ホテル宿泊記

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座宿泊記|心奪われるスタイリッシュなデザインと溜め息が漏れる朝食ビュッフェが最高!

2020年7月にオープンしたばかりのACホテル・バイ・マリオット・東京銀座。

スペインにルーツを持つACホテルの国内進出は当ホテルが初であり、モダンクラシックなデザインが宿泊者の心を踊らせてくれます。

私も写真で見るだけではなく、実際に泊まってみたい!

というわけで、2021年12月末にACホテル・バイ・マリオット・東京銀座のスーペリア キングに宿泊してきました。

当記事ではまず、ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座のカテゴリーやアクセス方法、上級会員の特典などに触れた後、実際に宿泊した感想をお伝えしていきます。

現時点で少しでもACホテル・バイ・マリオット・東京銀座に関心をお持ちの方はぜひ、以下の内容を参考にしてみてください。

みお
みお
その他のマリオット系列の宿泊記もぜひ見てみてください♪

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座のカテゴリーは5

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座のカテゴリーは5です。

基本的には高級ホテルほどカテゴリーが高くなりますが、必ずしも上位カテゴリーのホテルの方が、下位カテゴリーのホテルより高額になるとは限りません。

また、人によってはカテゴリー6以上のホテルより、ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座をはじめとするカテゴリー5のホテルに魅力を感じるケースもあるでしょう。

参考までに、各カテゴリーのホテルの宿泊に必要なマリオットボンヴォイのポイントを記載しておきます。

カテゴリー 必要なポイント数
1 5,000ポイント〜10,000ポイント
2 10,000ポイント〜15,000ポイント
3 15,000ポイント〜20,000ポイント
4 20,000ポイント〜30,000ポイント
5 30,000ポイント〜40,000ポイント
6 40,000ポイント〜60,000ポイント
7 50,000ポイント〜70,000ポイント
8 70,000ポイント〜100,000ポイント

宿泊に必要なポイント数はピーク時かどうかでずいぶんと差が生まれます。

カテゴリー5の場合、オフピークなら30,000ポイントですが、ピークなら40,000ポイント必要です。

ちなみに私は今回、ポイントを利用せずにACホテル・バイ・マリオット・東京銀座に宿泊しました。

宿泊日は2021年12月23日。プランはスーペリア キングの朝食ビュッフェ付きで28,963円(会員料金)です。

翌日はクリスマスイブでお値段が10,000円以上跳ね上がっていたためラッキーでした。

時期によっては、ポイント利用で宿泊した方がお得になるため、まとまったマリオットボンヴォイポイントをお持ちの方は常に、ポイント利用を視野に入れておきましょう。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座へのアクセス

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座へのアクセスに関する情報は下表の通りです。

住所 〒104-0061
東京都中央区銀座6-14-7
電話番号 03-5550-0102
最寄り駅 1泊につき2,000円
※チェックアウト以降30分毎に250円
駐車場 ・東京メトロ/都営地下鉄『東銀座駅』徒歩3分
・東京メトロ『銀座駅』徒歩5分
・JR/東京メトロ/都営地下鉄『新橋駅』徒歩8分

私は今回、東銀座駅から以下の流れでホテルへ向かいました。

  1. 東銀座駅A1出口から地上に出てすぐにUターン
  2. 手前に見える信号を渡らずに右折
  3. 3分ほど直進
  4. 右手にACホテル・バイ・マリオット・東京銀座が見えてくる

実は今回ご紹介するACホテル・バイ・マリオット・東京銀座は、同じマリオット系列のアロフト東京銀座とほぼ隣接しています。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座隣接するアロフト東京銀座

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座に宿泊した方はアロフト東京銀座が気になり、アロフト東京銀座に宿泊した方はACホテル・バイ・マリオット・東京銀座にもつい目がいきそうですね。

機会があれば次は、アロフト東京銀座にも宿泊してみたいです。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座で享受可能な上級会員の特典

マリオットボンヴォイの上級会員なら以下の通り、ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座でワンランク上の特典を享受できます。

以下、ゴールドエリートやプラチナエリートが享受可能な特典について見てみましょう。

ゴールドエリート プラチナエリート
ボーナスポイントの加算 25% 50%
優先レイトチェックアウト 14時まで 16時まで
ウェルカムギフト 250ポイント 500ポイント or 飲食アメニティ
客室アップグレード あり(スイート除く) あり(スイート含む)
レストランやバーで割引 15%オフ 20%オフ

残念ながら私は上級会員の資格は持っておらず、ボーナスポイントの加算やお部屋のアップグレードなどはありませんでした。

ちなみに、今回の宿泊で付与されたマリオットポイントは1,988ポイントでしたが、ゴールドエリートやプラチナエリートだった場合は以下の通り、ボーナスポイントが上乗せされていたでしょう。

