ゴールドカードの特典

【ANAダイナースクラブカードの特典】ANA最高峰のダイナースカードは最高のステータスカード!

ANAダイナースクラブカードの特典が知りたい!

ANAダイナースクラブカードを実際に使っている人の評判は?

こちらにたどり着いたあなたならきっと、ANAダイナースクラブカードの特典や口コミなどが気になっているのではないでしょうか。

当記事では、ANAダイナースクラブカードの基本情報や特典に加え、実際のユーザーから発信されている口コミや審査にまつわる情報についても解説したいと思います。

ANAダイナースクラブカードはワンランク上のステータスカードであり、年会費も高いため、なかなか気軽に入会するのは難しいかもしれません。

ただ、以下の内容をご覧いただければ、ANAダイナースクラブカードの価値に改めてお気づきいただけることは間違いないでしょう。

【ANAダイナースクラブカードの特典】ANA最高峰のダイナースカードは最高のステータスカード!ダイナースのステータスでANAマイルを貯めよう!

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

ANAダイナースクラブカードの基本情報

ANAダイナースカード
基本還元率1%~
年会費27,000円(税抜)
国際ブランドDiners Club
ETCカード無料
家族カード6,000円(税抜)

ANAダイナースクラブカードは年会費が27,000円(税抜)となかなかのランニングコストが求められる一枚ですが、特典や補償、ステータス面から総合的に判断すれば、27,000円(税抜)以上の価値は十二分に見いだすことができます。

ちなみにANAダイナースクラブカードのETCカードは完全無料で作成できます。

まだETCカードをお持ちでない方は、この機会に合わせて発行しておくと良いですね。

ANAダイナースクラブカードの利用でリワードプログラムのポイントが貯まる

ANAダイナースクラブカードの利用においては、100円につき1ポイントのダイナースリワードプログラムのポイントが貯まります。還元率は1%です。

さて、ここでダイナースリワードプログラムのポイントの素晴らしさについてアツく語らせてください。

まず、ダイナースリワードプログラムのポイントの有効期限はありません。

つまり、永久にポイントが失効することがないため、コツコツと長い時間をかけてポイントを集めることができるというわけです。

さらに、ダイナースリワードプログラムのポイントは、手数料なしでANAマイルへ1:1のレートで交換できる上、交換の上限も設定されていません。

  • ダイナースリワードプログラムのポイントは有効期限なし
  • ダイナースリワードプログラムのポイントは手数料なしでANAマイルへ交換可能
  • ANAマイルへの交換上限はなし

クレジットカードの利用で貯めたポイントの中には、ANAマイルへの交換の際に、手数料がかかってしまうものや、交換上限が定められているものも多数あります。

この点を踏まえれば、ANAマイルを貯めていきたい方にとって、ANAダイナースクラブカードは非常に使い勝手の良い一枚と言えるでしょう。

ANAダイナースクラブカードの充実した特典

ANAダイナースクラブカードの充実した特典ANAの特典も付帯したマイルも貯まるカード!

ANAダイナースクラブカードのポイント制度だけを見ても、マイルを貯めていきたい方からすると十分に魅力的と言えますが、ANAダイナースクラブカードには以下のような特典や補償もあります。

  • ANAカード特約店では還元率アップ
  • 入会/フライト/継続でボーナスマイルが付与される
  • ダイナースクラブカードならではのダイニング特典が秀逸
  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる
  • ANAカードの会員優待を享受できる
  • 国内外の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピングリカバリーが付帯
  • 各種ポイントモールの経由でネット通販がお得になる

ご覧の通り、還元率アップ、ボーナスマイルの付与、旅行傷害保険やショッピングリカバリーの付帯と、ANAダイナースクラブカードは攻守共にバランスの取れた一枚です。

以下、それぞれの特典について詳しく見ていきましょう。

ANAカード特約店では還元率アップ

ANAダイナースクラブカードの基本還元率は1%ですが、ANAカード特約店では100円もしくは200円の利用に対して1マイルが上乗せされます。

つまり、ANAカード特約店でANAダイナースクラブカードを利用すれば、還元率は1.5%〜2%になるというわけです。

  • ANAダイナースクラブカードの基本還元率は1%
  • ANAカード特約店での利用なら還元率1.5%〜2%

ANAカード特約店にはどんなところがあるの?

