをゲットできる

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員は、入会後6ヵ月以内に、初めてデルタ航空の運航によるデルタ航空便名のついた日本発着国際線のフライトに購入航空券で搭乗することで、以下のボーナスマイルを獲得できます。

  • デルタ・ワン、ビジネスクラス:25,000マイル
  • デルタ・プレミアムセレクト/デルタ・コンフォートプラス/メインキャビン/ベーシックエコノミー:10,000マイル

ビジネスクラスは少々ハードルが高いかもしれませんが、ベーシックエコノミーなどは比較的利用しやすいのではないでしょうか。

入会時に獲得できる10,000マイルと加え、ファーストフライトボーナスマイルもバッチリ獲得すれば、ボーナスマイルだけで年会費分をペイできるほどの節約効果を得ることができますね。

デルタスカイクラブを年6回利用できる

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員は、世界各国に設置されたスカイクラブ会員専用の『デルタスカイクラブ』を、年6回まで無料で利用できます。

本来、デルタスカイクラブはビジネスクラス以上でなければ入室できません。

もちろん、デルタスカイクラブのクオリティは通常の空港ラウンジの比ではなく、ワンランク上の静謐な空間で、軽食やアルコール、スタバのコーヒーなどを堪能できます。

残念ながら、家族カードに本特典は付帯していませんが、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員に加え、同伴2名までがデルタスカイクラブを利用できる点は秀逸と言えます。

  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員は、デルタスカイクラブを年6回まで無料で利用できる
  • デルタスカイクラブはビジネスクラス以上でなければ入室できないワンランク上の空間
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員に加え、同伴2名までがデルタスカイクラブを利用できる

普段からフライトを利用する機会が多い方にとって、上質な空間で英気を養うことができるのは嬉しいですね。

VPCC(VISAプラチナ・コンシェルジュ・センター)が利用できる

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員は、VPCC(VISAプラチナ・コンシェルジュ・センター)が利用できます。

VPCCは24時間365日、通話料無料で熟練したコンシェルジュが日本語で対応してくれるサービスです。

たとえば、どんなふうに活用するの?

と思われるかもしれませんが、以下のような活用方法はいかがでしょうか。

  • ホテルやレストランなどの予約
  • ミュージカルやオペラ、スポーツ観戦などのチケット予約
  • フライトの予約および変更
  • パッケージツアーの検索および予約
  • 大切な人へのギフトの手配

VPCCを味方につけることができると、あなたの命とも言える大切な時間を節約することができます。

いつでもどこでも好きな時に頼れる秘書ができたと思ってぜひ、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードのVPCCを積極的に活用してみてください。

その他コンシェルジュが付帯したクレジットカードは『コンシェルジュ付きのおすすめクレジットカード特集|メール対応可能なクレカもあるぞ!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

空港ラウンジサービスが利用できる

空港ラウンジ空港ラウンジの利用は旅をより快適にしてくれる

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員は、以下の空港の空港ラウンジサービスを享受できます。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 旭川空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 富士山静岡空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 米子空港
  • 広島空港
  • 山口宇部空港
  • 出雲縁結び空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • 仁川国際空港
  • ダニエル・K・イノウエ・国際空港

これだけ幅広い空港が網羅されていれば、毎回のフライト前にゆったりとしたひとときを過ごすことができそうですね。

ちなみに、空港ラウンジサービスに関しては、本会員のみならず、家族会員の方も無料で利用できますよ。

TRUST CLUBダイニングセレクションで高級レストランのコース料理が1名分無料

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの会員は、TRUST CLUBダイニングセレクションで以下のいずれかの特典を享受できます。

  • 対象レストランで所定のコースメニューを会員を含む2名以上で予約すると、1名分のコース料理が無料になる
  • 対象レストランで所定のコースメニューを会員を含む6名以上で予約すると、2名分のコース料理が無料になる

コースメニューの中には、ゆうに10,000円を超えるコースもありますから、グルメ好きの方にとって、TRUST CLUBダイニングセレクションは非常に価値の高い特典と言えます。

ぜひあなたも大切な人を誘い、TRUST CLUBダイニングセレクションの特典をフル活用してみてくださいね。

充実の国内外の旅行傷害保険が付帯

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードには、以下の内容の国内外の旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
保険の内容補償額
本会員
補償額
会員の家族
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円
傷害治療費用500万円500万円
疾病治療費用500万円500万円
賠償責任5,000万円5,000万円
携行品損害100万円100万円
救援者費用500万円500万円
国内旅行傷害保険(自動付帯)
保険の内容補償額
本会員
補償額
会員の家族
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円
入院費用5,000円/日5,000円/日
手術費用5万円/10万円/20万円5万円/10万円/20万円
通院費用3,000円/日3,000円/日
国内外の航空便遅延保険(海外のみ自動付帯)
補償項目補償金額(本会員のみ)
乗継遅延費用2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用2万円
手荷物遅延費用2万円
手荷物紛失費用4万円