  • ゴールドエリート:1,988ポイント→2,485ポイント(25%加算)
  • プラチナエリート:1,988ポイント→2,982ポイント(50%加算)

保有しているだけでゴールドエリートを達成できるSPGアメックスを発行しておけば良かったかなと少し悔やまれます。

また、もし私がSPGアメックス所有者なら、ボーナスポイントの付与に加え、ワンランク上の上質な空間で過ごせていたのでしょう。

参考までに、ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座のお部屋はタイプは下表の通りです。

部屋タイプ 面積
スタンダード 1キング 25m2
スタンダード 2ツイン 25m2
1キング 低層階 25m2
プライムスタンダードキング 25m2
スーペリア キング 30m2※今回予約したお部屋
スーペリア2ツイン 30m2
プライムスーペリアキング 30m2
プライムスーペリア2ツイン 30m2
プレミアムキング 50m2
プレミアム2ツイン 60m2

上級会員ならではの特典を享受したい方はぜひ、SPGアメックスへの入会も検討してみてくださいね。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座に到着!チェックインはたったの3分で完了

お待たせしました。ここからは今回の宿泊記を綴っていきたいと思います。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座の評価はマリオットボンヴォイの公式ホームページで4.6、Reluxで4.9とかなり高かったため、期待に胸を膨らませつつホテルへ。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座まずはチェックインを済ませたいところではありますが、ついつい周囲が気になります。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座一休みしやすいバーカウンター

最初に目に止まるのがこちらのバーラウンジ。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座はどの施設をとってもスタイリッシュで、思わずカメラを向けてしまいます。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座バーラウンジの奥は朝食(ビュッフェ)会場です。

私は今回、朝食付きのプランで予約しているため、この時点ですでにワクワクが止まりませんでした。

今まで宿泊したどのホテルよりも迅速なチェックイン

さぁ、いよいよフロントへ。

今回、驚かされたのがチェックインのスピードで、フロントスタッフに話しかけてわずか3分で完了しました。

今まで宿泊したどのホテルよりも迅速な対応だったように感じます。

私は今回、マリオットボンヴォイの公式サイト経由でACホテル・バイ・マリオット・東京銀座を予約したのですが、事前決済を済ませていたこともあり、スイスイと手続きが完了したのでしょう。

ちなみにチェックイン時は名前を名乗り、決済時に利用したクレジットカードを提示するだけで対応していただけたのも嬉しいポイント。

チェックイン時にご案内いただいた内容は次の通りです。

  • 事前決済内容の確認
  • 部屋番号(今回は805/スーペリア キング)
  • エレベーターの位置
  • ルームキーの使い方
  • 朝食ビュッフェの会場および時間(6:30〜10:00)

チェックイン時にバタバタしたくない方は、事前決済をしておくのがおすすめですよ。

美しいウェルカムスイーツに感動

チェックイン後、「お客様、もしよろしければ…」と前置きされ、目の前に現れたのが芸術的なウェルカムスイーツ。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座ヨーロッパのゼリーらしいのですが、まるで京都の老舗和菓子屋さんです。

ストロベリー、アップル、ホワイトグレープ、マンゴーパッションのいずれかからゼリーの味を選び、好みに応じて柚、ミカン、ベルモット(白ワイン)、ココアの4種からお酒をトッピングしてもらえます。

ちなみに、ヒルトン系列で勤務経験のある方から話を伺ったのですが、ウェルカムドリンクは幅広いホテルで提供されているのに対し、ウェルカムスイーツの用意があるホテルは稀だそうです。

こうしたきめ細やかなサービスがあると、歓迎されている気持ちが伝わってきて嬉しくなりますよね。

いざ!スーペリアキングのお部屋へ

さて、ウェルカムスイーツを片手にいよいよスーペリアキングのお部屋に向かいます。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

まずはエレベーターに乗り、カードキーをかざしましょう。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

あら便利。自動的に行き先階のボタンが点灯します。自分でボタンを押す必要はありません。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

8Fに到着しました。壁、床、フロアの全てがおしゃれです。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

まるでデザイナーズマンションのフロアのよう。部屋に入る前から気分が高まります。

さぁ、カードキーをかざしていよいよ入室です。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

カシャ」と音がして、ワクワクの向こう側へ。

スーペリア キングのパノラマビューはこんな感じ

まずはパノラマビューでお部屋全体のイメージを掴んでみてください。

スーペリア キングは25m2で決して広いとは言えませんが、それ以上にお部屋のデザインやアイテムの一つひとつが全ておしゃれで上質です。

私は広さよりも質を重視するタイプで、25m2でも大満足でした。

ベッドはシモンズ製

ホテルのお部屋で何よりもまず目をやるのがベッドではないでしょうか。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座さすがはキングサイズ。大人二人が大の字で寝ても十分すぎるほどの大きさです。一瞥した瞬間、思わず飛び込みたくなります。