という疑問が生じるのは当然の流れですよね。

以下、主なANAカード特約店を記載しておきますので、あなたもぜひ、ANAカード特約店を利用する際には、ANAダイナースクラブカードでの決済を忘れないようにしてください。

  • ANA航空券/機内販売
  • セブンイレブン
  • ENEOS
  • 出光
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ニッポンレンタカー
  • スターバックス
  • マツモトキヨシ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • サカイ引越センター
  • 東京無線タクシー

 

入会/フライト/継続でボーナスマイルが付与される

ANAダイナースクラブカードの会員は以下の通り、入会/フライト/継続時にボーナスマイルを獲得できます。

  • 入会時:2,000マイル
  • フライト時:区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%
  • 継続時:2,000マイル

マイルにはレバレッジがかかる点を踏まえると、ANAダイナースクラブカードに入会するだけで2,000マイルがもらえるのはかなり気分が高まりますね。

ANAダイナースクラブカードを一年間所有して、継続しようかどうか迷った時に、継続特典の2,000マイルに魅力を感じて持ち続けているユーザーも多いことでしょう。

ダイナースクラブカードならではのダイニング特典が秀逸

ANAダイナースクラブカードの会員は、ダイナースクラブカードならではの至高のダイニング特典を享受できます。

メリット優待内容
ダイナースクラブ ごひいき予約予約の取りづらい名店で生じたキャンセル席をダイナースクラブが買い取り、カード会員へ即時公開するサービス
エグゼクティブ ダイニング対象レストランの所定のコース料理において以下の優待
・2名以上の予約で1名分が無料
・6名以上の予約で2名分が無料
おもてなしプラン対象店舗において、シェフやオーナーが心をこめて用意するその店ならではのおもてなしを享受できる
料亭プラン通常では予約が困難な高級料亭を、ダイナースクラブがカード会員に代わって予約するサービス
スムーズ・ダイニングクレジットカードの提示やサインなしで、その場にいなくても支払いを済ませることができるサービス
アラン・デュカスのレストラン優待フランス料理界の天才と称され、今なおその地位に君臨し続けるアラン・デュカス氏との提携により、カード会員限定の優待サービスやイベントを堪能できる特典
ナイトイン銀座大人を象徴する街、銀座のオーセンティックバーや高級クラブをお得に利用できるサービス

一見さんお断りの名店に大切な人をサプライズで招待したら、この上なく喜んでもらえる上、あなたのステータスの高さをさりげなくアピールすることもできます。

また、気の置けない仲間とエグゼクティブダイニングを利用し、ワンランク上の食事と空間をお手頃な価格で堪能するのも良いですね。

あなたもぜひ、ANAダイナースクラブカードを入手し、至高のダイニング特典の数々を使い倒してみてください。

世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる

空港ラウンジ空港ラウンジの利用は旅をより快適にしてくれる

ANAダイナースクラブカードに入会すれば、世界中に点在している1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるようになります。

ありとあらゆるシーンで静謐な空間と上質なひとときを堪能できるのは嬉しいですね。ちなみに、国内における対象の空港は以下の通りです。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 旭川空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 富士山静岡空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 出雲縁結び空港
  • 米子鬼太郎空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 阿蘇くまもと空港
  • 宮崎ブーゲンビリア空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

これだけ数多くの空港が網羅されていれば、毎回の旅の途中でじっくりと休養を取ることができますね。

ANAカードの会員優待を享受できる

ANAダイナースクラブカードの会員は、以下のようなANA関連の店舗やサービスにおいて、会員優待割引を享受することができます。

割引率対象店舗
5%・A-style
・旅行商品
・空港免税店
・高島屋SHILLA&ANA
10%・機内販売
・ANA FESTA
15%・ビジネス公開講座

え、空港免税店でも割引があるの?