上記の保険だけでも充実度がありますが、これらに加えてさらに、海外旅行中の外貨に関する盗難が遭った場合、年間10万円まで補償される外貨盗難保険も自動付帯します。

外貨盗難保険は1事故あたり5,000円の自己負担があるものの、万が一の時には非常に助かる保険ですね。

各種プロテクションが付帯

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードには以下の通り、ワンランク上の安心感を享受できるプロテクションが付帯しています。

バイヤーズプロテクション(利用付帯)
補償額年間最大500万円
補償期間購入日から90日以内
対象となる支払い方法国内外問わず、全ての支払いに対して適用
自己負担3,000円/件
キャンセルプロテクション(利用付帯)
ケース①ケース②ケース③
キャンセル事由会員本人、会員の配偶者または会員の1等身内の親族の死亡会員本人、会員の配偶者または会員の1等身内の親族の傷害または疾病による入院会員本人、会員の配偶者または会員の1等身内の子の傷害による通院
サービスの提供される時期と支払責任の関係死亡のその日から31日以内
(会員の死亡の場合はこの限りではない)
入院を開始した日から31日以内通院を開始した日から7日以内
補償限度額年間20万円20万円6万円
自己負担額・回収金額の控除補償金の額は、キャンセル1回につき、以下のいずれかのうち、高い金額が差し引いた額とする
・1,000円
・キャンセル額の10%

バイヤーズプロテクションは年会費無料で発行できる一般カードにも広く付帯していますが、キャンセルプロテクションはデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードのようなステータスカードでなければなかなか享受できません。

退っ引きならない事情でやむを得ずキャンセルしてしまった旅行やコンサートなどの費用の一部が返金されるのは嬉しいですね。

TRUST CLUBポイントモールの経由でネット通販がお得になる

TRUST CLUBポイントモール買い物前に経由するだけで還元率アップ!

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードのユーザーは、会員専用サイトの『TRUST CLUBポイントモール』を経由することによって、いつものネットショッピングがお得になります。

還元仕様としては、ポイントの上乗せもしくはキャッシュバックから選ぶことができます。

実質的なお得度合いはどちらを選んでも変わらないので、特に深く考えずに使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、TRUST CLUBポイントモールで特に人気の高いショップは以下の通りです。

ポイントの上乗せキャッシュバック
楽天市場1%0.50%
エクスペディア(ホテル単体予約のみ)5%2.50%
じゃらんnet2%1%
ベルメゾンネット2%1%
一休.com1%0.50%

ご覧の通り、ショップによって還元率が異なります。

また、TRUST CLUBポイントモールでは常に、どこかしらのショップで還元率アップのキャンペーンが展開されています。

したがって、TRUST CLUBポイントモールを定点観測していれば、あなたのお気に入りのショップが大幅還元のキャンペーンを展開しているタイミングをキャッチできるでしょう。

デルタ スカイマイル系のクレジットカードの違いを比較

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの充実した特典と還元率冒頭でお伝えした通り、デルタ スカイマイル系のクレジットカードは複数あります。

ここでは、以下の4種類のデルタ スカイマイル系のクレジットカードの違いを比較していきたいと思います。

ちなみに、プラチナランクのデルタ スカイマイル系のクレジットカードはこの記事で紹介しているデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードのみです。

したがって、プラチナランクのカードとゴールドランクのカードを比較するかたちとなる点をご理解いただいた上で、以下の内容を読み進めてみてください。

年会費を始めとする基本情報の差はもちろん、高級レストランのコース料理が1名無料になる特典の有無や、旅行傷害保険のグレード差などにも注目してくださいね。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは最もランクの高いステータスカード