ちなみにACホテル・バイ・マリオット・東京銀座のベッドは『世界のベッド』として愛されているシモンズ製です。

当然ながら寝心地は最高で、泥のように眠ることができました。背景の壁のデザインもスタイリッシュですよね。

座り心地の良いソファとデスクで長時間の作業も可

シモンズ製のベッドの横には上質なソファとクッション、そしてデスクが用意されています。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

ホテルにこもってお仕事を進めたい方にも抜群の仕様です。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

私もゆっくりホテルステイをする予定が、つい嬉しくなってパソコンを開いてしまいました。

無料Wi-Fiはパスワードなしで快適

当然ながら、ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座のお部屋は全室無料Wi-Fiが利用できます。面倒なパスワードの入力はなく、スムーズに接続可能です。

気になる通信速度に関して、一台のパソコンで複数の動画を同時再生してみましたが、ストレスフリーでスイスイ視聴できました。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座での通信速度 ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座での通信速度

大容量の通信などを行わない限り、特に不便はなさそうですね。

TVは55インチの大画面

TVは55インチの大画面でAmazonプライムやNETFLIX、Huluなどを視聴できます。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座Androidスマホをお持ちの場合、ミラーリングも可能です。シモンズ製のベッドで寛ぎながら、迫力画面でVODを堪能できるのは嬉しいですね。

飲み物はミネラルウォーターとネスプレッソ

飲み物はミネラルウォーターとネスプレッソが用意されています。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座 ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

私は水をこまめに飲むので、ミネラルウォーターを追加で頼みました。もちろん無料です。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座 ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

備え付けのモヘイム(Moheim)のマグカップで飲むと、なおのこと美味しく感じます。

このマグカップ、めちゃくちゃおしゃれですよね。マットな質感が最高です。自分の部屋にも飾りたい。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

クローゼットには多数のアイテム

クローゼットには以下のアイテムが備わっています。

  • 消臭スプレー
  • ブラシ
  • スチームアイロン
  • 金庫
  • 部屋着
  • スリッパ
ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座 ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

ルームウェアは着心地が良く、快眠へと誘われました。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

黒を基調としたスリッパもおしゃれ。履くだけで気分が上がりますが、男性の私には若干、サイズが小さかったように思います。

水回りは非常にコンパクトな設計

水回りは無駄を極限まで削ぎ落としたコンパクトな作りです。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座 ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

お…」と思ったのはボディソープ用のおしゃれな泡立てネットが用意されていたことです。思わず持ち帰りたくなります。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座 ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座今回、私が宿泊したお部屋には浴室がなく、シャワーのみでした。もうワンランク上のスーペリア2ツイン以上のお部屋には、浴室が設置されているようです。

水回りに関してご注意いただきたいのは脱衣所がないこと。

夫婦やカップルの宿泊なら大きな問題はなさそうですが、念のためお相手の確認および同意を得ておきましょう。

最高の楽しみはやっぱり朝食

今回のホテルステイで一番楽しみだったのが朝食ビュッフェ。待ちきれず、朝イチで1Fの朝食会場に突撃しました。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座ビュッフェの受付は6:30〜です。

料金は大人一名4,427円(税サ込)となかなかのお値段ですが、私は今回、朝食ビュッフェ付きプランで宿泊しているため、もちろん無料でのご案内。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座ドーナツが朝食ビュッフェで食べ放題なのは珍しいですよね。

しかも展開の仕方が可愛らしくておしゃれ。スイーツ好きの女性にはたまらないと思います。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

こんな具合でサラダを用意されたら思わず取ってしまいます。サウザンドレッシングが美味でした。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

ドリンク類も豊富に用意されているのが嬉しいところ。

私は写真左上のクランベリージュースをいただきました。思わず唸るほどに濃厚な味です。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

ちなみにオムレツは各テーブルで都度オーダーするシステム。チーズ入りオムレツの味が忘れられません。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

大の和食好きの私のビュッフェ内容はこちら。焼き鮭×明太子で無限にご飯が進みそう。

日本人に生まれた良かった…」と感謝しながら美味しくいただきました。

一つだけ難を言えば、味噌汁が若干ぬるかったです。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

せっかくなのでバルミューダで焼いたクロワッサンやドーナツも。サクサクに焼き上がったクロワッサンがたまりません。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座