と食いついてしまった方もいるのではないでしょうか。

ANAダイナースクラブカードを持っていれば常に、空港免税店を始めとするANA関連の店舗やサービスで5%〜15%の割引を享受できますから、節約効果がぐんぐん上がっていくことは間違いありませんね。

国内外の旅行傷害保険が付帯

ANAダイナースクラブカードには、以下の内容の旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険(一部利用付帯)
補償項目カード会員およびカード会員の家族が享受できる補償額
傷害死亡・後遺障害1億円(5,000万円は利用付帯)
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任1億円
携行品損害50万円
救援者費用400万円
国内旅行傷害保険(一部利用付帯)
補償項目カード会員が享受できる補償額
傷害死亡・後遺障害1億円(5,000万円は利用付帯)
入院費用10,000円
手術費用5万円/10万円
通院費用日額3,000円

ご覧の通り、ANAダイナースクラブカードの旅行傷害保険は、自動付帯分だけでも最大5,000万円の補償がつきます。

海外旅行傷害保険では傷害治療費用や疾病治療費用で300万円まで、国内旅行傷害保険では入院費用が10,000円まで付帯する点も素晴らしいですね。

国内外を問わず、少しでも旅行に出掛ける機会があるなら、ANAダイナースクラブカードを持っておくことで、大きな安心感をプラスすることができますよ。

ショッピングリカバリーが付帯

ANAダイナースクラブカードには、以下の内容のショッピングリカバリーが付帯しています。

対象期間購入日から90日間
年間補償額500万円
適用される支払い全ての支払い
自己負担額10,000円/件

クレジットカードに付帯しているショッピング保険の中には、国内での補償はリボ払いか3回以上の分割払いのみといった条件が付帯していることもあります。

この点を踏まえると、ANAダイナースクラブカードのショッピングリカバリーはワンランク上の仕様であり、いかなる支払いにおいても補償が付帯するのはありがたいですね。

各種ポイントモールの経由でネット通販がお得になる

ANAマイレージモールマイルの上乗せならマイレージモールを活用しよう!

ANAダイナースクラブカードの会員は、以下のポイントモールを経由することで、ネット通販をよりお得に利用できます。

ANAマイレージモール
優遇内容対象店舗
300円の利用につき1マイルが上乗せ・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!
・ユニクロオンラインストア
200円の利用につき1マイルが上乗せ・楽天市場
100円の利用につき1マイルが上乗せ・LOHACO
・セブンネットショッピング
・ベルメゾンネット
ダイナースクラブ ポイントモール
100円のカード利用に対する上乗せ特典対象店舗
0.5ポイントもしくは0.5%のキャッシュバック・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・DHCオンラインショップ
・Joshinネットショッピング
・Apple Store
・ソニーストア
・TSUTAYAオンライン
・じゃらん
・H.I.S.
・ジーユーオンラインストア
1ポイントもしくは1%のキャッシュバック・LOHACO
・セブンネットショッピング
・イトーヨーカドーネットスーパー
・ビックカメラ.com
・一休.comレストラン
・JTB
・GAPオンラインストア
・UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE
・三越オンラインストア
・伊勢丹オンラインストア
・小田急オンラインショッピング
・東急ハンズネットストア
特に優遇・ニッセン(1.5ポイント/1.5%CB)
・成城石井.com(1.5ポイント/1.5%CB)
・FANCL(1.5ポイント/1.5%CB)
・ブックオフオンライン(1.5ポイント/1.5%CB)
・一休.com(1.5ポイント/1.5%CB)
・グッチ公式オンラインショップ(2ポイント/2%CB)
・高島屋オンラインストア(2.5ポイント/2.5%CB)
・大丸松坂屋オンラインショッピング(3ポイント/3%CB)
・エクスペディア(3.5ポイント/3.5%CB)

これだけ幅広いネットショップが対象になっていれば、毎回の買い物で上乗せ還元を享受できることは間違いありません。

たった一手間、ANAマイレージモールやダイナースクラブポイントモールなどを経由するだけで節約効果が上がります。

あなたもぜひ、ANAダイナースクラブカードを入手したら、上記の各種ポイントモールの存在を意識してくださいね。

ANAダイナースクラブカードの気になるデメリット

ANAダイナースクラブカードの気になるデメリットどんなクレジットカードを持つ上でも同様ですが、メリットの裏には必ずデメリットが存在することを理解しておかなければなりません。