デルタ スカイマイル系のクレジットカードのそれぞれの基本情報は以下の通りです。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードデルタ スカイマイル アメックス ゴールドカードデルタ スカイマイル JCBゴールドデルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
基本還元率1.5%1%1.5%1.5%
年会費40,000円(税抜)
※条件クリアで初年度年会費半額返金
26,000円初年度:10,000円(税抜)
2年目以降:20,000円(税抜)
28,000円
国際ブランドVISAAMEXJCBDiners Club
ETCカード無料無料
新規発行手数料:850円(税抜)
無料無料
家族カード無料1枚目無料
2枚目以降:12,000円(税抜)
初年度:3,000円(税抜)
2年目以降:5,000円(税抜)
9,000円
ボーナスマイル入会時:10,000マイル
継続時:5,000マイル
入会時:8,000マイル
継続時:3,000マイル
入会時:なし
継続時:3,000マイル
入会時:10,000マイル
継続時:3,000マイル

ご覧の通り、プラチナランクに君臨するデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードはやはり、他のデルタ スカイマイル系のクレジットカードよりも頭一つ抜けて年会費が高いです。

ただし、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードを作成すれば当然、プラチナランクならではのステータスを享受できます。

その上、以下のような点についても忘れてはいけません。

  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは諸条件を満たせば、年会費の半額がキャッシュバックされる
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの家族カードは無料で5枚まで作成できる
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの入会および継続時ボーナスマイルは、その他のスカイマイル系のクレジットカードよりも多い
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードにはプラチナカードならではの特典や補償が付帯する

以上を踏まえると、少々年会費は高くても、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードを選ぶ価値は十二分に見出せるのではないでしょうか。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードはワンランク上の特典や補償を備えている

デルタ スカイマイル系のクレジットカードのそれぞれの特典および補償面のスペックは以下の通りです。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードデルタ スカイマイル アメックス ゴールドカードデルタ スカイマイル JCBゴールドデルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
ファーストフライトボーナスマイル最大25,000マイル最大25,000マイル最大5,000マイル最大25,000マイル
デルタスカイクラブ年6回まで無料無料なし年3回まで無料
コンシェルジュVPCCなしなしなし
空港ラウンジサービス
高級レストランのコース料理が1名分無料なしなし
旅行傷害保険海外:最大1億円
国内:最大1億円
海外:最大5,000万円
国内:最大1億円
海外:最大1億円
国内:最大5,000万円
海外:最大1億円
国内:最大1億円
各種プロテクション・最大500万円までのバイヤーズプロテクション
・最大20万円までのキャンセル・プロテクション
・最大500万円までのショッピング保険
・リターン・プロテクション
・最大10万円までのキャンセル・プロテクション
・最大500万円までのショッピング保険・最大500万円までのショッピング保険
その他の特典・TRUST CLUBポイントモールの経由でネット通販がお得になる
・コナミスポーツクラブが法人価格で利用可能
・ラグジュアリーホテルやフィットネス施設の優待
・上級会員資格『ゴールドメダリオン』が得られる
・ステータスマッチで他の航空会社・ホテルの上級資格も得られる
・アメリカン・エキスプレス・コネクト
・事前入金さえすれば利用限度額は青天井
・ドクターダイレクト24・ごひいき予約で予約の取れない名店を予約できる
・コナミスポーツクラブが法人価格で利用可能
・ラグジュアリーホテルやフィットネス施設の優待

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは最も年会費の高いプラチナランクのクレジットカードですから、当然と言えば当然ですが、その他のデルタ スカイマイル系のクレジットカードと比較し、ワンランク上の特典や補償を備えています。

ただし、全てにおいてデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードが優れているわけではありません。

たとえば、アメリカン・エキスプレス・コネクトや、事前入金すれば利用限度額が青天井になるのはアメックスならではの魅力ですし、一見さんお断りのお店をすんなり予約できるごひいき予約はダイナースクラブでしか享受できない特典です。

大切なのは、あなたがどのようにカードを活用したいかを具体的にイメージした上で、どのデルタ スカイマイル系のクレジットカードを選ぶかですね。

デルタ航空のスカイマイルを貯めるメリット

デルタ航空のスカイマイルを貯めるメリット

国内で利用される主なマイルはANAマイルやJALマイルですが、デルタ航空のスカイマイルを貯めるメリットとしては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

当記事の最終項では、以下の項目を挙げながら、デルタ航空のスカイマイルを貯めるメリットについて解説していきたいと思います。

  • デルタ航空のスカイマイルは世界各国で利用できる
  • デルタ航空のスカイマイルには有効期限がない
  • 特典航空券は誰でも利用できる
  • 1年間のマイルの移行上限数が定められていない

へぇ〜、そうなんだ!