フルーツはメロン、パイナップル、みかん、キウイが用意されていました。

真ん中は自家製のプリン。口当たりが最高になめらかで思わずリピートしたくなります。

さすがに朝イチから食べすぎましたが、何度も何度も幸せの溜め息をこぼしつつ、極上のひとときを堪能できたのは良い思い出です。

なお、私が朝食会場を後にする8:30頃から一気に混み始めたため、混雑を避けたい方は7時台の入店を目標にすると良いでしょう。

チェックアウトは12時|上級会員ならもっとゆっくりできる

世の中にはありとあらゆるホテルがありますが、12時までゆっくり滞在できるホテルは珍しいのではないでしょうか。

おかげでお腹いっぱい朝食を楽しんだ後も上質なお部屋で休憩し、満足度100%でチェックアウトできました。

ただし、もしも私がマリオットの上級会員なら、優先レイトチェックアウトの特典を享受でき、もう少しスーペリア キングのお部屋で滞在できたことでしょう。

満足度は120%に達していたに違いありません。

上級会員が享受可能な特典
ゴールドエリート プラチナエリート
ボーナスポイントの加算 25% 50%
優先レイトチェックアウト 14時まで 16時まで
ウェルカムギフト 250ポイント 500ポイント or 飲食アメニティ
客室アップグレード あり(スイート除く) あり(スイート含む)
レストランやバーで割引 15%オフ 20%オフ

マリオットの上級会員になる方法

さてここで、「マリオットの上級会員になる方法が知りたい!」と思われた方もいることでしょう。

そこでここでは、マリオットの上級会員になる方法をシェアしておきたいと思います。

マリオットの上級会員になるためには以下の通り、マリオット系列における一定数の宿泊が必要です。

会員 必要な宿泊数
シルバーエリート 10泊
ゴールドエリート 25泊
プラチナエリート 50泊
チタンエリート 75泊
アンバサダーエリート 100泊+α

必要な宿泊数は、マリオットボンヴォイの公式ホームページ経由でホテルを予約した場合にのみカウントされます。

えー!こんなに宿泊できないよ!

と思われた方、お気持ちお察しします。そんなあなたにおすすめなのが、SPGアメックスに入会することです。

SPGアメックスを保有すれば、それだけでゴールドエリートの資格を享受できます。

SPGアメックスの年会費は34,100円(税込)となかなか高額ですが、以下のようなカード特典を踏まえれば、十二分に元を取ることができる一枚です。

  • 無条件でゴールドエリートの資格を享受できる
  • 入会3ヶ月以内に10万円以上のカード利用で30,000ポイントプレゼント
  • 毎年のカード継続ごとに無料宿泊特典をプレゼント

ちなみにSPGアメックスの無料宿泊特典では、同伴者1名を含め、50,000ポイント以内で宿泊可能なホテルに無料で滞在できます。

今回ご紹介したACホテル・バイ・マリオット・東京銀座はもちろん、オフピークならザ・リッツ・カールトン大阪などの超一流ホテルにも無料で宿泊できるというわけです。

年に一回でもマリオット系列に宿泊する方なら、SPGアメックスを発行しておいて絶対に損はないでしょう。

あなたもぜひこれを機に、SPGアメックスに入会してみてはいかがでしょうか。

ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座滞在記まとめ

今回私はマリオットの通常会員としてACホテル・バイ・マリオット・東京銀座にお世話になりましたが、スーペリア キングの朝食ビュッフェ付きで28,963円(会員料金)は実に価値の高い1泊でした。

大切な人にも自信を持っておすすめできるホテルです。

特に広さよりもデザイン性や質にこだわりのある方なら、ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座で最高のひとときを過ごせるでしょう。

もちろん、マリオットの上級会員の資格があれば、さらに感動のホテルステイを堪能できることは間違いありません。

  • スーペリア キングの朝食ビュッフェ付きで28,963円(会員料金)は大満足の価格
  • 広さよりもデザイン性や質にこだわりのある方なら、ACホテル・バイ・マリオット・東京銀座がぴったり
  • マリオットの上級会員なら、さらに感動のホテルステイを味わえる

最もスムーズかつ簡単にマリオットの上級会員資格を享受する方法はSPGアメックスへの入会です。

SPGアメックスの特典をフル活用すれば、余裕で年会費(税込34,100円)分の元は取れます。

ぜひあなたもSPGアメックスを入手し、マリオット系列のホテルステイを存分にエンジョイしてくださいね。

ABOUT ME
クレコミ編集部
クレコミ編集部
日本最大級を目指すクレジットカードの口コミ・比較サイト【クレコミ】編集部。クレジットカード利用者からの各カードの口コミ情報や、カードの特典、クレジットカードで得られたポイントの使い道などを紹介。ぜひあなたの利用しているクレジットカードの正直な感想、口コミの投稿をお待ちしています。