というわけでここでは、以下の項目を挙げながらANAダイナースクラブカードの気になるデメリットについて解説していきます。

  • 年会費が高い
  • VISAやMasterCardと比較して使える店舗が少ない

これらの項目が特に気にならないということであれば、あなたは迷うことなく、ANAダイナースクラブカードを発行すべき人と言えるでしょう。

それでは以下、各デメリットに関する詳細を見ていきますよ。

年会費が高い

ANAダイナースクラブカードが素晴らしい一枚なのは分かるけど、年会費がちょっと…

と躊躇されている方はいるかもしれません。

確かにANAダイナースクラブカードの年会費は27,000円(税抜)と決して安くはありません。

ただ、ここまでで示してきた通り、ANAダイナースクラブカードにはありとあらゆる至高のメリットが詰まっています。

ANAダイナースクラブカードは入会しただけで2,000マイルがもらえますし、たとえばエグゼクティブダイニングで6名分のコース料理代金のうち、2名分が無料になるなどと考えれば、27,000円(税抜)以上の価値を生み出すことはそれほど難しくないことにお気づきいただけることでしょう。

  • ANAダイナースクラブカードの年会費は27,000円(税抜)と決して安くはない
  • ANAダイナースクラブカードで27,000円(税抜)以上の価値を生み出すことは難しくない

要は使い方が大事だということです。

あなたもANAダイナースクラブカードが宝の持ち腐れになってしまわないように、当記事をANAダイナースクラブカードのマニュアルだと思って何度も読み返してくださいね。

VISAやMasterCardと比較して使える店舗が少ない

ダイナースはワンランク上のステータスを感じさせる国際ブランドですが、VISAやMasterCardと比較すると、利用可能な店舗やサービスが少ないことは否めません。

ただし、ダイナースクラブカードとJCBは提携を結んでおり、多くのJCB加盟店においては、問題なくANAダイナースクラブカードで決済ができます。

心配であれば、年会費無料のクレジットカードでVISAやMasterCardのいずれかを一枚作成しておくと良いでしょう。

ちなみに、年会費無料でかつ、VISAやMasterCardを作成可能なクレジットカードには、以下のようなものがあります。こちらも合わせて参考にしてみてください。

 

ANAダイナースクラブカードの申込方法!

ANAダイナースクラブカードの申込方法!公式サイトから申込みで入会特典も!

さて、ここまでの内容をご覧いただいたあなたであれば、ANAダイナースクラブカードにエントリーする決意はほぼ固まっていることでしょう。

ANAダイナースクラブカードは、以下の流れで申し込みすることができます。

  1. ANAダイナースクラブカードの『公式ホームページ』にアクセスする
  2. ANAダイナースカードを申し込む』をタップする
  3. 画面の案内にしたがって必要事項を入力して送信する
  4. 審査
  5. ANAダイナースクラブカードが届く

ご覧の通り、手続きの流れとしては特に複雑なことはないですね。

続いて次項では、ANAダイナースクラブカードが発送されるまでに必要な時間についても見てみましょう。

ANAダイナースクラブカードが発送されるまでに必要な時間

ANAダイナースクラブカードが発送されるまでに必要な時間は次の通りです。

  • オンライン完結で申し込みした場合:7営業日
  • 上記以外:12営業日

ご覧の通り、ANAダイナースクラブカードをいち早く入手するためには、支払い口座の設定や本人確認書類の提出などを含め、オンライン完結で手続きを完了することがポイントです。

なお、ANAダイナースクラブカードを申し込みする際に、『キャッシング・ローンご利用可能枠』の設定を希望した場合は、上記に加えてさらに1週間がかかることも覚えておきましょう。

ANAダイナースクラブカードの審査難易度と審査にかかる時間

ANAダイナースクラブカードの審査難易度と審査にかかる時間審査難易度は高いからこそ持っている価値がある

ANAダイナースクラブカードが欲しいけど、審査がとにかく不安!

ANAダイナースクラブカードの審査難易度ってどれくらいなの?