と思われる項目もあるのではないでしょうか。早速、それぞれの内容について、もう少し詳しく見ていきますよ。

デルタ航空のスカイマイルは世界各国で利用できる

デルタ航空のスカイマイルが利用できるのは、デルタ航空のみではありません。

以下の通り、スカイチームに加盟している航空会社から好きなところを選び、スカイマイルを自由に使うことができるのです。

  • アエロフロート航空
  • アエロメヒコ航空
  • エア・ヨーロッパ
  • エールフランス航空
  • アリタリア航空
  • チャイナエアライン
  • 中国東方航空
  • 中国南方航空
  • チェコ航空
  • デルタ航空
  • ケニア航空
  • KLMオランダ航空
  • 大韓航空
  • TAROM(タロム航空)
  • ベトナム航空

なんだか世界中の何処にでもすぐに飛び立てる気がしてきますね。

国内のみならず、旅行や出張で各地を巡るような方にとって、デルタ航空のスカイマイルは非常に使い勝手の良いマイルと言えるでしょう。

デルタ航空のスカイマイルには有効期限がない

ANAやJALなどのマイレージプログラムにおいては、獲得したマイルの有効期限が36ヶ月間に定められています。

一方で、デルタ航空のスカイマイルには有効期限がありません。

各マイレージプログラムの有効期限
  • ANAマイル:獲得してから36ヶ月間
  • JALマイル:獲得してから36ヶ月間
  • スカイマイル:有効期限なし

マイルは貯めたいけど、そこまで頻繁に空の旅に出るわけではない!

という方にとっては、ANAマイルやJALマイルよりも、有効期限が存在しないデルタ航空のスカイマイルの方が都合が良いですね。

特典航空券は誰でも利用できる

ANAやJALなどのマイレージプログラムにおいては、特典航空券の利用は本人か配偶者、二親等以内の親族に限られています。

一方、デルタ航空のスカイマイルの場合、特典航空券には利用者の制限がありません。

特典航空券の利用制限
  • ANAマイル:本人か配偶者、二親等以内の親族
  • JALマイル:本人か配偶者、二親等以内の親族
  • スカイマイル:利用制限なし

以上を踏まえると、あなたがもし、デルタ航空のマイルを大量に貯めており、友人や恋人の航空券もマイルで支払いたい場合には、特典航空券の利用制限がないというスカイマイルのアドバンテージが生きるでしょう。

1年間のマイルの移行上限数が定められていない

クレジットカードで貯めたポイントをマイルに移行する際、ANAやJALの場合、45,000マイル〜150,000マイルの間が、年間移行上限となっているカードがほとんどです。

たとえば、ANA一般カードやJALカードなどは45,000マイルまでの交換が上限となっており、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードやセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなどのステータスカードは150,000マイルまでが移行上限となっています。

一方でデルタ航空のスカイマイルに関しては、年間移行上限は定められていません。

1年間のマイルの移行上限数
  • ANAマイル:ほとんどのクレジットカードで45,000マイル〜150,000マイルの間に定められている
  • JALマイル:ほとんどのクレジットカードで45,000マイル〜150,000マイルの間に定められている
  • スカイマイル:年間移行上限なし(ダイナースクラブカードのみ例外)

したがって、どれだけ大量にポイントが貯まっていても、その全てをスカイマイルに移行して、ドカンと利用するということも可能です。

そんな太っ腹なマイルの使い方をすれば、周囲からのあなたを見る目が一気に変わるかもしれませんね。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードで快適な空の旅を!

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードここまでの内容をご覧いただいたあなたであれば、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードがいかにランクの高いステータスカードであるかがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいをしておきたいと思います。

  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは諸条件を満たせば、年会費の半額がキャッシュバックされる
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは入会時に10,000マイル、更新時に5,000マイルのボーナスマイルが付与される
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの家族カードは5枚まで年会費無料で作成できる
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードにはデルタスカイクラブの利用権利やVPCC、TRUST CLUBダイニングセレクションなど、ステータスカードならではの特典が付帯している
  • プラチナランクのデルタ スカイマイル系のクレジットカードはデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードのみ
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは、その他のデルタ スカイマイル系のクレジットカードと比較し、ワンランク上の特典や補償を備えている
  • デルタ航空のスカイマイルは有効期限がない、特典航空券は誰でも利用できる、マイルの年間移行上限数がないなど、ANAマイルやJALマイルにはない魅力が豊富にある

40,000円(税抜)というデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードの年会費だけを見ると躊躇してしまいますが、よくよく中身を見てみると、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは40,000円(税抜)を大きく上回る価値を見出すことができる1枚です。

あなたもぜひこれを機に、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードを作成し、周囲から羨ましがられる日々を送ってくださいね。