クレジットカードの審査にハードルを感じている方であれば、上記のような想いを抱いていることでしょう。

そこでここでは、以下の2つのテーマを挙げながら、ANAダイナースクラブカードの審査難易度や審査にかかる時間について考察していきたいと思います。

  • ANAダイナースクラブカードの審査は若干厳しめ
  • ANAダイナースクラブカードの審査は1週間程度で完了する

やっぱり、ANAダイナースクラブカードの審査は厳しいんだ…

と肩を落とす前に、まずは以下の内容をご覧ください。

できる限りの対策を講じておけば、あなたもANAダイナースクラブカードの審査を突破できるかもしれませんよ。

ANAダイナースクラブカードの審査は若干厳しめ

結論から言うと、ANAダイナースクラブカードの審査は若干厳しめです。

その理由としては、以下の3つの項目を挙げることができます。

  • ANAダイナースクラブカードはワンランク上のステータスカード
  • ANAダイナースクラブカードは年会費が27,000円(税抜)と高額
  • ANAダイナースクラブカードは銀行系のクレジットカード

ANAダイナースクラブカードの発行元は三井住友トラストクラブです。

つまり、ANAダイナースクラブカードは銀行系のクレジットカードに分離されます。

ご存知の方もいるかもしれませんが、クレジットカードにはそもそも、以下のような系統があり、中でも外資系や銀行系は比較的審査が厳しいとされています。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

もちろん、ここであなたを絶望の淵に追い込みたいわけではありません。

ANAダイナースクラブカードは確かに、その他の一般的なクレジットカードと比較すると入会までのハードルは高いですが、以下のようなポイントをおさえた上で審査に臨めば、あなたにもチャンスがあるはずです。

  • クレジットカードや携帯料金などで、支払いの遅延を起こさない
  • クレジットカードの多重申し込みをしない
  • ANAダイナースクラブカードの申し込みの際に、虚偽の申請をしない
  • 他社からの借入額や借入件数を限りなくゼロに近づけておく

逆に言えば、ANAダイナースクラブカードの審査を突破できるだけのポテンシャルを秘めていても、上記のNG行為に引っかかってしまうと、せっかくのチャンスが台無しになってしまいますよ。

ANAダイナースクラブカードの審査は1週間程度で完了する

できるだけ急ぎでANAダイナースクラブカードを発行したい!

このように思われている方にとって気になるのが、ANAダイナースクラブカードの審査に必要な時間ではないでしょうか。

クレジットカードの審査に必要な時間は人それぞれですが、オンライン完結でANAダイナースクラブカードを申し込みすれば、7日程度でカードが発送されるという部分がヒントになりますね。

つまり、申請内容や必要書類などに不備がなければ、オンライン完結での申し込みの場合、ANAダイナースクラブカードの審査は1週間以内に完了することが分かります。

  • クレジットカードの審査に必要な時間は人それぞれ
  • オンライン完結なら、ANAダイナースクラブカードの審査は1週間以内に完了する

もちろん、せっかくオンライン完結でANAダイナースクラブカードを申し込みしても、申請内容に不備があった場合、想定以上に審査に時間がかかってしまうことは言うまでもありませんよ。

ANAダイナースクラブカードを活用しよう!

ANAダイナースカードANAダイナースクラブカードは年会費27,000円(税抜)となかなか入会するのに勇気が求められる一枚ですが、数々の至高のメリットを踏まえれば、余裕で27,000円(税抜)以上の価値を生み出すことができるでしょう。

ここで振り返りを兼ねて、当記事のポイントとなる部分についてまとめておきたいと思います。

  • ANAダイナースクラブカードはワンランク上のステータスカード
  • ANAダイナースクラブカードはダイニング特典が秀逸
  • ANAダイナースクラブカードは国内外の旅行傷害保険が手厚い
  • ANAダイナースクラブカードはANAカード特典とダイナースクラブの特典を享受できる
  • オンライン完結で申し込みした場合は7営業日でカード発送に至る
  • ANAダイナースクラブカードの審査は少々厳しめ
  • 支払いの遅延や多重申し込み、虚偽の申請、借入額などに気をつけることがポイント
  • ANAダイナースクラブカードの審査は1週間程度で完了する

国際ブランドのダイナースと言えば、アメックスとよく比較対象になりますが、ダイナースは知る人ぞ知るステータスカードという位置付けです。

あなたもこれを機に、ANAダイナースクラブカードを手中に収めれば、周囲の人たちの羨望の的になってしまうかもしれませんね。

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る